本場の中国茶を体験できます!【中国国際航空ファーストクラスラウンジ】北京首都国際空港

ラウンジで本場の中国茶体験

史上最安値のoneworld世界一周航空券(RTW)をファーストクラス4大陸(AONE4)で発券できました。

RTW本体の攻略が絡まない旅程の”Phase 4″です。

初めての『JAL SKY SUITE』で北京に到着、更にサンフランシスコへと向かう旅程なのですが、乗り継ぎ時間が3時間半ほどありましたので、中国国際航空のファーストクラスラウンジにやって来ました。

中国国際航空ファーストクラスラウンジ@北京首都国際空港

中国国際航空ファーストクラスラウンジ@北京首都国際空港

このラウンジはPriority Passで利用ができ、更にはSFC修行者の御用達ラウンジみたいですので、ネット上で多く紹介されています。ですのでココの私的【メイン】以外はサラリとスライドショー形式で画像をアップします。

シアターエリア

中国国際航空ファーストクラスラウンジ@北京首都国際空港

ビジネススペース的なエリア。

中国国際航空ファーストクラスラウンジ@北京首都国際空港

いくつかあった仮眠室。

中国国際航空ファーストクラスラウンジ@北京首都国際空港

シーティングエリア。

中国国際航空ファーストクラスラウンジ@北京首都国際空港

菓子、フルーツ、デザート、ドリンクなどのカウンター。

中国国際航空ファーストクラスラウンジ@北京首都国際空港

中国国際航空ファーストクラスラウンジ@北京首都国際空港

中国国際航空ファーストクラスラウンジ@北京首都国際空港

中国国際航空ファーストクラスラウンジ@北京首都国際空港

中国国際航空ファーストクラスラウンジ@北京首都国際空港

中国国際航空ファーストクラスラウンジ@北京首都国際空港

スイーツ、ペイストリー、サラダなどのカウンター。

中国国際航空ファーストクラスラウンジ@北京首都国際空港

中国国際航空ファーストクラスラウンジ@北京首都国際空港

中国国際航空ファーストクラスラウンジ@北京首都国際空港

中国国際航空ファーストクラスラウンジ@北京首都国際空港

中国国際航空ファーストクラスラウンジ@北京首都国際空港

ヌードルバー的な。メニューは3種でオーダーしたのは『牛肉湯面』。

中国国際航空ファーストクラスラウンジ@北京首都国際空港

中国国際航空ファーストクラスラウンジ@北京首都国際空港

中国国際航空ファーストクラスラウンジ@北京首都国際空港

中国国際航空ファーストクラスラウンジ@北京首都国際空港

中国国際航空ファーストクラスラウンジ@北京首都国際空港

そしてメインのブッフェ。温かいメニューがなかなか充実しています。

中国国際航空ファーストクラスラウンジ@北京首都国際空港

中国国際航空ファーストクラスラウンジ@北京首都国際空港

中国国際航空ファーストクラスラウンジ@北京首都国際空港

中国国際航空ファーストクラスラウンジ@北京首都国際空港

中国国際航空ファーストクラスラウンジ@北京首都国際空港

中国国際航空ファーストクラスラウンジ@北京首都国際空港

中国国際航空ファーストクラスラウンジ@北京首都国際空港

中国ワイン。

中国国際航空ファーストクラスラウンジ@北京首都国際空港

ここまではファーストクラスラウンジとして、同じスターアライアンス内ではアシアナ航空ファーストクラスラウンジと同程度という所感です。

中国茶コーナー

ここからがお楽しみで、私的【メイン】というのがこの中にある『中国茶のコーナー』です。

中国国際航空ファーストクラスラウンジ@北京首都国際空港

このような大木の切り株?もしくは大岩?のようなカウンターの前に腰掛け、スタッフさんに中国茶をいれてもらいます。一応「いいですか?」みたいに聞いて着席。

中国国際航空ファーストクラスラウンジ@北京首都国際空港

日本語はもちろん、おそらく英語ができる中国茶専門スタッフさんはいないと思われますので、指さして中国茶を指定できるように、カウンターの左側に陣取った方が良いと思われます。

中国国際航空ファーストクラスラウンジ@北京首都国際空港

左から『プーアル茶』・『鉄観音(ウーロン茶の一種)』・『龍井(中国の緑茶)』。『鉄観音』は日本でもお馴染み。『龍井』はよく中国人が無造作に手に持っている水筒で用いられるお茶です。日本の緑茶のような飲み方でなく、水筒にはお茶っ葉が入ったままで持ち運びしているのをご覧になった方も多いかと思います。(もしかしたらひと昔の前の光景かも・・・。)

私、けっこう中国茶は大好きで、上海では中国茶を求めて茶市場に一人潜入したりします。。。中でもお気に入りの中国茶は『大紅袍(ダーホンパオ)』。しかしながらここに出ていませんし、裏でストックもしてないというので『プーアル茶』を頂く事に。

中国国際航空ファーストクラスラウンジ@北京首都国際空港

お茶をいれるのはスタッフさんがしてくれるのですが、この少し前まで中国人おっさんだけの団体10人ぐらいがこのコーナーを占領していて、勝手に茶葉を出しては、いれたりして飲んでいました。この若いスタッフさんには、おっさん10人に文句は言えなかったのか?コーナーの外に追いやられて少し気の毒だと思って見ていました・・・。

中国国際航空ファーストクラスラウンジ@北京首都国際空港

その団体が去り、ようやく自席に戻る事ができたスタッフさんは喜々としてお茶を入れてくれます。途中、ポットに写るバンクーバー在住の中国人のおじさんがやってきて3人で話しをする事に。おじさんは堂々と「ねえ、何歳?」なんて聞けるところが凄いです。。。(23歳と回答していました)

中国国際航空ファーストクラスラウンジ@北京首都国際空港

おじさんと私は、英語・中国普通話・筆談を交えて会話。おじさんが日本は何回も旅行した事がある、一方で私は上海の茶市場とか良く行きますなどから会話が始まり、お互いの旅程などに展開。終いには「福島の作物は、今でも放射能で毒なんだろ?」という時事問題!?まで会話が発展。これは非常に難題でしたが、英語・中国語共に堪能ではありませんが、強く否定しておきました! このおじさんは納得して福島の現状に理解を示してくれましたが、「あぁ、【今でも】って世界中の多くの人はそう誤解しているのかな・・・。」と少し悲しくなってしまいましたね・・・。

中国国際航空ファーストクラスラウンジ@北京首都国際空港

スタッフさんは英語が全くダメなようで、私たちの激論もドコ吹く風で、お代わりのお茶をご丁寧に私の前に差し出してくれます。

中国国際航空ファーストクラスラウンジ@北京首都国際空港

ピントが合っていませんが、プーアル茶でも一般的な熟茶という方なのだと思います、茶色から赤茶色をしているのが特徴です。お好みで『薄い』・『濃い』があると思うのですが、薄くして欲しい際には「淡」と、濃くして欲しい際はそのまま「濃」と筆談すれば大丈夫だと思います。

中国国際航空ファーストクラスラウンジ@北京首都国際空港

こうして本場の中国茶を堪能しつつ、尚且つスタッフさんとおじさんにかまってもらえて中国普通話の練習ができ、乗り継ぎ時間を過ごす事ができたのは非常に有意義でした。この場を去り難いほど会話も弾んだのですが、さすがに私の方が先に搭乗時刻が迫っていたので、お礼を述べ、後ろ髪を引かれる思いで中国茶コーナーを後にしたのでした・・・。

上海や香港、台北などを観光していると中国茶の店舗にはよく遭遇します。しかしながらさすが観光地での店舗だけあって「お高い・・・。」と思うことが多いです。ですので上海では、そういった店舗に卸している茶市場に一人潜入してお得に中国茶を買い溜めしてきた訳なのですが、ココ北京では勝手が分かりません・・・。「詳しいマイラーさんに、北京の茶市場を案内して頂けるようなオフ会があったらワクワクするかも・・・!」なんて思いながら、サンフランシスコ行きの搭乗ゲートに向かうのでした。

次回はいよいよ最新ジャンボ(?)のB748への搭乗です!

スポンサードリンク

-ラウンジ
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です