シンガポール/チャンギ国際空港【カタール航空『プレミアムラウンジ』】

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

2020年3月中旬、この1ヵ月ほど前にオープンしたばかりのカタール航空『プレミアムラウンジ』@シンガポール/チャンギ国際空港、を利用して来ました。

アクセス

シンガポール/チャンギ国際空港のターミナル1『TRANSFER C』の辺り

シンガポール/チャンギ国際空港のウェブサイトより

『Transfer C』デスクの前のエスカレーターで上階へ

シンガポール/チャンギ国際空港のウェブサイトより

プライオリティ・パスをお持ちの方ならお馴染みの『プラザプレミアムラウンジ』のやや後方に位置しています。

シンガポール/チャンギ国際空港のウェブサイトより

JALはCゲート利用が多いですし、このターミナル1にはBAやカンタスのラウンジもありますから、ワンワールドでまとまっているのはありがたい事です。

 

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

お隣りがエミレーツラウンジという微妙なローケーション・・・。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

営業時間が『7:30-11:00』『17:30-20:00』『23:00-26:00』となかなか複雑です。そして注意点がもう一つ、ステータスホルダーであってもエコノミークラスでは利用できない事。これはLHR、CDG、BKKのカタール航空『プレミアムラウンジ』に準じたルールになっております。私はJALのビジネスクラスでしたので難無く利用できました。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

尚、今回は老眼鏡携行を失念しており、撮影直後のチェックが上手に行えず、ピントが合っていない画像が多数である事を先ずもってお詫びしておきます。。。

入って正面の壁面。カタール航空のアウェーのラウンジは、受付のカウンターがないのですっきりした印象です。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

右手にはロッカー/クローク。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

左手がラウンジ内部への通路。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

ホールから続く通路は奥へと真っすぐに伸びています。その右手が・・・、

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

独立したビジネスルームのようなシート。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

個室感が高いので、仮眠席のようでもあります。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

左手はシーティングスペースとなっており、コーヒーメーカーや紅茶の取り揃えがありました。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

通路を行き切った先は、ダイニングテーブルが並ぶスペースへと様相わり。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

その右手に、もはやカタール航空『プレミアムラウンジ』代名詞と言っても過言ではない、ラウンドカウンターが設置されていました。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

ラウンドカウンターの右奥にペイストリー、フルーツなどのブッフェ台。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

左手にはちょっとしたカウンターテーブルが数台。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

ラウンドカウンターのところで右手に直角に折れて、更に奥に向かいます。通路の右手は壁面ですが、左手には2つめのダイニングスペースが広がります。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

更に進むと、再びシーティングスペースとなっておりましたので・・・、

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

この一番奥まったところに腰掛ける事にしました。写り込んでいる靴は、フロアマネージャーのような男性のものです。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

私が写真を撮りながら進むのを見て、途中から色々と説明をしてくれる事に。

その方曰く、ウェルカムドリンクとの事。爽やかな酸味とミントの香りがシンガポールの暑さを癒してくれるように感じられました。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

これで一息だけついて、そのマネージャーの男性を伴い、最奥のシャワールーム/WCへ。女性が手前、男性が奥となっており、入り口にはそれぞれスタッフさんが待ってくれていました。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

男性用の中にはWCは2部屋シャワーも2部屋、そして足洗い場とプレイルームがあります。こちらはWC。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

WCでもしっかりアメニティがあるところがさすがです。フランス製とアピールされています。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

そしてシャワールーム。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

右側の方が脱衣スペースが広いのでおススメです。

シーティングスペースの確保していた自席に戻ったところで驚きました。何とダイニングのメニューが出てきたのです! バンコクの『プレミアムラウンジ』にはありませんでしたので、LHR・CDGには及ばないけど、BKKよりは格上というポジションになるのかもしれません。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

こういったオーダー制のダイニングというのは、もはやファーストクラスラウンジ同等のサービスである訳ですから、凄腕マイラーの中にもカタール航空『プレミアムラウンジ』のファンが多いのも分かるような気がします。

ここに来るまでに新コロナ対策のサーモチェックを済まされていますので、心置きなくアルコールを頂く事に。この2~3日後にはシンガポールも事実上の入国拒否を発動し、JALも減便されましたので、タイミング的には非常に恵まれていました。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

こちらは『シャシュカ』、男性フロアマネージャーの推し。「パスタは好きですか?」から聞かれ、トマトソースの卵料理である事は分かりましたが、あとは英語が堪能ではない私には解読不能・・・。後ほど、朝食メニューの中の卵料理である事を知るのでした。なるほど、確かにミートソースを食べているような・・・。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

腹がこなされた頃にダイニングに移動して、しっかりと食事を頂く事に。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

こちらが朝食メニュー。以降、メニューはクリックで拡大します。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

ランチ&ディナー。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

以降、ドリンクメニュー。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

先ずアペタイザーとしてオーダーした3品。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

ラクサスープ。私、無類のシンガポールラクサ好きなので、オーダーせずにはいられませんでした。シンガポールで特に好きなお店が『マリンパレード・ラクサ』で、またその近所の『328カトンラクサ』もお気に入りなのですが、貝の汁が強すぎるので『マリンパレード・ラクサ』の方が好みです。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

こちらはシンガポールは関係ない、チリソースのキングプラウン。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

もう一品はシンガポールの焼き鳥:サテー。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

メインはご当地料理と中東料理をひとつずつ。まずシンガポール・チキンライス。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

このチキン、漬け汁がよくしみ込んでいて、ソースが要らないほど抜群に美味しかったです。ライスもほんのりジンジャーが香り、濃い味付けのチキンによく合うと感じられました。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

そして中東料理、”Lamb Machboo” 「”Machboo”って何?」と英語の解説と格闘して『ピラフ』っぽいものであると理解。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

“ゴロゴロ”とまではいきませんが、中にラム肉が数片潜んでいました。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

ピリ辛のカレーでアクセントも付けられますが、私的には無くても大丈夫。。。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

そして〆のマンゴーと何かのシャーベット。説明をしてもらったのですが、忘れてしまいました・・・。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@SIN

ダイニングのスタッフは皆さんフレンドリーで、よく気も遣ってもらえました。おしゃべり好きなおばさまスタッフもいて、会話が弾むほど。余談ではありますが、ラウンジがクローズし、ターミナル内をウロチョロしているところで、仕事終わりで私服になったおばさまスタッフとすれ違い、そこでまたおしゃべりが始まり、最後は手を振ってお別れするほど。。。

こうして深夜の部を除く、午前の部と午後の部ダブルヘッダーでラウンジを満喫させて頂いた訳ですが、スタッフが入れ替わっても、総じて皆さんがフレンドリーで、随所にカタール航空の気さくな感じが反映されていると感じられました。Wi-Fiの接続も問題ありません。新コロナの影響もあるかとは思いますが、ビジネスクラス以上との制限もあり、利用者もまばらで非常にゆったりとした印象を受けました。もしかするとカンタスのファーストクラスラウンジを凌ぐのではないか?とも思えるほど・・・。(あくまでも個人の感想です)

最後になりますが、BKKの『プレミアムラウンジ』ではドレスコードがあるようですので、こちらシンガポールでもラフ過ぎる服装は控えた方がいいのかもしれません。(と言いましても、Tシャツで短パンの利用者(欧米人風)もいたのですが・・・)

 

-ラウンジ
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

エミレーツB777-300ER 新ファースト(新『プライベートスイート』)