バンコク/スワンナプーム国際空港【カタール航空『プレミアムラウンジ』】

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

2019年1月、マレーシア航空:BKK-KULのビジネスクラスというフライトで、漸くこのカタール航空『プレミアムラウンジ』を利用する事ができました。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

利用に先立ち、2018年11月のTGフライトの際に、MHのCでも利用できるか?中のスタッフに直接確認は済ませておりました。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

入った正面。この右手に受付の端末やモニターがあります。LHRのと同じような感じ。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

中に入って最初に目に飛び込んでくるエリア、高級感漂うのも正にLHRと同じです。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

が、BKKでは水は流れていませんでした・・・。時間は10時半頃でまだ利用者が私だけだったからでしょうか???

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

噴水の反対側には目を引くA380のモデルプレーン。中に入っての右手にあたるこの辺りはシーティングエリアになっています。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

シーティングエリアの冷蔵庫にはソフトドリンク程度。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

散策を続けます。噴水を左手、モデルプレーンを右手に見たところで、背後に奥に行くような通路があります。それを進み左に90度折れると右にビジネスセンター、

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

左にプレイルームがあります。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

確かお祈り前には足を洗ったりするのですよね? ここまでするとはさすがQR・・・!

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

タオルも手と足を分ける心遣い、それに色まで分けるとはまるで日系のよう。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

ここで見回りしている女性スタッフに遭遇。11月に利用できるか尋ねたスタッフさんでした。「覚えてますか?」なんて話し始めたら、「もちろん!歓迎しますよ。写真もたくさん撮っていいですよ!!楽しんでください!!!」と。こういうの嬉しいですね!

元に戻って、噴水・モデルプレーンを抜け、メインの通路です。この辺りは全てシーティングエリア。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

テーブルは床出しのコンセントをカバーする役目も兼ねていますね。秀逸です。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

メインの通路を右手奥まで来て、180度回頭。左手奥を目指します。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

やがて左手に『プレミアムラウンジ』の代名詞とも言えるラウンドカウンターが。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

とても豪華で煌びやかです・・・。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

先ずはこのカウンターを眺めていきます。バニラは品切れだったアイスクリーム。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

見た目も鮮やかなスイーツ類。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

 

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

みずみずしいフルーツと、

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

チーズプレート。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

スムージー?青汁?的な。 中東の方々には好評でした。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

ラウンドカウンターの背後には、これまた準じた派手なシートが・・・。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

そしてダイニングへ。特徴的なチェアーも踏襲されています・・・。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

オーダー制のダイニングではなくブッフェのみなのはちょっと残念・・・。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

しかしながらラウンジスタッフも秀逸。写真を撮ろうとする私の意図を理解して頂き、これらのホットミールの蓋を開けてくれるという神対応!!

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

ブッフェ台に近い方のダイニングは割とカジュアルな印象を受けました。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

このブッフェ台を更に進みますと、今度はフォーマルな印象が強いダイニングがあります。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

あのシートも2名用、4名用とセッティングしてあります。。。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

一通り散策が済んだあとで、トイレ・シャワーを探したところサインすら見当たりません・・・。そこでスタッフさんに聞くと「通路の奥の右側にあります。行くとドアが開きます。」との事。従って行ってみると壁と思っていた通路の一部分が、自動で開き始めました・・・! 水回りを隠すだけでなく、そのサインすら掲示しないのにはこだわりを感じてしまいます。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

トイレとは別で、シャワールームは3部屋ほどありました。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

無粋なおっさん目線ですので、アメニティなどは未確認になります・・・。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

写ってはいませんが、天井に固定のレインシャワーもありますので、ハンドシャワー・ボディシャワーの3種になります。ガラスドアもクローゼットのような折り畳み方式で排水が外にでる事もなく、非常に清潔です。タオルは足拭き用もあり、バスタオル・ハンドタオルの3種類。フェイスタオルはありませんした。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

 

と、ここまで取材を終え、カジュアルな方のダイニングスペースで食事を頂く事にしました。窓側といっても滑走路に面している訳ではありませんが、外が見えるのは心地良いです。

この時、ラウンジ利用者は私1名に対してラウンジスタッフは6名・・・。内ダイニングには4名の配置・・・。ブッフェはセルフになりますが、ドリンクはスタッフさんにリクエストしてサーブして頂く方式でした。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

返す返すになりますが、LHRやCDGの『プレミアムラウンジ』のようにオーダー制ではないのは残念・・・。それでもバンコク/スワンナプーム国際空港にあるワンワールドのラウンジの中では利用者も少なく、最も上質なラウンジだと感じられました。激コミのサクララウンジはおろか、CXのラウンジよりもはるかにコチラのラウンジのファンになってしまいました! 次回からも営業時間に注意して『プレミアムラウンジ』を満喫、なかなか搭乗の機会の無いカタール航空に思いを馳せたいと思います。。。

カタール航空『プレミアムラウンジ』@BKK

さてコチラのラウンジ、ファーストクラス・ビジネスクラス利用者のみという制限があり、いくらキャリアのステータスを保有していようがエコノミークラスでは利用できなくなっています。(カタール航空にはプレミアムエコノミーの設定がありませんので、同クラスでの利用も不可と思われます。) カタール航空でなくてもワンワールドのキャリアであればOK。(※追記です。フォロワーさんから教えて頂きました。ワンワールドのキャリアの場合は出発時刻の3時間前にならないと入れてもらえないようです。)

JAL便での利用の際は、朝便(JL32・JL708)では問題は無いかと思われますが、利用者の多い夜便の際には成田(JL718)・セントレア(JL738)は営業時間に適合しますが、羽田(JL34)・関空(JL728)の場合にはちょっと厳しいかもしれません。と言いますのもチェックインカウンターは19:05から開始、急いで出国したとしても『プレミアムラウンジ』は一度20:30で閉まってしまうからです。正味1時間程度では、シャワー&ダイニングまでの時間は取れずに不完全燃焼で終わってしまうかもしれません。また再開は22:30からなので、羽田は出発済み・関空は搭乗開始、というタイミングですから・・・。

このような際には、私もそうしたのですが、オンラインチェックイン&モバイル搭乗券をお勧めします。私はマレーシア航空でしたが、モバイル搭乗券でセキュリティ・出国審査を通過。ラウンジでもバーコードスキャンがありましたが、モバイル搭乗券で何事もなく入室OKでした。心配な方は、D・E・F・Gコンコースが交差するところにトランスファーカウンターがありますので、そこで紙の搭乗券を入手して搭乗ゲートに向かわれればよいかと思います。(但し、トランスファーカウンターがオープンしている時間は、チェックインカウンターに準じているのでご注意ください。)預け荷物がない前提ですが・・・。

トランスファーカウンター@BKK

最後になりますが、空港ラウンジでは珍しくドレスコードがあるようなのでご注意ください。

-ラウンジ
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

エミレーツB777-300ER 新ファースト(新『プライベートスイート』)