MU:中国東方航空【A332ビジネスクラス】MU231:上海/浦東(PVG)-コロンボ(CMB)

無秩序な中国人乗客を、同じ中国人のFAさんが一喝の上、排除されていました

飛行中に客室乗務員がトイレでタバコを吸った疑いのあるフライトで福岡から上海に到着した後、トランジットでコロンボに向かいます。スケジュールでのトランジット・タイムは3時間20分。

また搭乗機まで専用バスで連れて行ってもらえると思いラウンジで待機しますが、中国東方航空ですので例によって遅延です。しかも、変更になった搭乗時刻がモニターになかなか表示されません。待つこと約30分、するとさっきまで『遅延』だったモニターの表示が突然『搭乗中』に変わっている事に気付きました。

急いでラウンジ受付のGHさんに確認するも「急いで搭乗口に行って下さい!」と返される始末。「バスで連れて行ってくれるのでは?」と質問すると、それはどうやら沖止め時のみの対応らしく、通常のターミナルビルからPBBで搭乗する際には提供されないようでした。

専用バスの件は確認したなった私がいけないのですが、ディレイの表示のまま新しい搭乗時刻の提示もせず、いきなりボーティングとなるのがまた、さすがの中国東方航空。。。「さっきまでディレイと出てたでしょう!?」とこんな適当な航空会社のスタッフには、到底理解できないような事かもですが、しっかりと抗議だけはしてラウンジを後にしました。

搭乗口まで、先程のフライトでのしらばっくれたISMの対応もあり「もー!、これだからMUは!!」と怒りもこみ上げてくるのですがどうしようもなく、いつものルーティーンである搭乗機撮影もしないまま慌しく搭乗したのでした・・・。

シート

往路は、中国東方航空ではまさかの良い方にシップチェンジがあり、フルフラットになる長距離専用の機材だったのですが、残念な事に復路ではなく、予定通りの中距離専用機材のままでした。

中国東方航空 ビジネスクラス

また搭乗してみて、Aコンしか設定されていないビジネスクラスにけっこう乗客がいたので驚きました。というのも、往路では2人しか乗客がいなかったからです・・・。どうやら、かなりインボラが出たらしく(後の機内食がエコノミークラスのままだったので、インボラが判別できました)、最終的には8~9割、ビジネスクラスのキャビンも埋まりました。しかしながら、幸いにも私の隣は空席となりました。

中国東方航空 ビジネスクラス

インボラされたと思われる母親と息子を記念撮影する中国人女性。気持ちはとても理解できます・・・。

自席はAコン最後列の9A。

中国東方航空 ビジネスクラス

前述の通り搭乗機の画像はありませんが・・・、機材は【A330-243】。Ship No.は【B-6123】、でした。

L1ドア付近のShip No.のプレート

機内食

スケジュール上7時間20分というフライトでしたが、往路同様、機内食は1回だけ。サービスが始まると、先ずナッツが配られました。

中国東方航空 ビジネスクラス 機内食

ドリンクサービスがあってからの、ワンプレートの機内食。

・<Appetizer>Black Pepper Beef with Fresh Mixed Lettuce

・<Entree>Three-Cup Chicken Served with Vegetables & Rice

中国東方航空 ビジネスクラス 機内食

そして締めに出たのが<Seasonal Fruits>です。

中国東方航空 ビジネスクラス 機内食

食後の出来事

前述しました通り、インボラがかなり出ているようでした。通路を挟んでの私の右隣:初老女性の2名、更にその前:祖母と孫の2名、の4名が中国人で、エコノミークラスからのインボラだったので、それはまあ喧しかったです。インボラされたこの4名を目掛け、家族なんだか、友人なんだかがエコノミークラスから容赦なく雪崩れ込んできます。

ビジネスクラス専用のトイレまで、エコノミークラスから容赦なく中国人が雪崩れ込み、使い始める始末です。

そんな中、空席だった私の隣に初老女性2名の友人らしき、同じく初老女性がエコノミークラスからやってきて、私の隣席の元々置かれていたブランケットや、置いた私の荷物を勝手にどかして抜け抜けと座ろうとする始末です。「不是!(プシー:ダメの意)」とこれは自分で制する事ができたのですが、ビジネスクラスのキャビンは立ったまま座席の家族・友人と話しを続けるエコノミークラスの中国人が10名近くにのぼりました・・・。

するとこれはあんまりだとFAさんの目に映ったのか「お前ら、後ろに戻れー!」とばかりに一喝したのでした。もちろん、そんなのに怯む中国人エコノミークラス乗客軍団ではありませんが、最近のユナイテッド航空の力づく、ほどでは無いにしても、かなり強引に有無を言わさぬ勢いで、前の通路から後方に、体ごとどんどん押し戻していました。。。これにはちょっと溜飲が下がり、非常にスッキリしたのした。

その後も調子に乗ってビジネスクラスに乗り込んでこようとする中国人エコノミークラス乗客を全て、FAさん方がシャットアウト・・・!このFAさん方のおかげで、フライト後半は静かな空間に戻ったキャビンで窓の外でも眺めながら、ゆっくりと過ごす事ができたのでした。。。

中国東方航空 上海-コロンボ線の機窓から

 

今までは世間の評判ほどは中国東方航空に対して悪い印象は持っていなかったのですが、FAさんが同じ中国人でも容赦なく一喝一蹴・排除して、秩序を保ったとは言え、

・この前のフライトで中国東方航空クルーによるフライト中の喫煙の疑い、と

・今回のラウンジでの遅延に対する適当な対応、次第に中国東方航空に嫌気が差してきた

そんなフライトでした。

 

コロンボ到着

出発のディレイの影響で、コロンボ到着も30分ほど遅れました。コロンボ市内行きのリムジンバスの最終便の時間がギリギリだったので、コロンボ・バンダラナイケ国際空港名物、到着時の免税店?、家電量販店?もスルーして足早に到着ロビーに向かうのでした。

コロンボ・バンダラナイケ国際空港

adsence

adsence

-MU:中国東方航空
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です