東京/成田国際空港第2ターミナル【エミレーツラウンジ】

成田国際空港『エミレーツラウンジ』-The Emirates Lounge @ NRT

史上最安値のoneworld世界一周航空券(RTW)をファーストクラス4大陸で発券できました。しかしながらマプト発券(モザンビーク発券)であった為、モザンビーク共和国の首都:マプトまで行かなければなりません。ポジショニングとして採用したのは・・・、エミレーツ航空のファーストクラスでした。

地方都市在住の私にとって、成田発より羽田発の方が便利なのですが、この成田のエミレーツラウンジを体験したいが為に、あえて成田発を採用したのでした。

 

場所はキャセイ・パシフィック航空ラウンジと同じエレベーターを利用した4階になります。コロンボの空港で見たのと同じようなエントランスを目にして、気分が高揚してきます。

エミレーツラウンジ@NRT エントランス

FAさんと同じ制服で迎えて頂けると、搭乗を前に、ますます気分が高揚してしまいます。。。

エミレーツラウンジ@NRT レセプション

お二人にお礼をして、レセプションの右脇の通路からラウンジ内部へ・・・。すると、砂漠に囲まれたドバイで、ふんだんに水を利用する事で富を象徴しているかのようなエミレーツ航空ファーストクラスラウンジ@ドバイ国際空港コンコースBを連想させるオブジェが迎えてくれます。

エミレーツラウンジ@NRT

そこを左に折れるとシャワーなどがありますが、ひとまず右に折れ、広い広いラウンジ中心部に向かいます。するとパソコンや複合機が備え付けられたビジネスセンター的なエリアが左手に広がります。

エミレーツラウンジ@NRT

その背後、通路右手の壁にはロレックスの壁掛け時計が、世界各地の時刻を伝えてくれます。

エミレーツラウンジ@NRT

この壁の先に、ラウンジの中心になるエリアが広がっています。広い、広いです、奥行きもあります。100名以上のキャパは充分にあるように感じられます。通路左手手前には2種類のシートのシーティングエリアが広がります。

エミレーツラウンジ@NRT

そして真ん中の通路を進みますと、左手奥にはダイニングテーブルが数多く設置されています。

エミレーツラウンジ@NRT

そして通路右手は、こちらもシーティングスペースとなっていました。ご覧の通り、出発の3時間前のラウンジはこの男性と私の二人だけでした。ひとまず奥のモニターの正面に自席を確保し、他の搭乗客がいない間にダイニングの写真を撮らせてもらう事にしました。

エミレーツラウンジ@NRT

ダイニング

アウェーでの”The Emirates Lounge”の代名詞、冷たいミールを展示・陳列している、この冷蔵機能があるスタンドのような物もちゃんとありました。

エミレーツラウンジ@NRT

このスタンドの背後にドリンクが並んでいました。「日本酒・南部美人」「モエ・シャンドン」「白ワイン(フランス製)」「赤ワイン(フランス製)」などカードがさしてあります。

エミレーツラウンジ@NRT

その他も中々の品揃えです。

エミレーツラウンジ@NRT

そして少し離れたところに温かいミールが並んでいました。豆カレーやラムカレーなど、中東をイメージさせる料理が並んでいますが、洋の東西に関係のないような料理も並んでいるので日本人でも食べやすい食事かと思います。多くの座席の割りに量が少なく感じましたが、これは料理を冷まさず、フレッシュさを保つ為の工夫なのかもしれません。後ほど利用者が多くなってからは、頻繁にトレーの交換が行われていました。

エミレーツラウンジ@NRT

エミレーツラウンジ@NRT

エミレーツラウンジ@NRT

エミレーツラウンジ@NRT

エミレーツラウンジ@NRT

ステーキの隣にスペースにはトレイがなく、このようなカードが・・・。

エミレーツラウンジ@NRT

揚げ立ての天ぷらを頂けるとの事。もちろんオーダーしてみました。すると出来上がりを自席まで運んで頂けるとですので、赤味の残り具合が抜群のステーキを頂きながら待つ事に。

エミレーツラウンジ@NRT

5分ほど後、丁度ステーキを食べ終わったのを見計らったかのようなタイミングで天ぷらが運ばれてきました。

エミレーツラウンジ@NRT

キス、しし唐、にんじん、だったかと思います。この日はエビやナスがなかったのは残念・・・。しかしながら実に日本らしい料理で、利用者の方の多くがオーダーされていました。

エミレーツラウンジ@NRT

この後、ファーストクラスの食事が控えていますので、ラウンジでの食事はこれぐらいにして、夜行便に備えるべく、シャワーを浴びておく事にしました。

シャワー

今ならA380が成田線に戻って来ていますので、ファーストクラス利用者(とビジネスクラス利用者も有償で)は『天空のシャワー』こと【シャワースパ】を利用できますが、この時はまだ77Wでの運航だったので、出発前にラウンジでシャワーを使わせて頂く事にしました。

シャワーの場所はダイニングはシーティングスペースとは反対で、レセプション右脇の通路を抜けて左に折れるようになります。すると右手にシーティングスペースが広がりますが、左手がレストルームエリアとなります。

エミレーツラウンジ@NRT

中東のエアラインらしく祈祷室も準備されています。

エミレーツラウンジ@NRT

更に進んだところに専用の方がいて、空いているシャワーを進めてくれます。うる覚えですが、4室か6室あったような気がします。

エミレーツラウンジ@NRT

入ると直ぐ左手に洗面台。

エミレーツラウンジ@NRT

そしてトイレがありまして、奥がシャワーとなります。

エミレーツラウンジ@NRT

シャワーはハンドシャワーとレインシャワーの2種類。便利な仕様です。

エミレーツラウンジ@NRT

トイレに中東、またイスラム教エリアでよく目にするハンドシャワーがありました。これも中東のエアラインらしく感じますが、日本人にとってはウォッシュレットの方がありがたいです。。。

エミレーツラウンジ@NRT

そして本家・ドバイのエミレーツラウンジと同じアメニティが完備されています。ここに並ぶエミレーツのロゴにいちいち心が躍り、搭乗へのテンションが上がっていくのでした。

エミレーツラウンジ@NRT

ここのシャワールームは本当にキレイされていて、こちらは本家・ドバイのエミレーツラウンジ以上に感じられたのでした。

シャワーを終え、すっきりしたところで身支度を整え、搭乗口に向かいました。途中、レセプションのお二人に再度お礼をして。

 

エミレーツ航空は成田でのチェックインは、出発予定時刻の3時間から前となっています。従いましてラウンジも同様に3時間前からのスタートになると思い、かなり早めにチェックインしてラウンジに赴いたのですが、それでもあっという間に時間が過ぎてしまいました。

それは1日1便しかないにも関わらず、エミレーツ航空がこのラウンジに力を入れているのを感じ、施設が充実しているからだと思った次第です。フリートをA380と77Wに統一したりと、経営の効率化が進められているようですが、まだまだ世界を席巻するエミレーツ航空のパワーを充分に感じられたラウンジでした。

次回はそのエミレーツ航空ファーストクラス搭乗のエントリーとなります。日本発着の便は初搭乗でしたので、とてもとても、楽しみにしていたのでした・・・。

スポンサードリンク

-ラウンジ
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です