【JAL B789(E91)『SS9Ⅱ』ビジネスクラス】JL740:デリー(DEL)-東京/成田(NRT)

2018年11月、ルフトハンザA380のファーストクラスに搭乗する為の旅。

目的を果たしデリーから帰国の途へ。ASマイルで発券したJALビジネスクラスでの帰国です。ブーメランは翌年1月のバンコク線で、25,000ASマイルという弩定番。諸費用は往復になるので、$42.5ドルでした。これでも充分に安いぐらいですが、今月遂に塞がれちゃいましたね・・・。

B787-946/JA870J

Ship No. JA870J

B787-946/JA870J

夜20時過ぎ発、翌朝8時前着という深夜便のフライト。

JL740便

ファーストクラスでもないし、日系ですから、『他の乗客がいないキャビンを撮影する』というルーティンの必要はないのですが、思いの外エメラルドメンバーがL2ドアに吸い寄せられていったので、誰もいない気味のキャビンを撮影する事ができました。

JALビジネスクラス / JAL SKY SUITE Ⅲ

ビジネスクラスのシート【JAL SKY SUITE Ⅲ】のリバースヘリンボーンタイプ。しかしながら時刻表などでは【SS9Ⅱ】と表記されています。【JAL SKY SUITE (Ⅰ)】を搭載している『E71』というコンフィグで【SS9】というのもありますから、区別する為でしょう・・・。それにしてもJALのコンフィグはまた増えてきましたね。倒産する前はコンフィグが多岐に渡っていましたから、また資金の無駄遣いが始まっていないか?とついつい余計な心配をしてしまいます。。。

JALビジネスクラス / JAL SKY SUITE Ⅲ

自席はコチラでしたので・・・、

JALビジネスクラス / JAL SKY SUITE Ⅲ

前にはバシネット用のスペースがあり、更には・・・、

JALビジネスクラス / JAL SKY SUITE Ⅲ

他席より足元が大幅に広くなっていました。これでしたら最前列を指定したくもなります。

JALビジネスクラス / JAL SKY SUITE Ⅲ

上がってからのドリンクサービスではシャンパンを。

JALビジネスクラス ドリンクサービス

『シャルル・エドシック ブリュット』

JALビジネスクラス ドリンクサービス

JALビジネスクラス ドリンクサービス

ドリンクサービスが終わった頃、Aコン後方で「すみません!」という男性の声が響きました。察するにお隣さんに何かをこぼしてしまったようです。白服さんがすっ飛んで行って、被害を受けた乗客のシャツを抱え、前方カーテンの中へ消えていきました・・・。

そんな事態を目の当たりにして「この満席のAコンを二人で回すのか!?」と何故か私が危機感を覚えます・・・。元々Aコン満席のC客28名を白服さんを含め3名のクルーさん方で回すはず。しかしながら白服さんが事態の対応に専念する事になったので、残された2名で回す事態に迫られた訳です。

必然と、通路ごとに担当するエリアが決まったようで、こちらのA・D側はTさんのご担当。とは言え、さすがに国際線のCを担当するだけあって、何事もなかったように機内食のサーブを続けています。更にさすがだったのが、私のシャンパンが空いているのも見逃さず、追加ドリンクのオーダーを取ってくれます。

状況を察して、声を掛けるのを憚られている私にはとてもありがたい洞察力です。

Tさん
お飲物をお持ちしましょうか?
芋焼酎の炭酸水割りをお願いします
Tさん
はい!、水割りですね!
あ、いえ、炭酸水・・・。
Tさん
あ、ヤだ、私ったらっ!

と、両手で頭を抱えるというベタなポーズでTさんは恥ずかしがりながら前方カーテンに姿を消して行きました・・・。(さすがにテンパってるんだな・・・)と思った私ですが、実はこれが素である事に今はまだ気付く由もありません・・・。

JALビジネスクラス ドリンクサービス

食事は和食をお願いする事に。

JALビジネスクラス 機内食

JALビジネスクラス 機内食

食事を終えたところでトイレへ。順番待ちだったので通路で待ちぼうけしていると、Tさんがせっせとトレイをカートへ仕舞う片付けをされていました。このB789のギャレー、一般的な小部屋となっていて通路から隔てられているギャレーではなくて、通路に面しているギャレーですので、クルーさん方も使い勝手が悪そうです。。。それよりも何よりも、結局お二人でC客28名をやっつけてしまった訳なので、労いではないのですが、声を掛けさせてもらう事に。

お二人で大変でしたね・・・。
Tさん
いえ・・・。
Tさん
でも個人的にデリー線は一番大変だと思うんです・・・。
Tさん
直ぐに機内食出さないといけないですから!もう!
(そのホンネ、客に言っちゃいますか・・・!?)

そういってTさんはキャビンに戻っていきました。発言の3番目、心の声がついつい漏れてしまったのには気付いていないのか?・・・。それとも労いを嬉しく思って頂いての心からの声だったのか・・・? ともあれ、この辺りからTさんがタダ物でないという事を察し始めます。。。

トイレの後はペットボトルの水をもらって就寝。

JALビジネスクラス ドリンクサービス

3時間半ほどして目が覚め、朝食となります。『日本到着前の軽食~ご朝食として~【お弁当】』となっており、おにぎり2つに・・・、

JALビジネスクラス 機内食

フルーツ・おかず・味噌汁の陣立てです。

JALビジネスクラス 機内食

周りより先に朝食を終えると、Tさんが右側:G・Kを担当していたEさんと二人で席まで顔を出してくれました。

Tさん
これ、JALのおにぎりです!
いや「おりがみ」では???
Eさん
Tさんっ!「おりがみ」ですっ汗
Tさん
(しゅん・・・。)

JALビジネスクラス / JAL SKY SUITE Ⅲ

直前まで『おにぎり』を配っていた訳ですから、Tさんの気持ちも分かりますが、思いっ切り笑わせてもらいました。そこへ間髪入れずEさんが・・・、

Eさん
Tさんはいつもこんな感じで笑わせてくれるんですよ。
Tさん
(てへ・・・)
(やっぱり天真爛漫なのか・・・。)

どうやらEさんの方が年下のようでしたが、全くフォローになっていないけど良好な関係を垣間見る事ができて、とても微笑ましく感じます・・・。そしてようやくTさんがてんね・・、天真爛漫なタイプである事を理解したのです。

「この『整備士→ひこうき』がどうしてもできないんです!」という事でしたが、程無くして完成・・・。Tさんに「できました」と申告。

JALビジネスクラス / JAL SKY SUITE Ⅲ

するとEさんと二人して来て「なんでできたの!?」風で私の席に留まり、紙ヒコーキを手に取っては、まじまじと眺める始末です・・・。

(いや、あなたたち、仕事・・・)とまた私が心配するほど自由なふるまいで、おおよそ『きっちり』『かっちり』したJALのCAさんイメージからは遠く思えます、特にTさん。。。

でもでも白服さん不在時にしっかりと仕事をこなした訳ですから、こういうギャップがあってもいいのかもしれないと感じながら、折り方を説明させてもらうのでした。

JALビジネスクラス / JAL SKY SUITE Ⅲ

これ以前、白服さんから叱られるという事があったのですが、こうした特徴のあるクルーさんに担当してもらいますと、また次回のJALの搭乗が楽しみになります。来年にまたデリー線に搭乗する事になりますので、願わくばTさんとEさんにまた担当して頂きたいところですが・・・・、この搭乗から2年経過した事になるので、さすがにもう同じフライトチームではないのかもしれません。。。

 

-JL:JAL
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

エミレーツB777-300ER 新ファースト(新『プライベートスイート』)