『スタバタンブラー』と『ヒコーキ搭乗記』

実は『スタバタンブラー』、コレクションしています

日頃Twitterで交流させて頂いているヒコーキ関係のフォロワーさんのブログ、過去記事まで拝見するとスタバグッズのコレクターである事が判明!、これには驚きました・・・。実は、かく言う私もスタバグッズのコレクターなのです。。。専門(?)は海外のタンブラーになります。

自宅のスタバタンブラー

時計やアクセサリーはしない、靴も多くは持っていない、居住空間はできるだけミニマミストというあまり物欲がない私なのですが、唯一収集しているのがこれらなのです・・・。海外に縁を持つようになってから少しずつ買い集め、昨晩数えたら64本ありました。。。海外のタンブラーという事で、これらを買い求めて来た経緯には、どうしてもヒコーキが関連してくる訳なのですが、今回は一部のタンブラーとそれに関連する搭乗写真を絡めて、記事をアップしてみる事にしました。

Seattleタンブラー / PIKE PLACEタンブラー

アメリカ・シアトルはスタバ発祥の地。そのPIKE PLACEと呼ばれるマーケットの一画に1号店があるのは有名ですね。

スターバックス1号店

ちょっと見にくいですが、黒文字で『FIRST STARBUCKS STORE』と。

スターバックス1号店

こちらの名物は”Cup throwing”!右の白矢印のお兄さんがオーダーを受け、左の橙矢印のお姉さんがサーブしてくれるのですが、その間、メモが掛かれたコップは宙を舞います。百発百中なので思わず「ミスれ!」と思うほどです。。。

スターバックス1号店

おそらく世界中からスタバファンが集うのだと思います。私以外にも店内を撮影する方もいました。シアトルには1990年代から縁がありまして、ここで初めてスタバタンブラーを購入したのがコレクションを始める事になったきっかけです。

Seattleタンブラー / PIKE PLACEタンブラー

Waikikiタンブラー

初めてのビジネスクラスはJALでした。しかも【-400】でないジャンボ(おそらく【-300】だったかと・・・)で通称『リゾッチャ』! 『不快ラックス』と後の時代に揶揄する事になった『スカイラックス』ですが、初めてのビジネスクラスという事でこのシートに大興奮したものです。。。しかも隣が空席だった為、この時同時に隣席空席の快適性も覚えてしまいました・・・。

JAL B747-246?-346?:リゾッチャ ビジネスクラス/スカイラックス

そしてホノルルマラソンへの参戦で搭乗したのは【-400】。

JAL B747-446(K61)ビジネスクラス/スカイラックス

ファーストクラスはなく、JALのジャンボ史上最大の詰め込みコンフィグ【K61】。その1Aでした。

JAL(旧)ウェブサイトより

そんなハワイ・ホノルルで入手したのがこちら。4~5回行った中で、もはやいつの時買ったのかは失念してしまいました。。。

Waikikiタンブラー

Shanghaiタンブラー

上海へは今は亡きNorthworstwestの【-400】で行きました。当時のノースは東南アジアに以遠権を10~15路線ほど(うろ覚え)抱えていて、太平洋を飛んで来る-400、A330などは当時最新鋭のレイ・フラットシートを搭載していました。ですので上海へは少ないマイルで最新鋭のシートで渡航できた訳です。

ノースウエスト B747-451ビジネスクラス

羽田が再国際化する前のショボい国際線ターミナルから、虹橋に向かった際は、これまたJALジャンボのビジネスクラスでした。

JAL B747-446(K13)ビジネスクラス/スカイラックス

そんな上海で購入したのがコチラでした。まあ、コレはあまり珍しくはないですね・・・。

Shanghaiタンブラー

Hong Kongタンブラー / Macauタンブラー

香港へは「JALのジャンボが・・・、ツインフラットが退役する前に!」と搭乗したのが、『JAL SKYSLEEPER』と呼ばれるファーストクラスです。人生初のファーストクラスでした。

JAL B747-446(K13) ファーストクラス『JAL SKYSLEEPER』

B747-100の『スカイスリーパー』、今思うにシャワーがないだけで何気にエティハドA380のレジデンスに負けてないかもです。。。アッパーデッキからメインデッキに降りてきた事は、当時のF客からすれば、このシートは改悪・ダウングレードという事になるかもしれません・・・。

JAL(旧)ウェブサイトより

前述の上海線同様、【K13】というコンフィグでした。

JAL(旧)ウェブサイトより

この時に購入したのが、この2つのタンブラー。

Hong Kongタンブラー / Macauタンブラー

この時はマカオには行きませんでしたが、Macauタンブラーは香港に売っていました。近いからでしょうか? これ以降、その都市のタンブラーでなくても、近くの都市とかのが売っていれば購入するようになりましたので、コレクター度が一気に上がってしまった時だと言えます・・・。

Parisタンブラー / Lyonタンブラー / Marseilleタンブラー

パリへは『SKYSLEEPER』の進化版『JAL SKYSLEEPER SOLO』で。成田伊丹線・成田セントレア線のクラスJ扱いで搭乗を繰り返し、成田ソウル仁川線では開放席だったのでビジネスクラスとして搭乗。そのような”何ちゃってファーストクラス”体験を繰り返して、ようやく搭乗が叶った国際線長距離ファーストクラスでした・・・。

JAL B777-346ER(W73) ファーストクラス『JAL SKYSLEEPER SOLO』

機材は今でも運航されている77Wですが、その導入当初:JA731J~JA737Jまでの7機が、この【W73】というコンフィグでした。ジャンボの先端向けに開発したと言われる流線型の『JAL SKYSLEEPER SOLO』は77Wのキャビンにはフィットせず、明らかに無駄なスペースが多かったですね・・・。それでもクラスJ扱いで初めて座った時は大興奮でした。。。

JAL(旧)ウェブサイトより

この時、パリのシャルル・ド・ゴール国際空港で購入したのがこの3本。6時間ぐらいあった乗り継ぎ時間で、ターミナル1まで足を延ばし、スタバ店舗を探しまわってゲットしたものでした。

Parisタンブラー / Lyonタンブラー / Marseilleタンブラー

Frankfurtタンブラー他

パリからトゥールーズに渡り、エアバス社見学。帰国はフランクフルトからで、今度は初代『JAL SUITE』の搭乗となりました。

JAL B777-346ER(W82) ファーストクラス『JAL SUITE』

この頃は、W73をW83(新『JAL SUITE』や、C『JAL SKY SUITE』搭載のコンフィグ)に改修する作業が進んでいて、本来はJFK・ORD・LAX・SFOに入る、この【W82】というコンフィグがFRAに張り付いていました。1回の旅程で【W73】と【W82】の両方を搭乗するという、なかなか会心の発券だったと今でも思っています。。。

JAL(旧)ウェブサイトより

そんなフランクフルト国際空港の店舗で購入できたのが、当地フランクフルトを始め13都市のタンブラー!

Frankfurtタンブラー他

Frankfurtタンブラー他

CDG同様にランドサイドをくまなく散策しても店舗はあるもののタンブラーを発見出来ず、失意の内に出国。CXとJLのラウンジを体験し、搭乗口に早めに向かおうと思ったエアサイドで何と店舗を発見!! しかもFrankfurtだけでなく、何やらたくさん種類があります!(確か最初は6種類ほど)「コレクション、一気に増えたー!」と喜んだ訳なのですが、ミラクルな時にはミラクルな事をやらかす自分、何を思ったのか店員さんに「ストックヤードとかにこれ以外のデッドストックありませんか?」と質問していました。すると奥に引っ込んだ店員さんがニコニコしながら、無造作にたくさん(この時が7種類かな?)のタンブラーを抱えながら戻ってきたではないですか!!「おーいっ!、(こすれて)傷がつくぅ・・・!」とも焦りながらも「買えるの!?、全部買うよ!!」と私。店員さんが互いにこすれない程度にラッピングしてくれて、大きな紙袋1つにもまとめてもらえ、ミラクル体験を終えたのでした・・・。

Beijingタンブラー / Tianjinタンブラー

これは前回のエントリーでアップした、JALの787に乗りたくて北京(Beijing)に1泊で行った時に購入。

JAL B788(E01)ビジネスクラス

Tianjin=天津、のもありました。まあ隣の都市のようなものですしね。。。

Beijingタンブラー / Tianjinタンブラー

Shenzhenタンブラー

中国東方航空メインで上海・香港・深圳・台北を巡った時に、当時のMUのフラッグシップ:A346に搭乗する機会がありました。台北→上海で当初のA333からのまさかのシップチェンジ。席はエコノミーでしたが、FとCがガラガラだったのでFAさんにお願いしたら、あっさりシートの撮影OK。このころから「意外に悪くないね、MU」と思うようになりました。

中国東方航空 A340-642/B-6050

その時の深圳で購入したのがこのタンブラー。老街駅を降り、あまりの賑やかさで自分としては珍しく、現在地も分からないぐらい迷子になって、やっとの事で買えた思い出があります。

Shenzhenタンブラー

Guangzhouタンブラー / Foshanタンブラー / Dongguanタンブラー

『珠江デルタ』巡りと銘打って、上海・香港・マカオ・広州・仏山・東莞・深圳を徘徊。

深圳から広州は中国新幹線。広州から仏山は広州の電車圏内。広州から深圳に戻る途中、タンブラーの為だけに東莞で中国新幹線を途中下車。香港はベース、そして深圳を経由してちょろちょろ動き回りました。広州のスタバは『沙面』と言われる旧租界地で町並みが欧風チックな中にありました。何とも特徴的な店舗です!更にここでは沙面店限定のタンブラーもあったのですが、ヒコーキ搭乗と同様にコレクションでも頑ななポリシーを持つ自分・・・。収集するのは「都市」のタンブラーのみと決めつけているので、後ろ髪引かれる思いではありましたが、Guangzhou=広州タンブラーのみを購入して沙面店を後にしたのでした・・・。

広州・沙面スタバ

仏山スタバは簡単でしたが、東莞スタバは大変でした。。。まだVPNと現地SIM、更には百度地図を使いこなせておらずネットから遮断。更には予めチェックしていた場所と違うし、東莞駅からのタクシーの運転手も道も店も知らないし。道路状況に至っては地下鉄の工事真っ最中で大渋滞でした・・・。やっとの事で東莞タンブラーを購入して駅に戻ろうとするもタクシーの乗車拒否連発。中国新幹線に乗り込んだはいいが、有名なキセル路線で自席に誰か座ってるし、と・・・。

仏山スタバ

東莞スタバ

そんなこんなで入手した3本がコチラです。左から仏山/広州/東莞。

Guangzhouタンブラー / Foshanタンブラー / Dongguanタンブラー

余談ですが『特徴的な店舗』と言えば、ドバイにある『世界一美しいスターバックス』にも行ってみました。確かにこれがスタバとは思えませんが、美しいかどうかは・・・「???」なところです。

ドバイ・Ibn Battuta Mall店

Lisbonタンブラー

そして続くは『デルタ/スカイペソ祭』の時に発券して渡航したポルトガル・リスボン。

リスボンは世界遺産の地区:ベレンで店舗を発見。

リスボン・ベレン店舗

こうしてマグや国名タンブラーも並びますが、標的はシティタンブラーのみ!

リスボン・ベレン店舗

という事でのLisbonタンブラーです。ちなみにこのリスボンが自分で購入に行った都市では一番遠い場所になっております。

Lisbonタンブラー

Sao Pauloタンブラー / Rio de Janeiroタンブラー

自分ではリスボンが最果てでしたが、コレクションの中ではこれらブラジルシリーズが最果てとなります。地元の友人がANA・JALのWダイヤで世界を飛び回っておりました。ある日ブラジルに行くというのを小耳挟み、購入を依頼したら「土産でいいよ」という事でもらったものになります。友人曰く「ダイヤとか良く分からないの教えてもらって、俺もお陰で得してるから」と。ヒコーキマニアで良かった・・・と思っています。ちなみにこの友人は「ラウンジクーポンって売れるんだよ!」って言ってるのに、「いいよ、あげる」と6枚綴りももらったりしています。。。

Sao Pauloタンブラー / Rio de Janeiroタンブラー

Qatarタンブラー

これは”Phase1“でカタールを訪れた際・・・

購入してきました。本来はシティタンブラーしかコレクションしないのですが、それが元々から無い際にだけ国名のタンブラーを買うようにしています。

Qatarタンブラー

ちなみにシティタンブラーの有無は、こちらのサイトで調べています。

中には北米やオセアニアなどで製造中止になっているのもありますが、このリストを予めチェックして、現地でスタバ店舗に突撃しています。

そのスタバ店舗はスタバのサイトからおおよそを割り込んで、ストリートビュー(中国なら百度地図)で確認の上、足を運んでいます。

Hangzhouタンブラー

最後はHangzhou=杭州タンブラーです。

Hangzhouタンブラー

タンブラーでモデルとして記載されている観光地に実際に足を運ぶ事ができると、殊更嬉しく感じます、という例です。

当時はANAの直行便もなく、上海から中国新幹線で杭州を訪ねる事に。運悪く週末と重なり、また杭州では人と待ち合わせをしていましたので、念の為にと前日にキップを買いに上海駅に赴きました。それでも希望する時間帯では満席が多く、筆談で座席クラスを上げたり下げたりなどもして、苦労して席を確保したのを記憶しています。

杭州訪問~中国新幹線

杭州駅についても人が多くておち会うのに時間が掛かって苦労し、やっとの思いで訪れた西湖。そこは風光明美な世界遺産の湖で中国人にも人気の観光スポット。

その西湖のほとりに建つ『雷峰塔』という五重か六重かの仏塔、これがまさしく杭州タンブラーでプリントされていたものでした!

杭州訪問~雷峰塔

キップの手配から、人と合うまで、それはもうなかなか大変でしたが、杭州タンブラーを購入した時に「あっ!、登ったあの塔だ!!」となり、それは購入しただけではない、もう一つの達成感を感じたのを覚えています。

この杭州タンブラー以降、時間の問題もありますが、シティタンブラーに観光スポットが描かれている際は、前もってそのデザインをググって調べ、できるならそこも訪れてみたいと思うようになったのでした。

編集後記

『「ヒコーキに 乗る為だけに 旅をする」がライフワーク』なんて直前記事で言っときながら、「実はスタバタンブラーも目当てなんじゃん!?」なんて事になってしまいましたね・・・。でもまあ今回、フォロワーさんもスタバコレクターと知ってのカミングアウト的なものと捉えて頂ければ、ありがたいです。。。

ヒコーキだけでなく、他にも共通の話題が取れています。更にココに来てスタバグッズでも話が合いそうなので、これからをちょっとワクワクしています。もし万が一、オフ会とかでお会いする事があれば・・・、その可能性があるのであれば・・・、ご挨拶用に珍しいスタバグッズを仕込んでおくのもいいかな?と思い付きましたので、これからはそれを頭に入れて旅をしようと思います!!!

スポンサードリンク

-その他
-