【JAL 777(W61)『SS2』ビジネスクラス】JL711:東京/成田(NRT)-シンガポール(SIN)

JAL 777(W61)『SS2』ビジネスクラス

2019年1月、所用でシンガポールへ。

JL711便

ASマイルの東南アジア・ブーメランの片割れ発券です。

 

機材はスぺマのB777-246ER

B777-246ER

Ship No. JA707Jに付き、【W61】のコンフィグで『SS2』。

JA707J

となるとビジネスクラスのシートは【JAL SKY SUITE Ⅲ】となります。

JALビジネスクラス / JAL SKY SUITE Ⅲ

B777-246ERの【JAL SKY SUITE Ⅲ】の場合は、シートポケットとシートコントローラーが窓側への配置となっています。私としては別に使い勝手に違いはございません。

JALビジネスクラス / JAL SKY SUITE Ⅲ

自席は足元の広い1K。

JALビジネスクラス / JAL SKY SUITE Ⅲ

シンガポールまでの中距離となりますので、シートベルトサインが消灯すると、粛々と機内食を頂く事になります。

JALビジネスクラス 機内食

何故かこの日はK側を白服さんが担当する事に・・・。しかしながら画像で伝わるかと思います、非常にマニア&ブロガーにご理解のあるチーフさんでして・・・、

JALビジネスクラス ドリンクサービス

そのご厚意で、機内食は『和食』と『洋食』をミックスして頂く事に・・・! 今まで1食目:メインで和食を頂き、到着前2回目:軽めで余った1食目の洋食を頂く、という事は何回かありましたが、一度の食事でそれらをミックスして頂くという事はビジネスクラスではなかったような気がします。

チーフさんですからそれなりにベテランな訳でして、最初のドリンクサービスの際に【L04】とか【K13】とかJAL国際線ジャンボ:B747-446のコンフィギュレーションの話しで少し盛り上がりました。このご厚意はその成果だったのかもしれません。。。

JALの以前のウェブサイトより(クリックで拡大します)

JALの以前のウェブサイトより(クリックで拡大します)

 

先ず最初は『洋食』、オードブル:アワビサラダ モロッコ風。

JALビジネスクラス 機内食

メインは『和食』、台の物:牛バラ肉、冬菇椎茸 白味噌仕立て/鰤の照り焼き、これ今月2回目なのですよね・・・。

JALビジネスクラス 機内食

ですのでトレー右上の空いたスペースに『洋食』のメインを追加して頂く事に。。。

JALビジネスクラス 機内食

和牛サーロインステーキとオックステール フォアグラのソース

JALビジネスクラス 機内食

こんな時に限って、熱加減が大変よろしいようです。。。

JALビジネスクラス 機内食

デザートは『洋食』、スパイシームースチョコレート。

JALビジネスクラス 機内食

最後にコーヒーを頂いて〆となりました。

JALビジネスクラス ドリンクサービス

あとは就寝時用の飲料水を頂いてから、暫し休憩する事に。

JALビジネスクラス ドリンクサービス

3時間ほど休んだ後で、機内散策:ビジネスクラス専用機内ラウンジ。

JAL777 ビジネスクラス機内ラウンジ

空席だったAコン後方の7Dと7G。

JALビジネスクラス / JAL SKY SUITE Ⅲ

機内散策を終えてしばらくすると、「ご到着のまえに」の軽食の時間。

JALビジネスクラス 機内食

JALビジネスクラス 機内食

この後は無事にシンガポール到着です。

今回の『和食』と『洋食』をミックスした機内食ですが、ファーストクラスであれば今までそうして頂く事はありましたが、先述の通り、ビジネスクラスでは初めてでした。最初に白服さんが右通路を担当する事が分かった時は緊張が走りましたが、その白服さんのお陰で、今回はとても貴重な体験をさせて頂いたと大変感謝しております。

 

-JL:JAL
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

エミレーツB777-300ER 新ファースト(新『プライベートスイート』)