カンタス最新鋭ビジネスクラス【A332ビジネススイート】QF140:オークランド(AKL)-シドニー(SYD)

カンタスA332ビジネスクラス【ビジネススイート】

昨年7月のシンガポール航空:最新スイート”New A380 Suites”に乗る為の旅。

シドニーからは別切りの特典航空券でオークランドまで来ていましたが、帰国の為に先ずはシドニーまで戻ります。今回もBAアビオス:20,000というのは同じですが、諸費用は5,090円

今回もB738という単通路機が嫌という理由で、A332がアサインされているフライトを選びました。今のところカンタスでこの最新鋭のビジネスクラス【ビジネススイート】を搭載しているのは、A330とB789のみ。

カンタスのウェブサイトより

カンタスのウェブサイトより

カンタスのウェブサイトより

この機会に搭乗できたのは良かったのですが、早朝6時50分発は辛い・・・。ちなみにオークランドの市街地のバスは3時発というのに乗って空港にやってきています。。。

カンタス140便

往路同様、【ビジネススイート】搭載のA332。やはり窓側席だからサイドテーブルが小さい仕様になっています。

カンタスA332ビジネスクラス【ビジネススイート】

これまた往路同様、1~3列目がブロックで、乗客も少なそうでしたら、事前座席指定そのままの4Kとしました。Kなのはいつも通り太陽の位置を考慮しての事です。

カンタスA332ビジネスクラス【ビジネススイート】

カンタスA332ビジネスクラス【ビジネススイート】

1年前の7月搭乗という、例によって周回遅れでありますので、機内メニューの拡大は省略。。。

カンタスビジネスクラス 機内食メニュー

カンタスビジネスクラス 機内食メニュー

カンタスビジネスクラス 機内食メニュー

カンタスビジネスクラス 機内食メニュー

さすがにこの時間なので、アルコールは控えます。

カンタスビジネスクラス ウェルカムドリンク

日本に住んでいるとこの距離感がよく分からなかったのですが、今回、シドニーとオークランドの間は、思いの外離れているという事を知りました。約3時間のフライトですから、東京から台北までの距離に相当するようです。

カンタスA332ビジネスクラス【ビジネススイート】

上がってからのドリンクサービスもノンアル。担当のクルーさんは日本語上手な長身パーサーさん。搭乗時はA側にいたのですが、私が日本人だと分かりK側の担当を代わってくれたようです・・・。ありがたい限りです。

カンタスビジネスクラス ドリンクサービス

先程ラウンジで茶色いものばかりの朝食を摂っていますから、機内ではメインが彩り豊かな”Seasonal fruit plate”でバランスが丁度良いぐらいです。

カンタスビジネスクラス 機内食

“FIX coffee”

カンタスビジネスクラス ドリンクサービス

搭乗時に気になっていた、カンタスのコーポレート・ロゴ。Aコン最後尾の壁になるのですが、ヒコーキマニアゆえにどうしてもこういうのに目がいってしまいがち。。。

カンタスA332ビジネスクラス【ビジネススイート】

あとエンジンも目に入ったりすると眺めてしまいがち。。。

CF6-80E1エンジン

そろそろSYD着という頃に・・・、

カンタスA332ビジネスクラス【ビジネススイート】

シドニー市街地?が眼下に広がりました。

機窓より

そして一度SYD上空もパス。K側にしておいてよかった。

機窓より

A380(っぽいの)が降下しているを眺めた後で、搭乗機も続くように右に旋回。そして無事にSYDに到着・・・、

機窓より

降機するのでした。やっと明るいところでA332を眺める事ができました。

A330-202 / VH-EBS

往路は最終便、この復路は始発便で早朝発で大変でしたが、カンタスの最新鋭ビジネスクラス【ビジネススイート】搭載のA332を選んで良かったです。

スポンサードリンク

-QF:カンタス航空
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

エミレーツB777-300ER 新ファースト(新『プライベートスイート』)