ルフトハンザ【A380ファーストクラス】LH760:フランクフルト(FRA)-デリー(DEL)

ルフトハンザ【A380ファーストクラス】

2018年11月、ルフトハンザ:A380ファーストクラスに乗る為の旅。ANAマイルで発券した場合、通常2週間前にならないとルフトハンザのファーストクラスは落ちてこない、と言われていましたが、2018年4月頃に2週間前にならなくても、もっと先の日程でファーストクラスを予約できるという時期がありました。私もご多分に漏れず、今回のA380と2019年3月のB748のファーストクラスを発券しておりました。A380は就航先が様々あったものの、フランクフルト発ではめる事ができたのは、何とデリー行きのみ・・・。という事で、オンラインでビザを取得しまして、無駄にインドに向かう事になりました。まあデリーからはASブーメランが使えるし、3カ月後にバンコクに行く用事があったから、デリー線でもまた善しという事になりました・・・。

ルフトハンザが誇る【ファーストクラスターミナル】はB748の時に回すとして、今回は【ファーストクラスラウンジ】の方を満喫して、いよいよ搭乗する運びとなります。

 

ルフトハンザ ファーストクラスリムジンサービス

ラウンジからは専用車で搭乗機へ

ルフトハンザ ファーストクラスリムジンサービス

利用者は5名。インド系のご夫婦一組に、白人男性2名と私。後ろにキツキツで乗るよりは、雰囲気的に私一人あふれている感があったので、ドライバーさんにOKをもらってすかさず助手席に乗り込みます。

ルフトハンザ ファーストクラスリムジンサービス

狙い通りの眺めを獲得!

ルフトハンザ ファーストクラスリムジンサービス

エアーカナダのA350・・・、

ルフトハンザ ファーストクラスリムジンサービス

タイ国際航空のA380、と空港の滑走路ツアーみたく、ヒコーキをかなり身近に眺める事ができます。マニアにはたまりません。。。

ルフトハンザ ファーストクラスリムジンサービス

ルフトハンザのA380が見えてきました。

ルフトハンザ ファーストクラスリムジンサービス

ドライバーさんに「あれですか?」と尋ねたところその通りだったようで、すかさずシップナンバーを記録、『D-AIMM』。

ルフトハンザ ファーストクラスリムジンサービス

偶然にも【Delhi】号。ヒコーキの神様に感謝したくなります。

ルフトハンザ ファーストクラスリムジンサービス

なかなかヒコーキをグランドレベルで眺める機会はないので、A380の大型機材ぶりが身に沁みます。そして単純にそのデカさに興奮してしまう有様のマニアです。。。

ルフトハンザ ファーストクラスリムジンサービス

 

ボーディング

PBB内のエレベーターで上階へ。

ルフトハンザ ファーストクラスリムジンサービス

エレベーターがガラス張りなのもマニアには嬉しいところです。

ルフトハンザ ファーストクラスリムジンサービス

降りてからは躊躇うことなくアッパーデッキに連結されているPBBを進みます。

ルフトハンザ ファーストクラスリムジンサービス

ドライバーさんが先導してくれています。F客と言えど、他社特典の身である私としましては、身分をわきまえつつ殿を務めております・・・。

ルフトハンザ ファーストクラスリムジンサービス

そして漸くのシップサイド。いよいよ、この旅の目的であるルフトハンザのA380に搭乗します!

ルフトハンザ ファーストクラスリムジンサービス

UL1ドアから入り、手前の通路を左に折れたところ直ぐにあるサイン。ファーストクラスへの期待が膨らみます・・・!

ルフトハンザA380ファーストクラス

そしてやっと対面する事のできた、ルフトハンザA380ファーストクラス

ルフトハンザA380ファーストクラス

オープンタイプのシート。

ルフトハンザA380ファーストクラス

自席は相変わらずキャビン後方でコチラになります。

ルフトハンザA380ファーストクラス

ルフトハンザA380のファーストクラスは、アッパーデッキ最前方1-2-1のコンフィグで2列計8席。このフライトは8席全てが埋まっていました。

ルフトハンザA380ファーストクラス

キャビン前方のサイン、こういったものがまた搭乗できた感激を高めてくれます。

ルフトハンザA380ファーストクラス

すると突然、機長さん(袖が4本より推測)が登場! F客8名に対してスピーチが始まりました!! 今まで一人一人に機長さんが話しかける事態に遭遇はしても、このようなスピーチなんて事はなかったので、驚かされましたね・・・!

ルフトハンザA380ファーストクラス

 

シート

機長さんのスピーチが終わったところでシート周りをチェックしていきます。

ルフトハンザA380ファーストクラス

ルフトハンザは真紅のバラなのですね。葉っぱのトゲトゲは稲妻のようです。

ルフトハンザA380ファーストクラス

モニターはあまり大きくはありません。しかしながら日本語の選択も可能。そう言えば、以前は成田に乗り入れていましたよね、A380。

ルフトハンザA380ファーストクラス

その位置だとモニターに掛かってしまうかと思うのですが・・・、きっと直ぐに担当クルーさんが預かってくれるのでしょう。

ルフトハンザA380ファーストクラス

とても秀逸だと感じるのがこのオットマン!

ルフトハンザA380ファーストクラス

手元のコントローラーで手前にスライドしてくれるのです!

ルフトハンザA380ファーストクラス

中は言わずものがな収納です。

ルフトハンザA380ファーストクラス

昨今のファーストクラスシートと比較しますと、シャープとか煌びやかとは程遠い、それどころかむしろ無骨と感じられるシート。「これがルフトハンザの媚びない姿勢か!?」など思いながらの座り心地は抜群・・・!

ルフトハンザA380ファーストクラス ウェルカムサービス

ヘッドポジションでは通路側のスクリーンを上げて、プライバシーを確保できる仕組み。

ルフトハンザA380ファーストクラス

ルフトハンザA380ファーストクラス

シート左手は収納力抜群。

ルフトハンザA380ファーストクラス

シートの窓側最前方にはテーブルが収納され・・・、

ルフトハンザA380ファーストクラス

その手前にドリンク等のトレイ。テーブルの開閉に関与しない固定式でよろしいです。

ルフトハンザA380ファーストクラス

その下にシートポケット。

ルフトハンザA380ファーストクラス

更に手前に来て、左アームレスト内にIFEのコントローラー。

ルフトハンザA380ファーストクラス

左アームレスト下に諸端子など。特に電源が手元に近く、これは個人的に大好きな仕様。

ルフトハンザA380ファーストクラス

そして右アームレスト内のシートのコントローラー。

ルフトハンザA380ファーストクラス

そうしている間にウェルカムサービスが始まりましたので・・・、

ルフトハンザA380ファーストクラス ウェルカムサービス

シート周りの撮影をひと休み。

ルフトハンザA380ファーストクラス ウェルカムサービス

LHでもちゃんとおしぼりが出ますね。

ルフトハンザA380ファーストクラス ウェルカムサービス

続いてアメニティなどの提供。

ルフトハンザA380ファーストクラス

ルフトハンザA380ファーストクラス

ルフトハンザA380ファーストクラス

シート周りの撮影を再開。シートポケット内の安全のしおり。

ルフトハンザA380ファーストクラス

占有する窓は3つで・・・、

ルフトハンザA380ファーストクラス

ブラインドはA380でよく見かける電動仕様で・・・、

ルフトハンザA380ファーストクラス

それぞれが独立して作動させる事が可能です。

ルフトハンザA380ファーストクラス

シート周りの撮影を終えました。そしてヒコーキもいよいよデリーに向かいます!

ルフトハンザA380ファーストクラス

 

機内食

新塗装というところまで、実機を忠実に反映しているので、ヒコーキマニアとしてはルートマップを眺めるのも楽しくなってきます。

ルフトハンザA380ファーストクラス

上空に達するとクルーさん方の動きを察しまして・・・、

ルフトハンザA380ファーストクラス

テーブルを引き出すところまでは自分でセットします。

ルフトハンザA380ファーストクラス

ここらは担当のクルーさんにお任せします。

ルフトハンザA380ファーストクラス 機内食

ちなみに担当のクルーさんは日本大好きという初老の方。こんな路線に日本人が搭乗しているのに驚かれてしまいましたが、「A380が成田から撤退したから、大好きな日本へのフライトがなくなったわ!」とすごく残念そうでした・・・。

ルフトハンザA380ファーストクラス 機内食

ウェルカムサービス時と同様でシャンパンは・・・、

ルフトハンザA380ファーストクラス ドリンクサービス

ローランペリエのグラン・シエクル。

ルフトハンザA380ファーストクラス ドリンクサービス

パンは無難そうなのだけ頂きます。

ルフトハンザA380ファーストクラス 機内食

そしてキャビアの時間。担当のクルーさんがせっせと盛りつけてくれたのは・・・、

ルフトハンザA380ファーストクラス 機内食

今までのどのエアラインよりも多く、食べ応えのある量・・・!

ルフトハンザA380ファーストクラス 機内食

“Caviar with the traditional Garnishes”

ルフトハンザA380ファーストクラス 機内食

更に前菜の”Halibut, curried Apple Mash, Walnut Pesto, Celery Salad”

ルフトハンザA380ファーストクラス 機内食

そしてメイン。「ステーキ!」とか「ロブスター!」とかはなく、鶏肉とかシーバスとかで、残念ながら長距離路線でないデリー線は厚遇されていない感。。。残る選択肢はふたつで、そのふたつとも”Curry”の文字が・・・。一方はインド風で、これから行くからわざわざ機内で食さなくとも・・・と回避。大好きな”Mutton”と”Lamb”の単語が含まれる方のカレーを選んでみたら、こうなりました。

ルフトハンザA380ファーストクラス 機内食

Indian Basmati Coconut Rice

ルフトハンザA380ファーストクラス 機内食

Savory Lamb Stew with Chili, creamy Ragout of Carrot and Kenya Beans.

ルフトハンザA380ファーストクラス 機内食

Andhara roasted Mutton

ルフトハンザA380ファーストクラス 機内食

Yellow Lentil Ragout with curry Leaves and Chili

ルフトハンザA380ファーストクラス 機内食

見た目ほど悪いものではありませんでしたが、メインとしては物足りなくもありました。

そんな私を見透かしたのか?ベテランの担当クルーさんからデザート攻勢が始まります。まず、Dessert “Hazelnut Chocolate Kulfi” Indian Hazelnut Chocolate Ice cream with Fresh fruits.

ルフトハンザA380ファーストクラス 機内食

そしてメニューを把握しきれていない私にまたアイス・・・。”Virgin Colada” Caramelized Pineapple, Chocolate Ice Cream

ルフトハンザA380ファーストクラス 機内食

更に「チーズ(プレート)は?」の問いに満腹でお断りしたところ、代わりにチョコレートを勧められる事に。。。F客8名で満席だというのに、細かい心遣いが嬉しいので、頑張ってティラミスのだけを頂いておきました。

ルフトハンザA380ファーストクラス

食後はWi-Fiでネットの時間。

ルフトハンザA380ファーストクラス

 

機内散策

例によってベッドをお願いしている間に機内散策へと赴きます。こちらは前方階段と正対する壁面。だいたいどのキャリアもこうしてコーポレートロゴを掲げていると事が多いですね。マニアとしてはこういうのでテンション上がります。そしてルフトハンザ・A380ファーストクラスもオーバーヘッドビンがありません。

ルフトハンザA380ファーストクラス

アッパーデッキ最前方、前方階段の両脇はWCとなっています。2つのWCはシンメトリー。

ルフトハンザA380 ファーストクラス専用WC

ルフトハンザA380 ファーストクラス専用WC

ルフトハンザA380 ファーストクラス専用WC

これまた例によって、引き出しや取っ手があれば、開けずにはいられない性分。。。

ルフトハンザA380 ファーストクラス専用WC

ルフトハンザA380 ファーストクラス専用WC

ルフトハンザA380 ファーストクラス専用WC

ルフトハンザA380 ファーストクラス専用WC

ルフトハンザ・A380ファーストクラス専用WCの最も驚くべきところは、その広さでも、アメニティの豊富さでもなく、何と男性用のが別であるところ! そして欧州仕様なので高さが高い!! 180センチほどある私でも高いと感じるので(海外あるあるですね)、1回試しで利用するだけに留めておきました。。。

ルフトハンザA380 ファーストクラス専用WC

メインデッキへの前方階段。今回は降りる事はせず。

ルフトハンザA380ファーストクラス

そしてオーバーヘッドビンがない代わりに、準備されている1人ずつのロッカー。左側通路4名のF客で言うと、1A分のみ席の前方にあり、のこり3席の分は私の2Aの席の後方に3つ並んで設置されています。

ルフトハンザA380ファーストクラス

女性なら入れるほどのスペース。ハンガーもファーストクラスに相応しい木製のもの。

ルフトハンザA380ファーストクラス

搭乗時、左前方(ファーストクラスキャビン)ばかり気にしていて、UL1ドアのところに①コーポレートロゴ、②シップナンバーのプレート、があるのをすっかり見逃していました。

ルフトハンザA380ファーストクラス

ルフトハンザA380ファーストクラス

ファーストクラスキャビン周り程度に納めておく機内散策でした。

 

ベッドポジション

個室タイプではないですが、4時間弱休む事ができました。

ルフトハンザA380ファーストクラス

ルフトハンザA380ファーストクラス

 

デリー到着

8時間弱のフライトでしたので、さすがに2回目の機内食まではいけず、あっという間にデリーに到着です。

ルフトハンザA380ファーストクラス

他の7名の方々はUL1ドア方向に集っていましたが、自分だけは一人、ファーストクラスキャビンに残って、「専用車での送迎、ヒコーキ間近に見れて良かったなー!」とか「キャプテンのスピーチがウケてる訳が俺には分からなかったな・・・」とか、更には「キャビア大盛だったなー!」などと暫し搭乗の余韻に浸ってから、後ろ髪を引かれる思いでひとり、後から降機するのでした。

 

搭乗を終えて・・・

ここ数年来「どうやって搭乗しよう・・・。」とずっと考えていたルフトハンザのファーストクラスでありましたが、今回は思いがけない幸運に恵まれ、搭乗する事ができました。本当にヒコーキの神様に感謝するばかりです。そして特典搭乗のハードルが高い分だけ、搭乗の期待値も高まるというもの。その期待を裏切らない、ルフトハンザのA380ファーストクラスはさすがでした。コアなファンがいるのも納得です。この約5カ月後、今度はB748のファーストクラスで羽田線という長距離線に搭乗する事になっていましたから、更なる大型機材への搭乗へ期待にするのでした。

ルフトハンザA380ファーストクラス

-LH:ルフトハンザドイツ航空
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

エミレーツB777-300ER 新ファースト(新『プライベートスイート』)