KL:KLMオランダ航空【B773ERビジネスクラス】KL809:クアラルンプール(KUL)-ジャカルタ/スカルノ・ハッタ(CGK)

KLM、最新型ビジネスクラス【ワールドビジネスクラス】-KLM Royal Dutch Airlines 77W World Business Class

激安マイルでのアムステルダム・リスボン、クアラルンプールの弾丸旅行。後半の目的地:クアラルンプールでの滞在を終え、ソウルへ向けてここからは帰路になります。

帰路はソウルに直行で戻るのではなく、またもやジャカルタを経由してになります。今度のジャカルタ行きも以遠権フライトになり、キャリアはKLMです。

KLMオランダ航空 クアラルンプール-ジャカルタ

前回のシンガポール-ジャカルタはエールフランスで最新型ビジネスクラスシートを搭載していた機材が入っていましたが、KLMも同様にアムステルダムからクアラルンプールまでのロングロール用機材として、ビジネスクラスのシートが【ワールドビジネスクラス】という最新型のものを搭載したB773ERが入っていました。

この最新型【ワールドビジネスクラス】、ジャンボで数日前に搭乗していましたがB773ERでは、またコンフィギュレーションが異なるようなので楽しみにしていました。

シート

機材は【B777-306ER】

KLMオランダ航空B777-306ER

シップナンバーは【PH-BVO】

気体後部に記されているShip No.

自席は窓側で1A。

KLMオランダ航空ビジネスクラス『ワールドビジネスクラス』

ファーストクラスの設定のないKLMでは、この1列目が最前列になります。また今時ビジネスクラスが、通路フルアクセスでないというのが残念なところです。。。

KLMオランダ航空ビジネスクラス『ワールドビジネスクラス』

フルフラットにはなりますので、アムステルダム-クアラルンプールのロングホールでは有益ですが、私は以遠権フライトで1時間半程度でしたので撮影の為だけにフルフラットにしてみただけでした。

KLMオランダ航空ビジネスクラス『ワールドビジネスクラス』

KLMオランダ航空ビジネスクラス『ワールドビジネスクラス』

ジャンボの【ワールドビジネスクラス】と比較して、シート自体は特段変わりません。しかしながらモニターと、エンターテイメントのリモコンがタッチパネル式でした。

KLMオランダ航空ビジネスクラス『ワールドビジネスクラス』モニター

ジャンボのモニターはタッチパネル非対応で、リモコンもJALのMAGICⅢのようなのだったのとは大きな違いでした。

KLMオランダ航空ビジネスクラス『ワールドビジネスクラス』リモコン

フライトマップでも、シップはちゃんと77Wの姿をしていました。(ちょっと、777(B777-200ER)っぽくはありますが・・・)

KLMオランダ航空ビジネスクラス『ワールドビジネスクラス』モニター

機内食

KLMオランダ航空に搭乗しているという事で、ドリンクサービスでは懲りずにハイネケンを頂いておりました。

KLMオランダ航空 ビジネスクラス ドリンクサービス

わずか1時間半ほどのフライトでしたが、機内食はしっかりと温かいものがサーブされました。これもエールフランスの以遠権フライトと同じです。今やKLMとエールフランスはタッグを組んでいますからこうした方針なども統一されているのかもしれません。乗客にとってはありがたいのですが、FAさん方は大忙しのように見受けられました。

ワンプレートでビーフorチキンの選択。ビーフを頂く事にしました。

KLMオランダ航空ビジネスクラス機内食

機内散策

食後、FAさん方の動きがスローになったところを見計らい、機内散策に出ました。

この機材ではBコンの1列目までがビジネスクラス。以降はエコノミークラスとかなりエコノミークラスの比率の多い機材になります。尚且つ、エコノミークラスはB777では一般的なコンフィギュレーションとなった、3-4-3なので、かなり詰め込み型です。最大乗客数:408名とインタータイプのB773ではかなり多い方です。エコノミークラスだけでは374名も搭乗可です。

KLMオランダ航空 エコノミークラス

その374席、満席だったように見受けました。特に欧米人の乗客が多いようでした。エコノミークラスのシートも最新型のようで、とても薄くてモニターが大きいものでした。

KLMオランダ航空 エコノミークラス モニター

そんなエコノミークラスのエリアを散策していて気になる物が天井からぶら下がっています・・・。

KLMオランダ航空 エコノミークラス

素材は蚊帳のようなもので、何かを仕切っているようでしたが、不明です。Bコンの途中にありましたので、位置的にプレミアムエコノミーとエコノミーを仕切っていた物なのかも知れません。

KLMオランダ航空 エコノミークラス

大好きな77Wのレイクド・ウィングチップもしっかりと収めておきます。。。

KLMオランダ航空 77W レイクド・ウィングチップ

ジャカルタ到着

ヒコーキは特にトラブルもなく、無事にジャカルタに到着。約4時間半のトランジットタイムがありました。

ジャカルタ:スカルノ・ハッタ国際空港

ジャカルタ市内に出るには無理がある時間・・・。ラウンジで過ごすには、前回で暇を持て余すと分かっていたので悩みどころだったのですが、この旅に1ヶ月ほど前に、インドネシアは入国のビザが不要となったので、これ幸いとひとまず入国し、ジャカルタ:スカルノ・ハッタ国際空港を散策して時間を潰すのでした。

adsence

adsence

-KL:KLMオランダ航空
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です