ファーストクラスが実質貸切状態で、CAさんからの厳しいマークに遭う【ANA 77Wファーストクラス】NH211:東京/羽田(HND)-ロンドン/ヒースロー(LHR)

ANA 77W(B777-381ER)古い方のファーストクラス

2019年3月、タイ国際航空の【A380と『ジャンボ』のファーストクラス】を乗り比べる旅。

 

ボーディング

欧州まではANAのロンドン線で乗り込みます。今は新ファーストクラス【The Suite】を搭載する機材が投入されていますが、この時はまだ古い方のファーストクラスを搭載した機材

NH211便

機材:B777-381ER、Ship No. JA792A

B777-381ER / JA792A

搭乗時、L1ドアのシリアルナンバープレート。

シリアルナンバープレート

そして大分見慣れてきた古い方のファーストクラス。

ANA 77Wファーストクラス

ANA 77Wファーストクラス

特典航空券なので、身分をわきまえて2列目で。2Kとなります。

ANA 77Wファーストクラス

するとこの日のファーストクラスの乗客はたったの2名のみとの事・・・。ビジネスクラスやエコノミークラスまでもガラガラだというのです。搭乗時にご挨拶に来て頂いたチーフさん曰く「非常に珍しい事です・・・」と。私もそう思います。。。

ANAファーストクラス ウェルカムサービス

しかも前の1Kの方はシートベルトサイン消灯後からずっとお休みで、本当にずっと休んでいて着陸前にクルーさんに起こされるほど。お陰でファーストクラスが実質貸し切り状態となってしまい、久々にフライト中ずっとクルーさん方から厳しいマークに遭う羽目に。。。「向こう側の通路を歩いてるけど、こちらの様子を伺ってるな・・・」と感じられたりしました。。。

ANAファーストクラス ウェルカムサービス

この3月からコチラのアメニティに変更になっていました。

ANA 77Wファーストクラス

担当して下さったクルーさんから枕カバーも変わったと聞いたのですが、これはちょっとピンと来なかったですね・・・。

ANA 77Wファーストクラス

そんなお話しを聞いたものですから、「こんなトコにも(花)飾るようになったのかな?」と思って撮影したところです。

ANA 77Wファーストクラス

歌舞伎のセーフティデモを見たのもこの時が初めてでした。

ANA 77Wファーストクラス

 

機内食1回目

上がってからの”KRUG”は1杯だけ頂きます。

ANAファーストクラス ドリンクサービス

ANAファーストクラス ドリンクサービス

日本発なのに機内食メニューの方に記載されるようになったアミューズ。

ANAファーストクラス ドリンクサービス

KRUGはやはり自分には辛いと思ったので、もう1本へ。

ANAファーストクラス ドリンクサービス

こちらでも辛く、相変わらずシャンパンに選ばれない自分が残念に思えます。

ANAファーストクラス ドリンクサービス

1回目の食事は和食。

ANAファーストクラス機内食

ですので日本酒を頂く事に。

ANAファーストクラス ドリンクサービス

お酒も詳しくはありませんが、口当たりがよく、シャンパンより飲みやすくあります。

ANAファーストクラス ドリンクサービス

先附と前菜。

ANAファーストクラス機内食

煮物椀、だそうです。

ANAファーストクラス機内食

向附 昆布締めの鯛と帆立貝柱でした。

ANAファーストクラス機内食

主菜、広島産の神戸牛だそうです・・・。神戸牛って名乗ってもいいのですね。。。

ANAファーストクラス機内食

そしてご飯と味噌汁。

ANAファーストクラス機内食

あんみつで〆となりました。

ANAファーストクラス機内食

こちらは担当クルーさんからのお心遣い。前述の通り、前の席の方はずっとお休みでしたら、クルーさんも時間を持て余していたのでしょうね。。。

ANAファーストクラス機内食

今度こそ1回目の食事の〆となったのでした。

ANAファーストクラス ドリンクサービス

 

ベッドポジション

いつの間にか日本海を越え、シベリアに入っていた模様です。

機窓より~シベリア上空

食事を終えたら、あとは休むのみ。

ANA 77Wファーストクラス

ガラガラの機内ですから、ベッドはお隣の2Gを使わせて頂くことに。「向こう側(左側の通路)に作りましょうか?」なんて冗談?を言われてしまうほど・・・。

ANA 77Wファーストクラス

 

機内散策

ベッドをお願いしている間、機内散策へ。右主翼のShip No.。相変わらず77Wのレイクド・ウイングチップには目を見張るものがあります。

Ship No. JA792A

ビジネスクラス専用の機内ラウンジ。前述の通り、ビジネスクラスもガラガラな訳なので、陳列が寂しくはありますがこれで充分なのでしょう。

ANA 77Wビジネスクラス用機内ラウンジ

そしてコチラがファーストクラス専用の機内ラウンジ。ちなみにチョコを食い散らかしたのは私ではありません・・・。

ANA 77Wファーストクラス用機内ラウンジ

この後自席に戻り就寝したのでした。

 

機内食2回目

6時間以上就寝できました。起床してしばらくたった後の2回目の食事。クルーさんの計らいで軽食ではなく、1回目のフルの洋食を頂ける事に。

ANAファーストクラス機内食

アペタイザー:愛美寿真鯛のマリネとボタン海老のタルタル

ANAファーストクラス機内食

宮崎キャビア1983

ANAファーストクラス機内食

ガーデンサラダ

ANAファーストクラス機内食

コーンスープ

ANAファーストクラス機内食

メイン:ラパンとオマール海老のバロティーヌ

ANAファーストクラス機内食

3種のアイス ジュレソース掛け

ANAファーストクラス機内食

ANAスペシャルティコーヒーセレクション/ホットコーヒー

ANAファーストクラス ドリンクサービス

ただ6時間寝ていただけなのに、完食させて頂きました・・・。

 

ロンドン到着

食後、到着までのしばらくの時間、チーフさんとお話しさせて頂く機会がありました。時おりしもA380のホノルル就航を2ヶ月後に控えた時期でしたので、それはもうトレーニングが大変だったそうです。あと「このレベルでファーストクラスを担当させるの?!」と身内に懸念があるとの事でした・・・。A380の3機だけではなく、ANAは77Wを積極的に導入し、新規路線でファーストクラスを投入して来たわけですから、さぞかしCAさんのレベルアップも急務だったのでしょうね・・・。

ANA 77Wファーストクラス

そしてヒースロー名物の上空旋回からの着陸ルート。ロンドン市街地上空をパスしますから、天気に恵まれた日の眺めは最高です。

機窓より~ロンドン上空

ロンドン到着後はミュンヘンにBAで向かうべく、ターミナル5へ移動するのでした。

 

搭乗を終えて・・・

機内ガラガラというのは航空会社にとっては好まざる状況でしょうが、乗客にしてみればゆっくりと過ごすことができますのでありがたい限りです。チーフさんがおっしゃったようにANAでは稀なことかと思いますが、それに運良く遭遇できましたので今回もヒコーキの神様に感謝するばかりです。それにしても最近はビジネスクラスもダイレクト通路アクセスが一般的になっていて、ファーストクラスのようなソロシートですから、空いてるからといって以前みたいに隣も占有して寛ぐ、という事も無くなりました。ですので機内ガラガラで受ける恩恵が一番大きいのは、エコノミースリーパーが可能になるエコノミークラスなのかもしれませんね。

 

-NH:ANA
-,

エミレーツB777-300ER 新ファースト(新『プライベートスイート』)