【発券内容】エミレーツ航空A380最長路線をファーストクラス『プライベートスイート』で満喫する旅

憧れのエミレーツ航空ファーストクラス『プライベートスイート』

マイル数・諸費用

エミレーツ航空A380ファーストクラス『プライベートスイート』

エミレーツ航空ファーストクラス『プライベートスイート』

それを可能な限り長時間、経験したいが為にルーティングした訳ですが、発券はJALマイル:155,000マイルで行いました。エミレーツ航空は燃油サーチャージが課されない航空会社なので、諸費用は14,230円という破格の値段で済みました。発券はホームページからはできませんので、電話で行う事になります。しかしながら、発券手数料を徴収される事もありませんでした。

ルーティング

まずメインは、前のエントリーでご紹介させて頂きました通り、ドバイ→ロサンゼルスの飛行時間16時間20分のEK215便です。これを復路に定めたので、往路は1日4便もエミレーツ便があるニューヨーク:JFKからとしてみました。アウェイとは言え、1日4便もあったらラウンジもきっと他の米国内の就航地よりは豪華かもしれない!という単純な思い込みからでした。

JFKターミナル4 エミレーツ航空ラウンジ

ニューヨーク→ドバイ→ロサンゼルスというルートが決まりましたが、総飛行距離は15,177マイル。消費する155,000JALマイルでは20,000マイルまでの距離が可能なので、あと5,000マイルほど飛ぶ事ができます

JFK→DXB→LAX

そこで関係してくるのが、JALのルールになります。当時は現在よりもルールが厳しく

・1つの都市の利用は2回まで(現在は3回)

・途中降機は2回まで(現在は1都市1回→3回まで)

JALホームページより

考えに考えを重ね、導き出したのが、マレ・コロンボまで足を延ばす事でした。

JFK→DXB→MLE→CMB→DXB→LAX

ルートとしては【JFK/DXB/○MLE/○CMB/DXB/LAX】となり、目的地がコロンボ、マレで途中降機、となりました。本当はドバイでも途中降機したかったのですが、ドバイは今から何回も訪れそうな予感がしていましたので、男一人旅ではありますが、ハネムーンのメッカ:マレに飛び込む事にしてみました・・・。また旅程が長くなりましたので、マレの後のコロンボで一時帰国する事にしました。

フライト内容

JFK→DXBは、ドバイが24時間以内のトランジットになり、更にはその先のマレの到着時刻まで踏まえて、朝出発のEK204便としました。この便ももちろんA380で、EK215便の16時間20分には及びませんが、それでも飛行時間は12時間を超えるロングホール(長距離)フライトになります。

エミレーツ航空A380

ドバイからマレは1日3便ある中で、早朝ドバイ発・午前マレ着のEK658便。こちらは77Wでの運行だったのですが、2-2-2の古いタイプのファーストクラスの予定が、1-2-1の『プライベートスイート』搭載機にシップチェンジされ、搭乗した瞬間に度肝を抜かれました!

エミレーツ航空77W

マレ→コロンボの以遠権区間は1日1便だったので、必然とEK652便となりました。こちらも同様にシップチェンジがあり、77Wの『プライベートスイート』搭載機でした。

エミレーツ航空77W 沖止め

復路のスタートとなるコロンボ→ドバイ、今回の旅程のメイン:ドバイ→ロサンゼルスのEK215便の8時50分発を考慮して、可能な限りドバイでトランジットが長く出来るように、1日3便ある中で午前発のEK651を選びました。しかしながら、この便は発券後、ファーストクラス未搭載の77Wにシップチェンジされ、ファーストクラスからビジネスクラスにダウングレードされてしまうのでした。。。

エミレーツ航空77W

そしてEK215便は当然のA380。飛行時間16時間20分!、飛行距離8,339マイル!(約13,400キロ!)東京からですと、パナマ運河やイースター島、南アフリカのヨハネスブルク、更には南極大陸まで行けてしまう距離です・・・!

そんな長時間・長距離を、当時世界一と言われたファーストクラス『プライベートスイート』で過ごせる訳ですから、ヒコーキマニアとしてはこれ以上の贅沢はないかと・・・。

エミレーツ航空215便 ドバイ-ロサンゼルス

目的地がマレになっていますが・・・、旅程表としてはこのような形です。

エミレーツ航空ファーストクラス旅程表

これをもし購入するとしましたら・・・24,915.80ドル!当時のレートで約300万円弱・・・!、とても買えたもんじゃありません。。。

エミレーツ航空ホームページより

如何に貴重な旅をして来たかが再認識できました。旅行の時期は2015年10月と2016年3月。発券は2015年の5月でした。

 

メインの旅程は決まったところで、ポジショニング(発券地までのフライト)と、ロサンゼルスからの帰国も決めなければなりません。次回のエントリーでは、ポジショニングと帰国便の発券の内容をご紹介いたします。

スポンサードリンク

-発券編
-, ,


  1. 疾風 より:

    はじめまして。
    私も、先日JMBのEK特典を発券しましたが、米国発でマレまで行くとは珍しい旅程ですね。
    しかし、ハネムーンのメッカであるモルジブ一人旅は、経費や心理面を含めてなかなか厳しいものがあったと思いますが(苦笑)。
    また、GCMAPとJMB計算機との数字の食い違いの件で、全く同じ経験をしました。
    具体的には、HND/DXB/〇MAD//;DAR/DXB/NRTをDAR⇒NBOに変更せざるを得ませんでした。
    なお、表現方法の問題なのでしょうが、目的地滞在含めてS/Oは3回までと書いた方が分り易そうです。
    https://www.jal.co.jp/en/jalmile/use/partner_air/p_jmb/#tokuten_regist

    • AWARD FLYER より:

      疾風 様
      こちらこそ初めまして!
      疾風さんのようなこの世界の『レジェンド・マイラー』の方から1stコメントを頂けるなんて、この上ない光栄です!!!
      Takさんのブログのコメントでお名前を拝見して以来、もの凄く憧れておりました!
      モルジブではハネムーンの後輩(男)と合流して、マレ散策をして、あとフルマーレで一人のんびりしてました(苦笑)
      疾風さんもGCMAPでは同じような体験をされたのですね!これまた感激と申せばよろしいのでしょうか?
      S/Oにつきましてはアドバイス、感謝致します。早速訂正させて頂きます。

  2. TMF より:

    EK三昧の旅、いいですね♪
    コロンボやモルディブでの滞在も気になります(笑)
    ちなみにダウングレードのコンペンセ―ションはありましたか?

    • AWARD FLYER より:

      TMF様
      てか師匠(笑)初めてのEKがF、ましてやプライベートスイートとは
      自分でも贅沢三昧でき、感激でした。
      何と言っても、JALに続き、2社目のFがEKですから・・・。
      コロンボではAirbnbで人の家に2泊してました。(笑)
      モルディブでは、ハネムーンに来てた後輩(男)と合流し、マレを散策。
      その後は、リゾートには行かず、空港の隣の島:フルマーレ島で
      中国人に囲まれながら、一人でのんびりと2泊してました・・・。
      ダウングレードは「どーしてもEKのFがよい!とJALに
      CMB→SIN→DXBを打診しましたが、EKが受け入れないとの理由で
      5,000マイル返却で泣く泣く承諾した次第です。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です