KE:大韓航空【B773ERビジネスクラス】KE628:ジャカルタ/スカルノ・ハッタ(CGK)-ソウル/仁川(ICN)<前編>

大韓航空最新型ビジネスクラス【Prestige Suites(プレステージスイート)】-Korean Air 77W Business Class “Prestige Suites”

激安マイルでのアムステルダム・リスボン、クアラルンプールの弾丸旅行。このチケットも残り2フライトだけとなりました。

前回のシンガポール・パリの弾丸旅行でも、このKE628:ジャカルターソウル線は搭乗していたのですが、今回は前回と違った事が起きていて、搭乗を楽しみにしていました。それは・・・、それまで【2-3-2】の並びだった事前座席指定画面が、ある日突然【2-2-2】に変更になった事から始まりました。

「B773ERで2-2-2って一体・・・?」と思いましたが、当時大韓航空は、A330-300で最新型のビジネスクラスシート『Prestige Suites(プレステージスイート)』を開始したばかりでしたので、このB773ERにも搭載するようになったのでは?と勝手に推測するようになりました。

しかしながら、結局搭乗日まで、KEのウェブサイトではB773ERに「2-2-2」のシートマップはアップされず、当日心躍らせ搭乗する事に。

搭乗待合室で見た搭乗機は、シップナンバーは8000番台の新しい機材である事が判明。期待がより一層膨らみます。

L1から入り、入ってすぐ左・CPさんの後ろにあるシップナンバーのプレートを撮影した後、視線を背後に戻すと、これまた最新版のファーストクラス、それも当時ホームページでは公開されていない、囲みの高い「1-2-1」の独立・個室型のシート。

この時点で、私が搭乗するビジネスクラスも最新の『Prestige Suites』だと確信しました。ファーストクラスエリアの奥、Aコンの最後尾に6席だけある内の1席、自席のビジネスクラスシートが目に入ると、思わず小さくガッツポーズ。期待していた通り【Prestige Suites(プレステージスイート)】でした・・・!

シート

その機材は【B777-3B5ER】

大韓航空B777-3B5ER

シップナンバーは【HL8010】

L1ドア付近のShip No.のプレート

自席は窓側で7J。

大韓航空ビジネスクラス『プレステージスイート』

大韓航空ビジネスクラス『プレステージスイート』

某板ではJALの真似など言われていますが、大韓航空の方は「2-2-2」なので1席あたりの座席幅は、当然同じ77WのJALのSKY SUITEより広いはず、です・・・。

大韓航空 77W Aコン ビジネスクラス・エリア

大韓航空 77W Aコン ビジネスクラス・エリア

JALにはある窓側座席の頭上の収納が無く、隣席用の収納になっていたのが残念です。

大韓航空ビジネスクラス『プレステージスイート』

しかしながら、座席左脇背後に、座席幅を損なわない工夫で代わりになる収納があったので不便はしませんでした。これがJALより広いであろう座席幅を活かした工夫なのかもしれません。

座席左脇背後にある収納

座席左脇背後にある収納

座席左脇背後にある収納

今までの大韓航空のビジネスクラス『プレステージスリーパー』はフルフラットと言うものの、個人的にはアングルドフラットなのでは?と疑っていましたが、この『プレステージスイート』は正真正銘のフルフラットになるシートでした。

大韓航空ビジネスクラス『プレステージスイート』

シートに着座すると、このような眺めとなります。

大韓航空ビジネスクラス『プレステージスイート』

モニターはフレーム全体幅より、やや座席側の右側にセットされています。

大韓航空ビジネスクラス モニター

人が座れる、ビジネスクラスでは充分な広さのオットマン。

大韓航空ビジネスクラス オットマン

AC電源はサイドテーブルの下にあり、個人的には非常に使いやすい位置でした。その奥にある木目調のテーブル部分は、座っていると死角になる為、あまり使い道がありませんでした。

大韓航空ビジネスクラス AC電源・サイドテーブル

サイドテーブルはそれ自体に問題はなかったのですが、テーブルが収納してある箇所のフタも兼ねている為、テーブルを出し入れする際には、一度サイドテーブル上の物を避難させなければなりませんでした。これはちょっと使いにくく感じたのですが、こうした際に木目調のサイドテーブルを利用すればいいのかもしてません。

大韓航空ビジネスクラス サイドテーブル

サイドテーブル開放状態。

大韓航空ビジネスクラス サイドテーブル

シートとモニター・エンターテーンメントのコントローラーはサイドテーブル後方にあります。

大韓航空ビジネスクラス シート&モニター コントローラー

実際にテーブルを引き出してみると、かなり大きめで使い勝手が良さそうです。

大韓航空ビジネスクラス テーブル

使い勝手が良かったと言えば、このように90度回転した事です。これなら食事中などに席を立つことができますので、乗客の行動をよく理解した仕組みだと感心しました。

大韓航空ビジネスクラス テーブル

シートの説明書などは、オットマンの奥にありました。これは着座したまま手が届く場所ではありません。

大韓航空ビジネスクラス シートポケット

このようにシート周りを撮影しまくっているのが、中年男性FAさんの目に留まり色々と会話が弾む事になり、教えて頂きました。

・なぜロングホールに投入しないか不明だが、今はミドルレンジでジャカルタ線に貼り付き。

・この新コンフィグは現段階では2機のみ。

・もう1機はどこに投入されているかは、ごめんなさい、私は知らない

との事でした。

「最新型のシートに当たって興奮しているから、夜行便なのに寝れないかも!」なんて冗談を言ったりしましたが、快適そのもので十分な睡眠が取れました。

エントリーが長くなって来ましたので、一度ここで中断させて頂き、続きは<後編>としてお伝えします。

スポンサードリンク

-KE:大韓航空
-,