EK:エミレーツ航空【A380ファーストクラス】EK204:ニューヨーク/ジョン・F・ケネディー(JFK)-ドバイ(DXB)<搭乗・シート編>

エミレーツ航空A380ファーストクラス『プライベートスイート』

1回飛ばした形になってしまいましたが・・・、ニューヨーク・JFKからのエミレーツ航空、A380への搭乗の続きです。機材は【A380-861】、Ship No.は【A6-EEL】、でした。

エミレーツ航空A380

搭乗

いよいよ夢見ていたエミレーツ航空のA380の搭乗時刻となりました。ラウンジ内に設けられた、アッパーデッキに直結するPBBへと進みます。

エミレーツ航空A380

そしてシップサイドで目に入ったエミレーツ航空のロゴが最高潮だった緊張と期待を、より一層引き上げてくれます・・・!

エミレーツ航空A380 アッパーデッキ シップサイド

そして機内に入り、奥の通路を左に曲がりファーストクラスのエリアに入ると雑誌やブログで目にしていた憧れの光景が広がっていました。

エミレーツ航空A380 アッパーデッキ ファーストクラスエリア

このロゴが目に入るだけで、本当にテンションが上がります・・・!

エミレーツ航空A380 アッパーデッキ ファーストクラスエリア

ひとまず、ファーストクラスエリアに入って直ぐ右にある自席の4Kに荷物を置き、今度は前方に進んで、後方を眺めてみます。

エミレーツ航空A380 アッパーデッキ ファーストクラスエリア

A380のファーストクラスは14席ありますが、自分以外の乗客はまだ居ません。このキャビンに他の乗客の姿が無い光景を撮りたいが為に搭乗ゲートではやや恥ずかしい気持ちを押し殺して先頭に並ぶようにしています。

そしてアッパーデッキの2つ目のコンパートメント、スタッガード配置のビジネスクラスのキャビンも1枚だけ写真を撮ってから、自席に戻りました。

エミレーツ航空A380 アッパーデッキ ビジネスクラスエリア

シート

自席は4K。窓から外を眺めると順光になるよう、A側でなくK側を選びました。

エミレーツ航空A380ファーストクラス『プライベートスイート』

シートはマイナーチェンジ(推測)で最新型となったA380の『プライベートスイート』

どこがマイナーチェンジされたかピックアップしますと・・・(この搭乗時の画像だけでなく、他の搭乗時の画像も利用しています。。。)・タブレットが薄型に、そして・IFEのリモコンがタッチパネル式

エミレーツ航空A380ファーストクラス『プライベートスイート』

・(ピンボケしていますが・・・)側面にあったテーブルのボタンが移動

エミレーツ航空A380ファーストクラス『プライベートスイート』

・扉側にも開閉ボタンが追加

エミレーツ航空A380ファーストクラス『プライベートスイート』

・またモニターも大型化しているような気がします。(これは未確認ですが、モニター下の注意書きの高さでそう推測しています・・・。)

エミレーツ航空A380ファーストクラス『プライベートスイート』

上のモニターの画像と順番が前後しましたが・・・、エミレーツ航空ファーストクラス定番のシャンパン:ドンペリが早速ウェルカムドリンクで出ていました。

エミレーツ航空 ファーストクラス ウェルカムドリンク

続いて、デーツとアラビックコーヒー

エミレーツ航空 ファーストクラス ウェルカムドリンク

最後に機内食とワインのメニューが配られました。

エミレーツ航空 ファーストクラス 機内食・ワインメニュー

こうして出発の準備は整いました。

エミレーツ航空 ファーストクラス ウェルカムドリンク

いよいよドバイに向けて12時間を超えるロングホール・フライトの始まりです・・・!

スポンサードリンク

-EK:エミレーツ航空
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です