ロンドン/ヒースロー国際空港【ブリティッシュ・エアウェイズ『コンコルド・ルーム』】

ブリティッシュ・エアウェイズ『コンコルド・ルーム』@LHR

史上最安値のoneworld世界一周航空券(RTW)をファーストクラス4大陸(AONE4)で発券できました。

RTW攻略の最終段階”Phase 5″でロンドンに来ています。

 

The First Wing

最終の16区間目のフライトの為、ブリティッシュ・エアウェイズ専用のターミナル5に到着。その一番端にファーストクラス専用のチェックインThe First Wing』があります。BAゴールドやワンエメも利用可

ブリティッシュ・エアエイズ ファーストクラス チェックイン@LHR T5

この年の2月に訪れた際には、チェックイン後は向かって左に進むように言われましたが、この間に改修されたようで、今回は向かって右に進むよう案内を受けます。専用のセキュリティがあり、非常にスムーズな動線であると印象。

ブリティッシュ・エアエイズ ファーストクラス チェックイン@LHR T5

セキュリティ後の通路。『The First Wing』の裏にあたるのだな、と感じながら進みます。思いの外、長かったですね・・・。

ブリティッシュ・エアエイズ ファーストクラス チェックイン@LHR T5

 

Galleries First Lounge @LHR T5

進んだ先に到達したのは『Galleries First』ラウンジ。なるほど・・・、『The First Wing』の利用者は圧倒的に『コンコルド・ルーム』より、コチラの『Galleries First』の利用者の方が多いでしょうから、納得の動線です。

BA Galleries Firstラウンジ@LHR T5

朝10時の『Galleries First』はもの凄く混雑していました。入口に近くにかろうじてこの空席を見つけられましたが、ダイニングエリアシーティングエリアも写真を撮るのが憚られるほど利用者で溢れています・・・。

BA Galleries Firstラウンジ@LHR T5

ですので、一目散に『コンコルド・ルーム』を目指したいところですが・・・、

BA Galleries Firstラウンジ@LHR T5

あまり寄り道にならないシャンパン・バーだけをチェック。

BA Galleries Firstラウンジ@LHR T5

BA Galleries Firstラウンジ@LHR T5

BA Galleries Firstラウンジ@LHR T5

そして『コンコルド・ルーム』に向かう為・・・、

BA Galleries Firstラウンジ@LHR T5

『Galleries First』を後にします。

BA Galleries Firstラウンジ@LHR T5

 

『コンコルド・ルーム』

1回目は職員専用みたいな地味なドアから入室しましたが↓

BA Concorde Room@LHR T5

今回はメインエントランス的な方から潜入です。

BA Concorde Room@LHR T5

2回目ですので「勝手知ったる『コンコルド・ルーム』」、まずはダイニングで朝食を。

BA Concorde Room@LHR T5

当然、一人用でセッティングされている席に案内されます。

BA Concorde Room@LHR T5

セットメニューの”Full English Breakfast”

BA Concorde Room@LHR T5

単品メニューの”Smoked Salmon and Scrambled Egg”

BA Concorde Room@LHR T5

量的に物足りないところですが昼の部が控えているので、とりあえず締めます。

BA Concorde Room@LHR T5

 

空腹は満たされましたが、次なるイベントの『プライベート・カバナ』の予約時間まで1時間ほどあります。ですのでバーに寄って・・・、

BA Concorde Room@LHR T5

カウンターのワインを眺めて・・・、

BA Concorde Room@LHR T5

BA Concorde Room@LHR T5

BA Concorde Room@LHR T5

ロゼのシャンパンを頂くことにします。グラン・シエクルの方は機内でも頂けますからね。

BA Concorde Room@LHR T5

比較的空いていたテラスでヒコーキを眺めながら過ごします。

BA Concorde Room@LHR T5

 

Cabana

予約の時間になったので『Cabana』の受付に向かいます。予約はファーストクラス専用のサービスで、予めメールで済ませておりました。予約時間は12:30から15:30。17:00ぐらいまで利用できないか相談したところ、当日キャンセルの可能性もあるので、こちらのデスクで確認するようにとの事でした。実は朝食前に立ち寄っていて、予約時間の前倒しはできないけど、17:00までの延長は可能との回答を得ていました。

BA Concorde Room@LHR T5

と言う事で、4時間半を過ごさせてもらう個室・・・。

BA Concorde Room@LHR T5

入ると右手にソファーベッド、ブランケット付き。

BA Concorde Room@LHR T5

ドア脇にはモニター。

BA Concorde Room@LHR T5

ソファーベッドの反対側にはデスク&チェアー。

BA Concorde Room@LHR T5

その奥左側が水回りとなります。

BA Concorde Room@LHR T5

右側はシャワーブース。

BA Concorde Room@LHR T5

前回の見学で、このメニューで色々オーダーできるのは分かっています・・・!

BA Concorde Room@LHR T5

ですので、お昼寝の景気付けで結局両方のシャンパンを頂く事に。

BA Concorde Room@LHR T5

『グラン・シエクル』と『アンリオのロゼ』

BA Concorde Room@LHR T5

ランチの時間となりダイニングのメニューも変わっていましたので、先ずスープ。

BA Concorde Room@LHR T5

そして”CONFIT BRITISH CHICKEN”

BA Concorde Room@LHR T5

“KASHMILI LAMB CURRY”で締め

BA Concorde Room@LHR T5

この後は昼寝をして、寝起きのシャワーを浴び、ソファーベッドでダラダラしながら、時間いっぱいの17:00まで過ごしておりました。

 

ELEMIS SPA

出発時刻は19時。となると搭乗は18:30頃。どうせターミナル5で最果てのコンコースCだろうから『コンコルド・ルーム』を出るのは18時頃、と出発前に時間を逆算しておりました。というのも今度はコチラ:『ELEMIS SPA』を利用する為です。

BA ELEMIS SPA@LHR T5

こちらもファーストクラス専用のサービスのメールで予約をしていました。前回は当日に突入しても、ファーストクラス搭乗であるにも関わらず空きがありませんでしたので・・・。逆算の結果、予約は17時に。5分前には来いとの事でしたので向かうと、この試供品のカウンターで待つようにと・・・。オッサンには興味のない品揃えです。。。

BA ELEMIS SPA@LHR T5

10分ほど待たされたと思います、ようやくセラピストが登場。

BA ELEMIS SPA@LHR T5

その第一声は「写真はダメ!」でした・・・。「(いや、アンタは撮らないよ。)器具だけだけど?」と答えるもやっぱりダメでした。待たせておいてこの対応にはちょっと不快になりましたよ・・・。という事で、このカーテンの中で”Muscle-Ease Power Back Massage”を受けたのですが、タダとは言え、こういった事が最初にあると心象も悪く、実際にも超下手で・・・。

BA ELEMIS SPA@LHR T5

「DXBのTimeless Spaの方が、よっぽど上手!」と思い『ELEMIS SPA』後に。この後は再びテラスでしばらく時間をつぶしてから、予想通りのコンコースCに向うのでした。

こうして7時間ほど『コンコルド・ルーム』に滞在した訳ですが、思いの外、利用者が多くて混雑気味に感じるものの、ブリティッシュ・エアウェイズが誇るホームの最上級ラウンジだけあって、もの凄く居心地の良いラウンジでした。自分としも満喫し尽くした感があります。それとも言うのも2回目で使い勝手を把握できていて、尚且つ念願の『Cabana』を利用する事ができたところが大きいです。QRの『Al Safwaラウンジ』より古くはありますが、この『Cabana』、設備面ではほぼ同等。しかしながらコチラはこのプライベート空間でルームサービスが提供されているという強みがあると感じました。そう考えると、今まで訪れたラウンジの中では最高のラウンジだったと感じております。(個人の感想です)

さて次回エントリーは、BAのA380ファーストクラスでヨハネスブルグに向かうフライトとなります。漸くRTWの最終16区間目のフライトです。。。

スポンサードリンク

-ラウンジ
-, ,

エミレーツB777-300ER 新ファースト(新『プライベートスイート』)