【発券内容】『コロンボ発券』の中国東方航空、エコノミークラス並みの運賃でビジネスクラスに

「今時『コロンボ発券』て・・・」

『コロンボ発券』中国東方航空のビジネスクラスの運賃

エミレーツ航空A380最長路線を『プライベートスイート』で満喫する旅JALマイルでエミレーツ航空のファーストクラスを発券し、ANAのソウル発券でポジショニング&帰国便を発券しました。残るはコロンボから先、コロンボ-日本の往復です。

GCMより

ソウル発券以上に様々な伝説を耳にした『コロンボ発券』。ニューヨークやサンパウロまでファーストクラスで20万円台で行けたとか。。。そんな爆発力はもう影を潜めてしまった事は知っていましたが、それでも「何かないかな?」と探してしまうのが、マイラーのサガです。。。

スリランカ航空の直行便がエコノミークラスで、当時のレートで9万円強。最長滞在日数6ヶ月の運賃とは言え、さすがに直行便を運行しているだけあってなかなか強気の値段設定かと。

スリランカ航空ホームページより

JALやANA、シンガポール航空、マレーシア航空、大韓航空などのビジネスクラスはもう全然金額が高すぎてダメ。ビジネスクラスで候補が残ったのは、キャセイ・パシフィック航空と中国東方航空だけでした。

どちらもそれぞれ本拠地でストップオーバーが可能で、東京でなく、福岡にも各本拠地から直行便があるという地方都市在住の私にとっては、とても使い勝手のよいキャリアが残りました。しかしながら、検討している最中にキャセイがひとつ上の予約クラスに上がってしまい、10万円そこそこ、102,940円の中国東方航空を採用するに至りました。

エコノミークラスとLCCなどでは、5,000円/1時間という自分的基準に基づきチケットは購入するようにしているのですが、このビジネスクラスでしたら総飛行時間:18時間ですので、1時間あたりの単価は約5,720円でコスパ良しです。

幸いなのは、予約クラスがIで、JALのマイルが125%加算される運賃だったことです。コロンボ-上海は3,156マイルもあるので、4レグで9,252マイルが加算されました。

JALホームページより

ルーティング

ルーティングと言っても、前述の通り、本拠地経由の福岡行き、往復となります。

【CMB/PVG/○FUK/PVG/CMB】

ほぼ直線でシンプルなルート。こんな単純往復のチケットを切るのが珍しいくらいです・・・。結果的に上海でのストップオーバー、往路は1泊はしましたが、往路は3時間半で乗り継いでいったのでフル活用できずじまいでした。

また、改めて思うこと、当時の未熟な自分に言ってあげたいこと、は・・・、「コレはコロンボ発券の威力を充分に活かしきれていないよ」と・・・。日本への帰国便の事ばかり考えていましたので、更に欧米などにお得に飛び出す事を全く考え付かない未熟な私でした。。。

フライト内容

コロンボから上海までは、中国東方航空ではまさかの良い方へのシップチェンジが!中距離用でアングルドフラットにしかならないビジネスクラス座席の搭載機の予定が、長距離用のフルフラットになる座席を搭載した機材になったのでした。レッドアイ・フライトだったので、このフルフラットは非常にありがたかったです。しかも30席のビジネスクラスに、乗客は私を含めて、たったの2名だけでした・・・。

中国東方航空『33E』ビジネスクラス

反対に上海からコロンボは、エコノミーからのインボラがあるほどで、Aコンのみで24席のビジネスクラスは8~9割埋まっていました。しかしながら、これまた幸いな事に隣席は空席でした。(エコノミーの中国人女性があつかましく座ろうとする事態が発生しましたが・・・)

中国東方航空『332』ビジネスクラス

世界『二』周、発券完了

こうして、エミレーツ航空A380最長路線を『プライベートスイート』で満喫する旅、に関する全ての航空券、4件の発券が終了しました。

GCMより

14セグメントで、総飛行距離40,674マイル(GSMより)。

1. NH:ANA【B772ER・Y】NH867:東京羽田(HND)-ソウル金浦(GMP)

2. NH:ANA【B772ER・Y】NH862:ソウル金浦(GMP)-東京羽田(HND)

3. NH:ANA【B773ER・C】NH1010:東京成田(NRT)-ニューヨーク(JFK)

4. EK:エミレーツ航空【A380・F】EK204:ニューヨーク(JFK)-ドバイ(DXB)

5. EK:エミレーツ航空【B773ER・F】EK658:ドバイ(DXB)-マレ(MLE)

6. EK:エミレーツ航空【B773ER・F】EK652:マレ(MLE)-コロンボ(CMB)

7. MU:中国東方航空【A332・C】MU232:コロンボ(CMB)-上海・浦東(PVG)

8. MU:中国東方航空【A320・C】MU517:上海・浦東(PVG)-福岡(FUK)

9. MU:中国東方航空【A321・C】MU532:福岡(FUK)-上海・浦東(PVG)

10. MU:中国東方航空【A332・C】MU231:上海・浦東(PVG)-コロンボ(CMB)

11. EK:エミレーツ航空【B773ER・F→C】EK651:コロンボ(CMB)-ドバイ(DXB)

12. EK:エミレーツ航空【A380・F】EK215:ドバイ(DXB)-ロサンゼルス(LAX)

13. UA:ユナイテッド航空【A320・Y】UA460:ロサンゼルス(LAX)-サンフランシスコ(SFO)

14. NH:ANA【B773ER・C】NH7:サンフランシスコ(SFO)-東京成田(NRT)

以上です。残念な事に、13番目のユナイテッド航空だけがエコノミークラスなので

ファーストクラスとビジネスクラス『だけ』で、という旅ではなくなってしまいましたが、マイラー中級者にしては充分な内容でルーティングできたと思っています。

ソウル発券の最終区間、東京羽田-ソウル金浦は破棄。(国内線ターミナルのカウンターでの申し出でしたが、受領して頂き、ノーショーは免れました)またソウル発券からの帰国便は、他の旅程の帰国便に回して、この旅では使用する事はありませんでした。

次回以降のエントリーで、個々の搭乗記をアップしてまいります。

スポンサードリンク

-発券編
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です