【発券内容】<KE:大韓航空>と<KL:KLMオランダ航空>のビジネスクラスで弾丸旅行

大韓航空とKLMオランダ航空のビジネスクラスを激安で発券

以前のエントリーでご紹介させて頂きました、デルタ航空スカイマイルのシステムエラーのおかげで発券できた、激安マイルでの旅程です。本来は180,000+80,000で260,000マイルも必要なところですが、様々な制限があり、前回よりは6,500マイル増えてしまったとは言え、今回もたったの41,000マイルで済んだのですから激安発券です。ビジネスクラスですし・・・。

これをもし購入するとしたら・・・

・クアラルンプール往復のビジネスクラスが2,365,100ウォン

大韓航空ホームページより

・アムステルダム経由のリスボン往復のビジネスクラスが4,615,900ウォン

KLMオランダ航空ホームページより

しましたので、約630,000円の価値のチケットという事になります。これまたとても買える金額ではありません・・・。

旅行の時期は2015年7月。発券は2014年の12月です。

ユーラシア大陸の最西端に到達したい!

Great Circle Mapperより

・【ソウルーアムステルダム・リスボン】~<30,000マイル>と<102,100ウォン>

・【釜山-クアラルンプール】~<11,000マイル>と<56,300ウォン>

と2つの旅程を連続して旅する訳ですが、前半の旅程の目的はユーラシア大陸の最西端:ロカ岬に到達してみたい!、というものになります。

ロカ岬

日本はユーラシア大陸の東にある訳ですから、その真逆の最西端に憧れていました。今回は、前回の弾丸旅行と違い、乗りたいヒコーキがあって旅先を決めた訳ではありません。とは言え、やはりソウル-東京を遠回りで経由してきていいよ、との制約がありますのでアムステルダムは8時間、リスボンは21時間の滞在となります。

10年ぶりにスチームボートを食べたい!

後半の東南アジア往復の中でクアラルンプールを選んだ理由は、『食』です。久しぶりにマレーシアの鍋料理、スチームボートを食べたくなったから、というのが理由です。

スチームボート

これまでに2回、マレーシアには行った事があるのですが、初めて行った時に知った『スチームボート』の美味さにはまってしまい、2回目も当然食べてくる程でした。10年ほどご無沙汰してしまっていたので、いい機会だと目的地に選んだ訳です。こちらの旅程も、釜山-ソウルの往復を東南アジアの任意地を経由してきていいよ、との制約の元なので、クアラルンプールの滞在は18時間のトランジット扱いでした。

フライト内容

【ソウルーアムステルダム・リスボン】

・KL856:ソウル・仁川-アムステルダム、ビジネスクラス

・KL1693:アムステルダム-リスボン、ビジネスクラス

・KL1696:リスボン-アムステルダム、ビジネスクラス

・KL863:アムステルダム-成田、ビジネスクラス

・KE704:成田-ソウル・仁川、ビジネスクラス

(この後は金浦空港に移動し、別で発券した韓国国内線で釜山に移動しました)

デルタ航空 旅程表

【釜山-クアラルンプール】

・KE1404:釜山-ソウル・仁川、エコノミークラス

・KE671:ソウル・仁川-クアラルンプール、ビジネスクラス

・KL809:クアラルンプール-ジャカルタ、ビジネスクラス

・KE628:ジャカルタ-ソウル・仁川、ビジネスクラス

・KE1401:ソウル・仁川-釜山、ビジネスクラス

デルタ航空 旅程表

今回も6泊7日の弾丸旅行

デルタ航空・スカイマイルのシステムエラーによる特典航空券なので今回も制約がつき、最終目的地であるリスボンとクアラルンプールは前述通り、滞在が24時間以内のトランジット扱いになります。

経由地アムステルダムでは8時間の乗り継ぎ時間で市内散策と運河クルーズで観光してきました。

運河クルーズ

リスボンでは到着後一気に西に向かい、ユーラシア大陸最西端のロカ岬に到達。翌日は朝のうちにベレンで世界遺産群を回って来ました。

ジェロニモス修道院

そして初めてとなる、日本在住者ではあまり経験しないだろう成田空港での乗り継ぎ。セキュリティの職員に変な目で見られながら、トランジットエリアに進入しました。

成田国際空港北ウイング 乗り継ぎサイン

クアラルンプールでは深夜までジャン・アローの屋台街を徘徊し、B級グルメと南国フルーツを堪能して来ました。

ドリアン

次のエントリーからは個別の搭乗記になります。まずは出発地・ソウルに向かうためのフライトからです。

adsence

adsence

-発券内容
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です