SQスイートでサプライズ!【シンガポール航空A380『スイート』】SQ833:上海/浦東(PVG)-シンガポール(SIN)

シンガポール航空 A380スイート(オールドタイプ)

昨年7月のシンガポール航空:最新スイート”New A380 Suites”に乗る為の旅。

 

発券地の上海/浦東にはJALで到着。

 

中国国際航空のファーストクラスラウンジに立ち寄ってからの出発となりました。

搭乗できているだけも大感激のSQスイート。そんなSQスイート搭乗中に、よもやこんなサプライズを仕掛けられていようとは・・・。

 

チェックイン

ラウンジとは前後しますが、スイート専用のチェックインカウンターへ。

シンガポール航空 スイート用チェックインカウンター@PVG

「その新しい方ではないんだけどね?」と心の中でツッコミを入れつつも、既にこの時点で子どものようにワクワク・ドキドキしている私です。。。

シンガポール航空 スイート用チェックインカウンター@PVG

しかしながら、そんな私の期待や緊張はお構いなしと、電話を止めない中国人SQスタッフ。チェックイン時にプライベートのルームのインビテーションを依頼するも、ぶっきらぼうに「ない」と断られる始末。「スイート(のチェックイン)にしてはハズレだな。」と思って、搭乗券を受け取ると私もぶっきらぼうに退散。しかし今思うと、このスタッフさん以外、後に起きるサプライズの仕掛人は考えられず・・・。悪態付いてスミマセンでした。。。

シンガポール航空 スイート用チェックインカウンター@PVG

 

ボーディング

中国国際航空のファーストクラスラウンジに滞在後、搭乗ゲートへ。予定通りのA380、これまた予定通りの旧スイート搭載機である事を確認。A380である事は安堵ですが、旧スイート機材搭載である事は少々複雑。と言うのも、復路で新スイートに搭乗する事にはなっていますが、良い方へのシップチェンジでいち早く新スイートを体験しておくのも悪くはない、と思っていたからです。

A380-841 / 9V-SKI

とは言いましてもこのSQ833便のスイート、前もってド満である事は分かっていましたので、スイート席が減る事になる新機材へのシップチェンジはありえませんよね。。。

SQ833便

優先搭乗は一括り。しかしながら列に並んでの搭乗券チェックの際に、別のレーンの先頭へと誘導してもらえました。おそらくシンガポール航空と同じスタアラの中国国際航空のスタッフかと思います。良い仕事をしてくれています。

シンガポール航空 搭乗口優先レーン@PVG

先頭に回してもらえた事で「真っ先にキャビンに飛び込める!」と嬉しく感じ、同時に搭乗の興奮と緊張も高まってきました・・・! そして搭乗開始の時刻が到来。旧スイートはメインデッキの前方という事で、サインに従いPBBの分かれ道を左へ!

シンガポール航空 搭乗口@PVG

興奮、そして緊張しつつL1ドアから機内に飛び込みますと、真っ先にこのプレートが目に入ります。これは後でもいいと思いながらも、このように搭乗時に撮ってしまう始末。

シンガポール航空 A380-841 / 9V-SKI

すると、ド満だけあって後から後からスイートの乗客が搭乗して来ます! いつもルーティンとしている【他の乗客が誰もいないキャビンの撮影】失敗。MSNプレート撮ってる場合じゃなかった・・・。

シンガポール航空 A380スイート

初めてのSQスイート。バルクヘッドでの境目から、シートの囲いが随分高い事がお分かり頂けるかと思います。

シンガポール航空 A380スイート

まだ空席だった真ん中のペアシートだけ撮影して・・・、

シンガポール航空 A380スイート

そして大人しく自席に向かいます。

 

シート

憧れのSQスイートダブルベッドは、この後の7時間半のレッド・アイ フライトに回す事になっていまして、この5時間半のフライトでは普段通りの窓側のシートを事前座席指定してあります。

シンガポール航空 A380スイート

そしてこれまた普段通りのキャビン後方で、自席は【4A】。今思うと、後に起こるサプライズ的も、他のスイート客の視線を集めない後方でホントに良かったです。。。

シンガポール航空 A380スイート

旧スイートも言わずものがな個室タイプのシート。居住性は良いけど、撮影は非常に困難。

シンガポール航空 A380スイート

そんなシートの撮影をしていると、早速ISMさんがご挨拶とウェルカムドリンクで来られました・・・。「早い!、早いよ!」と感じながら、ひとまず着席。「ド満だからさっさと仕事をしたいのは分かるけど、何故に俺が最初なの?」というのが正直なところ。何故最初という特別扱いだったのか?、その理由を私が知るまでもう少し時間の経過が必要となります。。。

シンガポール航空 A380スイート ウェルカムドリンク

ボトルを細かい水滴がびっしりと覆っている事から・・・、

シンガポール航空 A380スイート ウェルカムドリンク

キンキンに冷えている事が伺えます。また開封したての一発目だったので、炭酸の泡立ちもすこぶるよろしく感じます。

シンガポール航空 A380スイート ウェルカムドリンク

シート周りの撮影を続けます。先ず腰掛けて感じた事は「なんでこんなに広く感じるのだろう!?」という事! A380のメインデッキで【1-2-1】のコンフィグで正面向きスクエアタイプ。これと同じタイプは、これまでにマレーシア航空アシアナ航空のに乗った事がありましたが、それよりもSQの個室は遥かに広く感じるのです・・・!

シンガポール航空 A380スイート

シートはフルフラット・ベッドにはなりませんが、レッグレストは装備。

シンガポール航空 A380スイート

そのフルフラット・ベッドは、シート後ろの収納取っ手を引いて展開するのは有名ですね。

シンガポール航空 A380スイート

実際に搭乗し、目の前でベッドメイクしてもらうまでは、これがどうやって展開され、どうやってベッドになるのか?全くもって疑問でした。

シンガポール航空 A380スイート

漸く着座。前述した「なぜこんなに広いのか?」を実感した眼前の壁面。通路が『く』の字のように折り返して角度をつけた事で、より広い横幅を確保できたのでしょうか??

シンガポール航空 A380スイート

モニター脇にある小窓は・・・、

シンガポール航空 A380スイート

ロールスクリーンでの開閉が可能。個室化の際に役割を果たしてくれます。

シンガポール航空 A380スイート

小窓上。

シンガポール航空 A380スイート

小窓下にはシートポケット。

シンガポール航空 A380スイート

視線を正面に戻すとモニター下にオットマン。

シンガポール航空 A380スイート

同行者と向き合って座れるのはもちろん体を丸めればココでも寝れるのではないか?というぐらいの大きさがあります。

シンガポール航空 A380スイート

予め置いてあった枕×2、ブランケットは離陸する時も滑り落ちて来る事はありませんでしたね。。。ANAの場合は一気に雪崩ですから。。。

シンガポール航空 A380スイート

視線を少し左に。

シンガポール航空 A380スイート

取っ手を引き、スライドして引き出し・・・、

シンガポール航空 A380スイート

いっぱいまで行ったところで・・・、

シンガポール航空 A380スイート

右に重ねっている天板を剥き出しのアームにのせ、テーブルがセットできます。文句無しの大きさで、フルコースの機内食重量に負けなさそうな重厚感

シンガポール航空 A380スイート

占有する窓は2つ。

シンガポール航空 A380スイート

シートの窓側。

シンガポール航空 A380スイート

木目調カウンターのフラットな部分の境界と、後ろの壁:フラットベッドが収納されている部分のフタの境界が、ぴったり一直線になっているのが分かりますでしょうか? フルフラット・ベッドになる時、このカウンターが一気に沈み込んで、その上にベッドが乗っかる仕組みになります。動画でなければ実に説明しにくいのですが、極めて秀逸な仕組みです!

シンガポール航空 A380スイート

カウンターの縁が切れている部分の先は収納と諸端子。手元に近いのは好みです。

シンガポール航空 A380スイート

フラットなカウンター下にも収納。収納が大いに越した事はありません。

シンガポール航空 A380スイート

続きまして、通路側の座席脇。

シンガポール航空 A380スイート

こちらもロールスクリーンを・・・、

シンガポール航空 A380スイート

開閉する事でプライバシーが保たれるようになっています。メッシュのスクリーン部分は、FAさん方が中をチェックする為の機能かと思われます。

シンガポール航空 A380スイート

その下にボタン類とIFEリモコン。写し忘れていますが、シートのコントロールは、通路側のアームレストの内側にあるボタンで行います。

シンガポール航空 A380スイート

シンガポール航空 A380スイート

シンガポール航空 A380スイート

ボケていますが、ゴミ入れです。

シンガポール航空 A380スイート

最後にヘッドフォンを写していたりしたら・・・、

シンガポール航空 A380スイート

FAさん方の往来が少なくなった事でプッシュバックの気配を感じ、席に固定される時間になったのだと悟るのでした。

シンガポール航空 A380スイート

 

機内食メニュー・ワインリスト

離陸のシートベルトサイン点灯時、相変わらず英語が堪能でない私は、この手持無沙汰な時間を利用して機内食メニューとワインリストを精神集中して読み込んでいきます。時にはスマホのオフライン辞書も活用しつつ・・・。

シンガポール航空 A380スイート 機内食メニュー&ワインリスト

ちなみにこの便では”Book the Cook”の対象外でした。。。

シンガポール航空ウェブサイトより

メニューブックとワインリストを兼ねていますので、かなり分厚いです。

シンガポール航空 A380スイート 機内食メニュー&ワインリスト

北京・上海路線用の特別中華メニュー的な事を言っていると思います。

シンガポール航空 A380スイート 機内食メニュー&ワインリスト

何かで賞を取った朱俊シェフのメニューです、的な。

シンガポール航空 A380スイート 機内食メニュー&ワインリスト

DINNER①

シンガポール航空 A380スイート 機内食メニュー&ワインリスト

DINNER②

シンガポール航空 A380スイート 機内食メニュー&ワインリスト

ワインを監修したコノサーは、的な。

シンガポール航空 A380スイート 機内食メニュー&ワインリスト

ワインリストではドンペリよりクリュッグ推しのようです。

シンガポール航空 A380スイート 機内食メニュー&ワインリスト

シャンパン

シンガポール航空 A380スイート 機内食メニュー&ワインリスト

白ワイン①

シンガポール航空 A380スイート 機内食メニュー&ワインリスト

白ワイン②・赤ワイン①

シンガポール航空 A380スイート 機内食メニュー&ワインリスト

赤ワイン②・ポートワイン

シンガポール航空 A380スイート 機内食メニュー&ワインリスト

カクテル類

シンガポール航空 A380スイート 機内食メニュー&ワインリスト

スピリッツ・ビール

シンガポール航空 A380スイート 機内食メニュー&ワインリスト

ノンアルカクテル

シンガポール航空 A380スイート 機内食メニュー&ワインリスト

ソフトドリンク

シンガポール航空 A380スイート 機内食メニュー&ワインリスト

コーヒーセレクション①

シンガポール航空 A380スイート 機内食メニュー&ワインリスト

コーヒーセレクション②

シンガポール航空 A380スイート 機内食メニュー&ワインリスト

ティーセレクション

シンガポール航空 A380スイート 機内食メニュー&ワインリスト

中国茶

シンガポール航空 A380スイート 機内食メニュー&ワインリスト

世界のお茶、的な。

シンガポール航空 A380スイート 機内食メニュー&ワインリスト

食事のメニューもさることながら、アルコールを含めたドリンクの種類が豊富すぎて、目移りするほどです。

シンガポール航空 A380スイート 機内食メニュー&ワインリスト

そしてメニューを解読するのにパワーを使いましたので、一度メニューをそっと閉じる事にします・・・。

 

機内食

シートベルトサインは消灯。いよいよ世界中の航空会社でも最高峰のシンガポール航空機内サービスが始まります・・・!

シンガポール航空 A380スイート

一度閉じたメニュー、再び開いてオーダーに備えます。。。

シンガポール航空 A380スイート

先ずはドリンクサービス。ワインリスト推しのクリュッグから。

シンガポール航空 A380スイート ドリンクサービス

シンガポール航空 A380スイート ドリンクサービス

シンガポール航空 A380スイート ドリンクサービス

「高級なワインは飲み手を選ぶ」と言われるそうです。今回はビンテージのクリュッグであるにも関わらず、辛いと感じる始末で、最高峰のシャンパンに申し訳ない限りです・・・。今後は高級ワインに選ばれるように精進していきたいです。。。

一方でドンペリ

シンガポール航空 A380スイート ドリンクサービス

クリュッグと比べるとマイルドで飲みやすいと感じます。(※個人の感想です)

シンガポール航空 A380スイート ドリンクサービス

しかしながら、これら高級シャンパンの飲み比べができるところがSQスイート。

シンガポール航空 A380スイート ドリンクサービス

ですので、フットレストを上げ、リラックス&優雅な気持ちで頂きます。

シンガポール航空 A380スイート

リラックスしてドリンクサービスを楽しんでいる中、運ばれて来たのはサテー。これはもう説明は不要ですねよね!? クロスをセットする前なのでウェットティッシュも添えられています。さすがSQ。

シンガポール航空 A380スイート機内食

そしてテーブルクロスをセットして頂き・・・、

シンガポール航空 A380スイート機内食

いよいよ本格的に機内食が始まります。

シンガポール航空 A380スイート機内食

シンガポール・スリングならぬ【SilverKris Sling】

シンガポール航空 A380スイート ドリンクサービス

チェーサーの炭酸水。

シンガポール航空 A380スイート ドリンクサービス

“Assored Bread and Grourmet Breads”から・・・、

シンガポール航空 A380スイート機内食

フォンデュ(?)とガーリックトースト。

シンガポール航空 A380スイート機内食

“Appetiser” Warm Scallop and mushroom Ragout in Puff Pastry.

シンガポール航空 A380スイート機内食

このシチューのパイ包み、絶品!! 外の生地のサクサクパリパリ食感と、出汁のよくしみ出たシチューのなめらかクリーミーさの調和が素晴らしい!

シンガポール航空 A380スイート機内食

“Salad” Salad of Ice Plant, Cherry, Tomatoes and Caramelized Walnuts with Creamy blue cheese dressing.

シンガポール航空 A380スイート機内食

“Soup” Double Boiled Duck with Conpoy and Winter Melon. 前菜・サラダと洋食としていましたが、このスープから一転して中華に。またメインもビーフ・チキン・サーモンと洋食で取り揃えてあるところですが・・・、

シンガポール航空 A380スイート機内食

メインは中華の朱俊シェフによるメニューにしてみました。ここで左通路担当のFAさんから、このメニューを選択するあたり「これだけで洋食の前菜・サラダ・スープ・メインのセットと同じくらいの(量の)メニューです。既に(洋食の)前菜・サラダ・スープを召し上がっていますが、それでも食べるのですか?」と、中華のメインだと量が多くなる事に念押しをされたメニュー・・・。

シンガポール航空 A380スイート機内食

私としてはメニューブックに一押し的に載っていた中華なので、是非頂きたいところ。「大丈夫です。食べます。」と答えると、笑顔で応じてくれましたが、何かひっかかるような感じがあります。そして何故ここまで担当FAさんが『量』に対して言及されたのか?、これもまたその理由を後ほど知るのでした・・・。

“Dessert” Mont Blanc Cake デザートで洋食戻りしましたが・・・、

シンガポール航空 A380スイート機内食

食後のお茶ではまた中華戻りのプーアル茶。大丈夫と言ったものの中華のメインが脂っぽかったので脂肪を分解して欲しいとの願いを込めています。

シンガポール航空 A380スイート ドリンクサービス

SQスイート機内食、思う存分堪能させて頂きました! 食後は恒例の機内散策に出向き、ブログ的にもベッドメイクをお願いしたいところであります。とその前に、「ドアはどういう仕組みなの?」と席を立つ前にいじってみます。

シンガポール航空 A380スイート

開閉してみて分かった事は、窓同様、ロールスクリーンであった事。これまでエミレーツの完全電動ドア、アシアナの重厚な手動ドアを見ているので、少しちゃっちい気もしましたが、悪くはなく感じます。

シンガポール航空 A380スイート

このようにドアで遊んだ後、ベッドメイクをお願いして、歯ブラシ兼、機内散策に赴くのでありました。

 

機内散策

旧スイート搭載機材では、スイートはメインデッキに。という事で見上げる前方階段から、アッパーデッキへと向かいます。

シンガポール航空 A380 前方ストレート階段

アッパーデッキに上がり、階下に目をやると・・・、

シンガポール航空 A380 前方ストレート階段

「TO SUITES」の文字。こういうのはA380で初めてみたかもです。

シンガポール航空 A380 前方ストレート階段

階段脇にはビジネスクラスの乗客向けのチーズ・フルーツなどがワゴンに乗せられていました。専用ラウンジの代わりのように思えます。

シンガポール航空 A380アッパーデッキ

スイートはド満でしたが、ビジネスクラスもかなり埋まっていました。偶然空席があったので1枚だけ撮影。ビジネスクラスでも1-2-1というコンフィグはすごいですよね・・・! こちらのキャビンはFAさん方の動きが慌ただしかったので、更に後方への散策は断念。

シンガポール航空 A380ビジネスクラス

前方階段からメインデッキへ戻って来ました。満席のスイート12席のほとんどが扉を閉じていて、ファーストクラスキャビンは静まり返っています。。。

シンガポール航空 A380スイート

その中、自席に戻る私。ところが何とベッドメイクができていないではないですか!?

 

SQスイートでサプライズ!【機上でバースデー】

返す返す英語が堪能ではない私、「拙い英語だから伝わらなかったのだろう・・・」と席につき、もう一度お願いしようと思っていたところに、ISMさん担当のFAさんを始め、都合4名のクルーの方々が現れ、テーブルをセッティングしてくれた後、このようなものを私の前に差し出してくれたのです・・・!

シンガポール航空 A380スイート機内食

まさかのバースデーケーキ!? いや、確かに私、今日誕生日・・・。ここでウェルカムサービスのシャンパンが一番目だったり、機内食の量を心配されたり、の理由が何となく分かったような気がします・・・。このサプライズ演出には大感激です!!! さすがに歌までという訳にはいきませんでしたが、4名の方にお祝いの言葉を頂けただけでもとても嬉しいです。それにしても、やはり後方の4Aにしておいて良かった。。。

シンガポール航空 A380スイート機内食

しかも「お祝いだから」と後からシャンパンもまた出してもらう羽目に。。。考えてみるとこのスイーツもファーストクラスのメニューには載っていなかったので、もしかすると、わざわざ上のビジネスクラスから調達してくれたのかもしれません。さきほど食べたのと被らないようにとの心遣いが垣間見れます

シンガポール航空 A380スイート機内食

そう、追加されたのはシャンパンだけでなく、チョコレートも。。。機内食で既に限界に近かったのですが、これを残すようでは4名の方々に対して不義理をするようなものですから、全て頂きます!

シンガポール航空 A380スイート機内食

そして何とか完食! すかさずそのタイミングを見計らって、今度こそ担当FAさんがベッドをセットしてくれたのでした。思えば、搭乗一連の流れの中で、私の生年月日を知る事ができるのは、冒頭のチェックインカウンターのあのやる気のないオッサン(←失礼)のみ!

シンガポール航空 スイート用チェックインカウンター@PVG

PAXインフォとかで情報を流してくれたとしか考えられません。そう言えば出国の際、普段は何も言われずにスタンプを押されるのですが、「あれ?、今日、誕生日じゃない?」と男性審査官にもツッコミを受けていました。中国人男性は誕生日に目ざといという事なのだろうか・・・?と不思議に思いながら、ベッドメイクを待つ間、再度歯ブラシに勤しむのでした。。。

 

SQ(旧)スイート ベッドポジション

到着まで2時間を切っていましたが、ブログ的にもベッドはお願いしたいところ・・・! でも本当に(珍しく)機内食で死ぬほど食べ切ったので休みたくもあります。それにしても、ベッドの装備品の数が多い事! マットレス、ブランケットに掛け布団に枕が3つ!

シンガポール航空 A380スイート ベッドポジション

いやそれ以上に・・・、このベッド・・・、凄すぎて・・・、写真が撮りにくい!!!

シンガポール航空 A380スイート ベッドポジション

通路まで下がって、めいいっぱい引いてみて撮影を試みるほどです。

シンガポール航空 A380スイート ベッドポジション

そしてあの座席がどうしたらベッドに変わるのか?詳しくお伝えしたいところですが、やはり動画でないとなかなか厳しく、かろうじてこれで伝わるでしょうか? 前述しましたが、まず窓側のカウンターを押し下げ座席背後の収納を手前に引き出し、それがスライドしてベッドへ、というカラクリです。

シンガポール航空 A380スイート ベッドポジション

座席は前に倒す事で、ペットボトルの水を置いているホルダーやトレイになっています。ベッド脇にこのような物が置けるスペースを設けてあるのはSQスイートやはり秀逸

シンガポール航空 A380スイート ベッドポジション

思いもしないカラクリでこのようなベッドができあがっていくという仕組み、というか機構は、見ていて男であれば童心に返ってワクワクしてしまう事、請け合いです。

 

シンガポール到着

快適なベッドで休んでいましたが、到着前という事で起こされてしまいました。シンガポールまで残り10分の位置。ベッドをシートに戻す時間もありましたら、15分ぐらい前まで寝かせてくれていたのだと思います。ベッドを終うのは私が最後のようでした・・・。

シンガポール航空 A380スイート

程なくして、シンガポールのチャンギ国際空港に到着。ISMさんからは「日本語で大丈夫ですから、搭乗のご感想をお願いします。」と名刺を頂きます。これで感謝のメールを送らないという事は不義理極まりないという事になりますので、帰国後にしっかりと感謝のメールをしておきました。

 

搭乗を終えて・・・

3年来憧れていたシンガポール航空の『スイート』。新『スイート』がメインとなる旅程なのですが、今回の『スイート』はオールドタイプでした。しかしながら世界中のどの航空会社のファーストクラスと比較しても遜色ないプロダクトである事に驚かされました。多くのプロダクトが乱立する今日のファーストクラスであっても、まだまだ通用する!というのが率直な印象で、きっと導入された当初は凄まじく革新的だった事でしょう・・・! 先ず何よりも横幅が広い! そして座席とベッドが別々なので、それぞれがそれぞれの役割に専念できていたように思いました。また個室を形成するのに一役買っているロールスクリーンはシンプル・イズ・ベストに相応しく、とても扱いやすい設備でした。

これらハードだけでも非常に秀逸であるにも関わらず、それに霞んでしまわないキャビンクルーのホスピタリティというソフト面の輝きも実に素晴らしく感じられました。こんな素晴らしい空間の中で、サプライズとして誕生日祝いをしてもらった事にただただ感謝するばかりです・・・。しかし!、感謝するのはこれで終わりませんでした。次に感謝したのはSQスイートでのダブルベッド・・・。次回のエントリーになります。

スポンサードリンク

-SQ:シンガポール航空
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です