『キャセイ・シーラス』で念願のロングホール【77W(77K)ビジネスクラス】CX749:香港(HKG)-ヨハネスブルグ(JNB)

キャセイ・パシフィック 77Wビジネスクラス

2019年11月、エールフランスの『トリックルート』で【A380と77Wのファーストクラスを乗り比べ】し、エティハドの【アパートメント】で帰国する旅。

 

ボーディング

福岡から出国し香港に到着、ここからヨハネスブルグまではキャセイのビジネスクラスとなります。AS42,500マイルで済むので高コスパ発券だと思います。

CX749便

機材は77Wも旧塗装ですね・・・。Ship No.はB-HNR。コンフィグ:77K。

B777-367ER / B-HNR

JLがコードシェアしてるとは知りませんでした。これはRTWに活かせる情報

CX749便

 

シート

『シーラス』ことリバースヘリンボーンのシート。自席は最前列で11K。

キャセイパシフィック 77Wビジネスクラス

以前A359で搭乗しましたが、バンコク線という短距離路線でしたので不完全燃焼で、ロングホールで搭乗する事が念願でした・・・!

キャセイパシフィック 77Wビジネスクラス

収納力も高く足元も広めで秀逸なシート。

キャセイパシフィック 77Wビジネスクラス

唯一残念なのは、モニターが可動式である事です・・・。

キャセイパシフィック 77Wビジネスクラス

 

機内食メニュー・ワインリスト

搭乗直後のサービスではトレイからシャンパンを取りました。

キャセイパシフィック 7ビジネスクラス ウェルカムドリンク

ご丁寧に座席に新聞を置いてくれています。「でも俺、英語堪能でないし・・・」・・・、

キャセイパシフィック ビジネスクラス 機内食メニュー/ワインリスト

と思っていたら、驚く事に機内食メニューでした! キャセイ、斬新!!

キャセイパシフィック ビジネスクラス 機内食メニュー

キャセイパシフィック ビジネスクラス 機内食メニュー

キャセイパシフィック ビジネスクラス 機内食メニュー

キャセイパシフィック ビジネスクラス 機内食メニュー

後半はワインリスト/ドリンクメニュー。

キャセイパシフィック ビジネスクラス ワインリスト

キャセイパシフィック ビジネスクラス ワインリスト

アメニティキット、さすがにロングホールだけあって充実しています。

キャセイパシフィック ビジネスクラス アメニティキット

キャセイパシフィック ビジネスクラス アメニティキット

ヨハネスブルグまでは何と13時間!

キャセイパシフィック 77Wビジネスクラス

 

機内食

上がってからのドリンクサービスもシャンパンです。ビルカール・サルモン。

キャセイパシフィック ビジネスクラス ドリンクサービス

自分的定番の肉はパスして、珍しく魚にしてみました。Black codの中華風オリーブとマンダリンオレンジピールのソース。

キャセイパシフィック ビジネスクラス機内食

さすがキャセイ、中華は外さない!

キャセイパシフィック ビジネスクラス機内食

5時間半ほど就寝してこの辺りで目が覚めてしました。まだまだです。

キャセイパシフィック 77Wビジネスクラス

更に1時間ほど休んでからお願いしたのがキャセイのシグネイチャードリンクの『オリエンタル・ブリーズ』、ノンアルコールでさっぱり、目が覚めます。

キャセイパシフィック ビジネスクラス ドリンクサービス

寝ていただけなのに小腹が空いていたので更にエビワンタンメン。

キャセイパシフィック ビジネスクラス機内食

更に2時間半ほどして、周りが明るくなってきてから朝食となりました。

キャセイパシフィック ビジネスクラス機内食

チャイニーズ・ブレックファストを選択。鶏肉のお粥。

キャセイパシフィック ビジネスクラス機内食

追加でビーフハンバーガー。。。

キャセイパシフィック ビジネスクラス機内食

かなりジューシーで、ポテトまで含め食べ応えがありました。

キャセイパシフィック ビジネスクラス機内食

 

ヨハネスブルグ到着

夜が明けると降下を始め、眼下にアフリカの街並み、緑が広がるように。

南アフリカ・ヨハネスブルグ近郊

そして右手前方に目的地であるO.R.タンボ国際空港が見えてきました。

ヨハネスブルグ/O.R.タンボ国際空港

暫くして大きく右に旋回し、無事に着陸。勝手知ったるヨハネスブルグ/O.R.タンボ国際空港、長蛇の列となっている入国審査の列を右手の階下に見ながら、遠い遠い国際線乗り継ぎカウンターを目指すのでした。

 

搭乗を終えて・・・

さすがキャセイの『シーラス』、同じリバースヘリンボーンであるJALの『SKY SUITE Ⅲ』と異なり、シートの調整が細かくでき足元も広く収納力もありで、多くのキャリアが採用しているリバースヘリンボーンのシートの中では最高峰だと思います。おかげで13時間のロングホールもあっという間で、十分に休息が取れて、ヨハネスブルグに乗り込む事ができました。特典ではどうしてもJALに頼ってしまうところがありますが、今後は英語で難儀をするかもですが、ASマイルで発券して『キャリアのシーラス』に身を委ねたいと思います。

 

-CX:キャセイ・パシフィック航空
-,


  1. 元 マルコポーロ ゴールド より:

    はじめまして
    キャセイビジネスには、旧式からフルフラットまで、いろいろ乗りましたが、
    シーラスは個室にはならないようですね?
    遂に、ウェルカムシャンパンも、セルフになってしまいましたか?
    ANAのザルームに搭乗しましたが、個室でファースト並みの気分でした。
    今後の、ワンワールドとスターアライアンスの違いを楽しみにしています。

    • AWARD FLYER より:

      マルコポーラーの方からコメント頂け光栄です。残念ながらシーラスは個室になりません。この段階ではリバース・ヘリンボーンで個室化できるシートはありませんでしたが、現在ではBAのそれにドアが付いて個室化できるようなので、シーラスの上を行く可能性があるかと思います・・・。DLにしてもNHにしてもドア付きで個室化できるビジネスクラスですから、今後それが主流になっていくかもしれません。アフター・コロナの楽しみにしておきたいと思います。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

エミレーツB777-300ER 新ファースト(新『プライベートスイート』)