EK:エミレーツ航空【A380ファーストクラス】EK761:ドバイ(DXB)-ヨハネスブルグ(JNB)

エミレーツ航空A380ファーストクラス『プライベートスイート』

史上最安値のoneworld世界一周航空券(RTW)をファーストクラス4大陸で発券できました。マプト発券であった為、モザンビーク共和国の首都:マプトまで向かうなどの旅程:Phase 1になります。ポジショニングはエミレーツ航空で、ドーハに寄り道しましたが、漸くヨハネスブルグに向かう事になります。

ボーディング

ファーストクラスラウンジ内の専用搭乗口から機内に乗り込みます。

エミレーツ航空ファーストクラスラウンジ@ドバイ国際空港コンコースA内の搭乗ゲート

ヨハネスブルグまでは幸いな事にA380でした。1日3便あるヨハネスブルグ行きですが、1便がA380で、残り2便は77Wとなっておりました。

エミレーツ航空A380-861

今回で4回目となるエミレーツ航空・A380のファーストクラスですが、それでもボーディングの際には胸躍って撮影の為に真っ先に搭乗してしまいます。。。

エミレーツ航空 A380ファーストクラス『プライベートスイート』

しかしながら、この日のファーストクラスは満席で、直ぐに他の乗客もぞくぞくとボーディングして来ました。そこで迷惑にならないようにとキャビン撮影は先の1枚だけとし、大人しく自席に付く事にしました。

エミレーツ航空 A380ファーストクラス『プライベートスイート』

早朝4時40分発のフライト、やがて陽が昇ってくる事を考慮し、自席はR側の一番後ろ:4Kを事前座席指定しておりました。L側だと陽が昇るにつれて、モロに東からの太陽の光が差し込んで来て眩しい思いをしますので・・・。

エミレーツ航空 A380ファーストクラス『プライベートスイート』

離陸前の名物サービス、バティールのデーツ。アーモンドが乗っている方が個人的には好みです。

エミレーツ航空 A380ファーストクラス『プライベートスイート』 ウェルカムドリンク

そしてデーツとセットなっている、アラビックコーヒーのサービス。

エミレーツ航空 A380ファーストクラス『プライベートスイート』 ウェルカムドリンク

カルダモンの風味が香るこのコーヒーを頂くと、そんなにたくさん搭乗している訳ではありませんが、生意気にも「あ、帰って来た・・・。」と感じるのでした。。。

エミレーツ航空 A380ファーストクラス『プライベートスイート』 ウェルカムドリンク

やがてセーフティビデオが流れ出します。最近、各社特徴のあるセーフティビデオがありますが、エミレーツ航空ではA380は専用のビデオで、なかなか良くできた各クラスごとのモックアップに見とれてしまいます。

エミレーツ航空 A380セーフティビデオ

ビデオが終わり、通常にモニターに戻ったところで搭乗機の確認をします。Ship No.【A6-EEM】。

エミレーツ航空 A380ファーストクラス『プライベートスイート』 モニター

そしてボーディング時の一連のサービスの最後に、アメニティキットやリラクシング・ウェアが入った特製トートバッグが配られたのでした。

エミレーツ航空 特製トートバッグ

リラクシング・ウェアーのケース

エミレーツ航空 77Wファーストクラス『プライベートスイート』 リラクシング・ウェア

リラクシング・ウェア本体

エミレーツ航空 77Wファーストクラス『プライベートスイート』 リラクシング・ウェア

このケースの反対側には差し込み口があって、スリッパとアイマスクが差し込まれています。

エミレーツ航空 77Wファーストクラス『プライベートスイート』 スリッパとアイマスク

アメニティキットはブルガリのものでした。

エミレーツ航空 77Wファーストクラス『プライベートスイート』 アメニティキット

こうして色々と写真を撮っていると時間があっという間に過ぎてしまい、まだ夜が明けずに外が真っ暗なドバイ国際空港を飛び立ったのでした。

個室となる『プライベートスイート』

上空に上がってからのドリンクサービスは定番のシャンパン:ドンペリを頂きます。

エミレーツ航空 A380ファーストクラス『プライベートスイート』 ドリンクサービス

いつもであれば、このまま食事へと流れていくのですが、早朝4時40分発という便だったからなのか、本拠地・ドバイ発のフライトにしては機内食がショボい内容だったので、一気に3杯ほど頂いてから、先ずは休む事にしました。

エミレーツ航空 A380ファーストクラス『プライベートスイート』 ドリンクサービス

担当のFAさんにベッドメイクをお願いすると、ヒコーキの中とは思えないほどの個室に変貌する『プライベートスイート』です。

エミレーツ航空ファーストクラス『プライベートスイート』

ラウンジで4時間ほど仮眠を取っていましたが、機内でも更に2時間ほど眠ることができました。

エミレーツ航空ファーストクラス『プライベートスイート』

機内散策

起床後にトイレへ。席に戻るとシートがキレイに直されていたのが申し訳なかったのですが、日も昇っていたので、もうこれ以上は眠れないと感じ、シートに戻してもらう事にしました。その間、カメラを持って機内散策に出る事に。

エミレーツ航空ファーストクラス『プライベートスイート』

ファーストクラスの直ぐ後ろ、ビジネスクラスのエリアもシェイドを開けている人たちを見受けられました。

エミレーツ航空 A380ビジネスクラス

そのビジネスクラスで初めて見掛けたのが、エミレーツ航空のバシネットです。なるほど、スタッガードシートの真ん中に据えるようになるのですね・・・!

エミレーツ航空 バシネット

続けてはビジネスクラスの後方にある、専用ラウンジです。乗客が誰も居なくて暇してたバーテンダー係のFAさん、快く撮影に応じてくれました

エミレーツ航空 A380ビジネスクラス機内ラウンジ

過去2回、乗客で溢れ返っていたり、FAさん達のブレイクタイムだったりで、なかなか無人のラウンジを撮影できる事がなかったので、この時は本当にラッキーでした。。。

エミレーツ航空 A380ビジネスクラス機内ラウンジ

そして後部の螺旋階段を下りると、メインデッキに到達する訳です。

エミレーツ航空A380 後方螺旋階段

メインデッキ最後部。真ん中のクルーレストがない方の機材だったようです。最近納入されているA380は、クルーレストがメインデッキの下にあるらしいので、エミレーツ航空のA380は①クルーレストがメインデッキにある機材、②クルーレストがメインデッキにない機材、③ファーストクラスがない機材、④クルーレストがメインデッキ下にある機材、の4つのコンフィギュレーションとなるようです。

エミレーツ航空A380 メインデッキ最後部

そして一気に最前方へ。この先は、JFK-DXBで入れてもらったコックピットとなります。

エミレーツ航空A380 メインデッキ最前方

メインデッキ前方の階段を上がって、アッパーデッキに戻ります。

エミレーツ航空A380 前方階段

上り切った先には、ファーストクラス専用の機内ラウンジがあります。

エミレーツ航空A380 ファーストクラス専用機内ラウンジ

この日のファーストクラスは満席でしたので、陳列し甲斐もありそうです。

エミレーツ航空A380 ファーストクラス専用機内ラウンジ

エミレーツ航空A380 ファーストクラス専用機内ラウンジ

エミレーツ航空A380 ファーストクラス専用機内ラウンジ

そしてラウンジ脇のカーテンをめくり、自席へと戻って行くのでした。

ファーストクラス専用『シャワー・スパ』

搭乗時に確認があった『シャワー・スパ』の時間となりました。到着の3時間前をお願いしていました。

エミレーツ航空 A380ファーストクラス専用シャワー・スパ

トイレも兼ねているアッパーデッキ最前方の『シャワー・スパ』のスペースですが、ここもヒコーキの中とは思えず、ココだけでエコノミークラスなら10席ほど装備できそうな、とても贅沢なスペースとなっています・・・。

エミレーツ航空 A380ファーストクラス専用シャワー・スパ

入口ドアの脇にはミラーが備え付けられていますので、奥行きも広く感じられます。

エミレーツ航空 A380ファーストクラス専用シャワー・スパ

トイレ使用時と異なるのは、シャワードアの入口下に専用のフロアマットが引かれることです。

エミレーツ航空 A380ファーストクラス専用シャワー・スパ

そしてこれもトイレ使用時と異なるところなのですが、シャワー残量のゲージに火が入っています。こうして上空10,000メートルでの『天空のシャワー』を有り難く浴びさせてもらうのでした。

エミレーツ航空 A380ファーストクラス専用シャワー・スパ

そして使用後のゲージです。ずっと出しっ放しで5分ほどは持つようです。実際に使ってみると、その5分が思いの他長く感じられます。ですので毎回いくらか残して終了しております。

エミレーツ航空 A380ファーストクラス専用シャワー・スパ

とは言え、存分に使わせてもらいましたのでブース内は水浸しです。シャワー・スパの清掃関係は、FAさんではなく、専門の『CSA(キャビン・サービス・アテンダント)』さんが担当してくれます。制服が違うので直ぐに分るのですが、シャワー時だけでなく、トイレとして利用時もこまめに清掃しているようでした。

エミレーツ航空 A380ファーストクラス専用シャワー・スパ

シャワーを終え自席に戻るとカットフルーツが準備されているのは毎回です。どうやら、このフルーツまでが『シャワー・スパ』の一連のサービスのようです。

エミレーツ航空 A380ファーストクラス カットフルーツ

機内食

シャワーを終え、程なくしてから機内食を頂く事にしました。前述しました通り、このフライトは朝食が主で、ドバイ発にしては機内食がショボい内容だったのがかなり残念でした・・・。とは言え、腹は空くものですから、スクランブルエッグと

エミレーツ航空 A380ファーストクラス ブレックファスト

エッグベネディクトを頂きました。

エミレーツ航空 A380ファーストクラス ブレックファスト

そして最後に紅茶を頂いて、朝食は終了です。。。

エミレーツ航空 A380ファーストクラス ブレックファスト

搭乗機は、目的地:ヨハネスブルグまで残り38分のところまで来ておりました。

エミレーツ航空 A380ファーストクラス『プライベートスイート』 モニター

ヨハネスブルグ到着

8時間強のフライトで南アフリカ・ヨハネスブルグに到着しました。しかしながら、ここからモザンビーク・マプトまではもう1フライト。史上最安値のマプト発券でありましたが、なかなかに遠かったです、マプト。。。

エミレーツ航空A380-861

今回で4回目となりますので、大変贅沢な事なのですが、自分でも最初のような感動が薄れてしまっていると感じる、エミレーツ航空A380のファーストクラス『プライベートスイート』の搭乗でした。しかも今回は機内食が、JFK-DXBLAX-DXBの搭乗と比較しても大きく劣るものだったのも、感動が薄れた要因に思います。

先日、DXB-NRTのA380に搭乗してきたのですが、この便も深夜2時40分発とは言え、早朝発のような扱いで機内食は豪華なものではありませんでした。ですので、こういう事があるから、あのレストランのようなラウンジのダイニングが存在するのか・・・、と再実感できたのでした。

スポンサードリンク

-EK:エミレーツ航空
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です