5年ぶりの787で初『スカイスイート』~【JAL B788(E11/SS8)ビジネスクラス】JL21:東京/羽田(HND)-北京(PEK)

やっと乗れたよ・・・『JAL SKY SUITE』

史上最安値のoneworld世界一周航空券(RTW)をファーストクラス4大陸(AONE4)で発券できました。

RTW本体の攻略が絡まない旅程の”Phase 4″です。

Phase3の最終フライトと反対で北京に向かいます。同様にBA20,000アビオスで、諸費用は4,370円でした。

JL21便

初めての『JAL SKY SUITE』シリーズ

タイトルに「5年ぶりの787」としましたがこれはJALのって事で、ANA国内線では数知れず乗っています・・・。国際線で言えばカタールのにも最近乗っています。

5年前、初めて乗ったJAL787も北京便でした。JAL787に乗りたいが為にJALマイルで北京1泊・・・。考えてみるとこの時には既に『ヒコーキに 乗る為だけに 旅をする』というライフワークが確立していたようです。。。その時の担当CAさんも「今日が初めての787乗務です!」という方で意気投合(?)、「いやもう開発が遅延に次ぐ遅延ばかりで、私たちもこのまま787はドリームで終わっちゃうんじゃないかと・・・」と通称を身内にも揶揄されていた787での初乗務に饒舌で、そして少し興奮されていたようでした・・・。

JAL B788(E01)ビジネスクラス

あれから5年、JALのビジネスクラスも大分種類が増えましたね・・・。倒産前にコンフィグ(特にジャンボ)が多岐に渡った事よりはまだいいのかもしれませんが・・・。私的には残念ながら不快ラックスの搭乗が一番多く、次にシェルネオというところです。今回のSS8で『JAL SKY SUITE』シリーズ初搭乗。先月にSS2で『JAL SKY SUITE Ⅲ』も搭乗していますので、せっかくだから記念?に『JAL SKY SUITE Ⅱ』にもASマイルでいつか乗ってみたいと思います。今ではもうJALに執着している訳ではないのですが、前回レアな『JAL SKYRECLINER』にも搭乗できているので、もしそうなれば1990年代以降のJALのファーストクラス・ビジネスクラスは全て搭乗できた事になるという訳です。

JALウェブサイトより

 

ボーディング

という事で搭乗機【B787-846】。

JAL B787-846 / JA841J

Ship No.は【JA841J】。

JAL B787-846 / JA841J

いつもの通り真っ先にキャビンに飛び込んで、白服さんの許可を頂き、Aコンのビジネスクラスキャビンの撮影を開始。

JALビジネスクラス/JAL SKY SUITE

JALビジネスクラス/JAL SKY SUITE

JALビジネスクラス/JAL SKY SUITE

初めての『JAL SKY SUITE』故、窓際の自席の撮影が上手くいきません・・・。

JALビジネスクラス/JAL SKY SUITE

ビジネスクラスでもちゃんとしたハンガーなのは、さすが日系というところです。

JALビジネスクラス/JAL SKY SUITE

モニター上のスペースは活用できそうにもありません・・・。

JALビジネスクラス/JAL SKY SUITE

そのモニター上から覗き込む事で、ようやく自席:1Kが撮影できました。

JALビジネスクラス/JAL SKY SUITE

窓際の席までは、この狭いスペースをすり抜けていきます。乗客はまあ支障がないでしょうが、サービスを提供する側のCAさんにとって、窓側は大変かもと同情してしまいます・・・。

JALビジネスクラス/JAL SKY SUITE

周りの方々がこない間にフルフラットの撮影を済ませまして・・・

JALビジネスクラス/JAL SKY SUITE

席に着く事にします。

JALビジネスクラス/JAL SKY SUITE

 

シート

スクリーン下のカウンター。機内食用のテーブルとしては使用しないので、ここまで大きくした意味は??と疑問に感じてしまいました。窓側は収納が乏しいので、その代わりなのかもですね。タブレットは右のシートポケットに入れておく事になりました。

JALビジネスクラス/JAL SKY SUITE

足元が狭くなる昨今のビジネスクラスの中では、充分な広さを確保できていると感じます。でも前述のカウンターがありますので、ファーストクラスのように同行者がオットマンに腰かけて対面になれるという訳ではないですね。

JALビジネスクラス/JAL SKY SUITE

座席の入るところ、先程専用ハンガーがあったところもカウンターになっていて物が置けますが、自席からは死角になるので、それをするには憚られます。

JALビジネスクラス/JAL SKY SUITE

シート本体。ビジネスクラスのごくごく標準的なものであります。

JALビジネスクラス/JAL SKY SUITE

窓側の席はシートの頭のところにこのような収納がありますが、これは使いづらいですね。。。物の出し入れの際に、後ろの方にとっても覗かれるような気持ちになり不快かもです。これは苦肉の策過ぎるような気がします。ので私は使用しませんでした。一方で通路側の席は、この下が収納になるので、とても使い勝手が良さそうです!

JALビジネスクラス/JAL SKY SUITE

短距離路線の為ビジネスクラスとは言えどもアメニティキットはなく、スリッパが事前に置かれているのみ。あとはブランケットとクラスJ仕様のヘッドフォン。

JALビジネスクラス/JAL SKY SUITE

アメニティ類はCAさんが持つカゴから個別で頂く事になります。

JALビジネスクラス/JAL SKY SUITE

次、テーブルです。良い点と悪い点が1つずつありました。。。平時はこのサイドカウンター下に収納されています。

JALビジネスクラス/JAL SKY SUITE

サイドカウンターがフタを兼ねているのでオープン。この時、カウンターに乗っている、例えばグラスとかを一度逃がさないといけないのが悪い点

JALビジネスクラス/JAL SKY SUITE

次にテーブル本体を持ち上げて・・・

JALビジネスクラス/JAL SKY SUITE

上げ切ったら、横に倒してセット完了。これは普通です。

JALビジネスクラス/JAL SKY SUITE

良い点はテーブルが回転する事。食事中にトイレに行きたくなる事もあるので、これはいいですね!

JALビジネスクラス/JAL SKY SUITE

シート自体のトリセツ。自分たちみたいなマニアなら不要ですが、初めて乗る人にとってはきっと複雑怪奇な椅子でしょうから、これは必要かもですね。。。

JALビジネスクラス/JAL SKY SUITE

JALビジネスクラス/JAL SKY SUITE

JALビジネスクラス/JAL SKY SUITE

安全のしおり。5年前に乗った時のE01のと同じでした。

JALビジネスクラス/JAL SKY SUITE

国際線の機内Wi-Fiは有料。(DP会員になると40回まで無料のクーポンもらえます

JALビジネスクラス/JAL SKY SUITE

こんな感じで撮影していると、あっという前に離陸です。時は9月、夏。つまりは南風時運用C滑走路のRWY16L離陸(右手にANAの2タミが見える)という事は・・・、北京は南・西方面でなく、北・東方面と見なされる訳ですね?!

HND/RWY16L

羽田は、国内線・国際線共に南・西方面が圧倒的に多く7割、北・東方面が3割、と前に月刊エアライン?で読んだ事があります。よって夏風時運用は他のRWYが干渉しないRWY22を南・西方面から着陸に、そして同じく干渉がないRWY16Rを南・西方面への離陸に充てるそうです。こういう事まで頭に入っていたら、出撃(ヒコーキ撮影)の時だけでなく、こうした搭乗時に窓から見える景色とかも楽しむ事ができます。しかしながら2020に向け、東京上空を開放するという動きがあるらしいので、そうなったら羽田の運用は更に複雑になるのかもです。。。”ハミングバード”連発とか!?、”チャーリーアプローチ”の復活とか!?、妄想でワクワクしながら発表を待ちたいと思います。

国土交通省『首都圏空港機能強化技術検討小委員会の中間取りまとめについて』参考資料より

離陸中は揺れも大きいので撮影は中断。ギアの音が2つ上がるぐらいまではエンジンを見てたりします。エンジン音で上がったのは分かるのですが、さすがに見た目でギアがどうかとかまでは分からないですね。

GEnxエンジン

 

機内食メニュー

エンジン音が小さくなり、揺れも収まってきたところで、機内食をチェック。

JALビジネスクラス機内食メニュー

JALビジネスクラス機内食メニュー

JALビジネスクラス機内食メニュー

JALビジネスクラス機内食メニュー

JALビジネスクラス機内食メニュー

メニューが日本語なのはありがたいです・・・。英語表記の場合は、堪能でないため、神経を集中して一単語一単語ずつ理解して、時にはオフライン辞書で調べながら読み込んでいくものですから。。。

 

機内食

ラウンジで坦々麺とかフレンチトーストとかを頂いていますが、それでもやっぱり日系の機内食は楽しみです!写真ばかり撮っているのを不審に思われたのか!?(シャッター音はOFFにしているのですけど・・・)、お隣の方には早々に遮断されてしまいました・・・。

JALビジネスクラス/JAL SKY SUITE

考えを転換し「これで恥ずかしさを感じずに思う存分機内食の撮影ができる」と。

JALビジネスクラス機内食

まだ朝なのでアルコールは控え、炭酸水。

JALビジネスクラス機内食

そして和食を頂きます。

JALビジネスクラス機内食

諸々をオープンしたところ。さすがに目にも鮮やか、茶色が少ない・・・!

JALビジネスクラス機内食

メインとなる『台の物』~鯛漬け焼きとピーマン肉詰め

JALビジネスクラス機内食

上左:野沢菜/たくさん、上中:茸の炒め物 ポン酢おろし掛け、上右:豆乳豆腐 栗甘露煮添え。下左:豚胡麻和え、下右:海老艶煮/鱈子昆布/鰊甘煮/玉子焼/いかうに焼き串/重ね椎茸/酢取り茗荷。

JALビジネスクラス機内食

味噌汁のお椀には鶴が潜んでいました。

JALビジネスクラス機内食

そしてお椀のフタにも鶴。JAL、こだわりますな・・・。

JALビジネスクラス機内食

デザートは相変わらずガッチガチである事が想像に容易い、ハーゲンダッツ・・・。

JALビジネスクラス機内食

毎度コーヒー掛け、溶かして序盤を乗り切ります。。。

JALビジネスクラス機内食

 

機内散策

食後の歯磨きを兼ねて、機内散策に出掛けます。787のトイレはシャワートイレで優秀。

JAL B787(E11) ビジネスクラス用WC

JAL B787(E11) ビジネスクラス用WC

JAL B787(E11) ビジネスクラス用WC

JAL B787(E11) ビジネスクラス用WC

JAL B787(E11) ビジネスクラス用WC

機内ラウンジは、E01のようにオープンなタイプではなく、ラックタイプ。さすがに短距離につき、何も置かれていません・・・。

JAL B787(E11) ビジネスクラスラウンジ

エコノミーの方には行かなかったのか?次の画像はコレでした。自席に戻ったのだと思います。

JAL B787-846 / JA841J

フルフラットにしてみて、なんとなく見えている光景を写してみたようです・・・。

JALビジネスクラス/JAL SKY SUITE

 

北京到着

シートが良い時に限って、あっという間に着くものです。

JALビジネスクラス/JAL SKY SUITE

この後は到着動線のトランジットカウンターでチケットを発券してもらい、トランジットのセキュリティ検査を受けて、中国国際航空のファーストクラスラウンジに向かうのでした。

JAL B787-846 / JA841J

 

搭乗を終えて・・・

JALが『SKY SUITE』を導入して5年ぐらい経ちましたでしょうか?JALの滑り台シート:シェルシリーズが時代遅れである事を非難され続けて、ようやく登場した『SKY SUITE』に今回ようやく乗れた訳です。確かにシェルネオからの進化には目を見張るものがあります!が、率直なところ「残念ながら自分には合わない・・・。」という感想です。窓側だととにかく収納能力が低い、そして頭上のは使いにくい・・・。降機時に担当CAさんから「(収納を指さして)通路側ですとコレとコレもあるのですが・・・」とのフォローを受けましたが、やっぱり自分はヒコーキ乗るからには窓際がいいのです。ダイレクト通路アクセスが一般的になった昨今では尚更の事です。しかしながらJALの『SKY SUITE』には前述の通り【Ⅱ】と【Ⅲ】もあります!残念ながら【Ⅰ】は自分には合わないと感じましたが、その【Ⅱ】と【Ⅲ】に乗るのを楽しみにしたいと思います。

スポンサードリンク

-JL:JAL
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です