ワンワールド世界一周航空券の”肝”は『カタール航空』~カタール航空【A359ビジネスクラス】QR147:ドーハ(DOH)-マドリード(MAD)

カタール航空を駆使してRTWを制覇する

2回目となる世界一周航空券(RTW)をビジネスクラス4大陸で発券しました。

 

2020年1月、発券地のオスロに赴き、そのままヨーロッパ地域を攻略していくPhase1

 

オスロからドーハに到着。チケット上、トランジットが55分しかなかったので空港内をダッシュする覚悟はできていましたが、早着したので、アル・ムルジャン ラウンジでトイレに寄る時間もありました。更に言うと、C26という最果てのバスゲートでも余裕。という事で、RTWの2区間目は、このカタール航空でマドリードに向かいます。

QR147便

何故にマドリードかと言いますと、バルセロナのサグラダファミリアに行きたかったからです。またヨーロッパ地域から帰国するにあたり、日本からは最果てで、ロンドンやパリからも遠く、マイル等が稼げるという利点もあります。マドリード-バルセロナの往復は別切りです。こんな短距離をRTWの区間に含めるのはもったいないので。。。

Great Circle Mapparより

そしてRTWの醍醐味として、全16区間で如何に総飛行距離を伸ばすか?という事があります、自分の目的を踏まえつつですが。こんな時に重宝するのが、RTWでは欧州扱いになるドーハを本拠地とするカタール航空! 大きくテイクバックというか、バックステップというか、目的地(マドリードに)から一度離れる事で逆に飛行距離を一気に稼げる訳です。OSL-DOH-MADで6,393マイル。(JAL『TMPの合計を調べる』サイトより、以下同様。)

Great Circle Mapparより

「欧州4区間を制覇していく上でもカタール(航空)の加入は大きかった!」と以前、凄腕RTWerさんから教えて頂いた事があります。確かにカタール航空がワンワールドに加わる前で考察してみますと、ブリティッシュエアウェイズかフィンエアーを使うしかないと思われます。(以前はどうかは不明ですが、ロイヤル・ヨルダン航空はOSLに乗り入れていませんから除外)ブリティッシュエアウェイズによるイギリス経由よりも、フィンエアーによるHEL経由の方が飛行距離は稼げますが、それでも2,307マイル・・・。上記のカタール航空&DOHの組み合わせ:6,393マイルとは雲泥の差です! ましてやイベリア航空による直行便なんて論外でしょう。

Great Circle Mapparより

しかも機材的もカタール航空の方が優れていて、ワイドボディ機のA359をOSL線、MAD線と双方に投入してくれております。ビジネスクラスのシートフルフラット&ダイレクト通路アクセスです。一方でブリティッシュエアウェイズやフィンエアーはA320シリーズのナローボディ機で、ビジネスクラスは欧州内ビジネスクラスという超中途半端なもの。どちらが快適かも一目瞭然です。更にラウンジまでに焦点を充てますと、もはや二社のビジネスクラスラウンジがカタール航空のアル・ムルジャン ラウンジを上回れるはずもなく、カタール航空の完勝と言わざるを得ません・・・!

ブリティッシュエアウェイズ vs カタール航空

このように欧州4区間を制覇していくだけでも『カタール航空がRTWの”肝”!』と言っても過言ではないのですが、大陸間のルートを考察する上でもカタール航空は更に“肝”と言われるだけの役割を果たしてくれます。それはRTW上の全6大陸へのフライトを擁しているという事です。これはワンワールドの盟主であるアメリカン航空でさえ成し得ておらず、盟友のブリティッシュエアウェイズがカンガルールートを駆使する事でかろうじて全6大陸へのフライトを実現しています。一方でカタール航空は全て直行便で全6大陸を制覇。これはRTW16区間をルーティングするの選択肢が大いに広がるという事で非常に魅力的なのです。

カタール航空ウェブサイトより

また実際に発券し実際に飛んでみて、初めて知り得た優位性にも目を見張るものがあります。ですので前回はたったの2区間であったものを、今回はRTW全16区間の内カタール航空は6区間入れ込んであります。(コロナの影響で当初のルーティングに変更が生じております。またいずれエントリーをアップする予定です。)これはJALの8区間(コードシェア含む)に次いで2番目となります。それだけカタール航空<ワンワールド世界一周航空券においては重要な地位を占める>という事になります。(※あくまでも個人の感想です)

とカタール愛が強く出過ぎましたが、搭乗記本編です。たまにはバスでの搭乗も悪くないですね。分かる内にShip No.を捕獲しておきます。

A350-941 / A7-ALB

A350-941 / A7-ALB

動線から外れて写真を撮るマニアです。

A350-941 / A7-ALB

事前座席していたのは、前便同様7列目だったのですが・・・、

カタール航空A359ビジネスクラス

Bコンで最後尾の9列目となりました。自席のはずの【7K】に他の人が座っていて、その人は本来は【9K】だったという事が発覚・・・。

カタール航空A359ビジネスクラス

ヘッドフォンを装着し、ブランケットも使用してと、既に思いっきり店を開いた状態だったので、クルーさんに許可をもらって【9K】へ。

カタール航空A359ビジネスクラス

依然体調が良くないのでウェルカムドリンクはお水です。

カタール航空A359ビジネスクラス

【9K】に落ち着いた訳ですが、これがフライト中裏目に出ます・・・。体調不良でずっと寝ていようと思っていたところ、直ぐ後ろのエコノミークラス最前列にバシネットが装着されていた模様で、フライト中の約6時間、ずっと赤ちゃんが泣いていてよく眠れませんでした・・・。でも赤ちゃん、本当にずっと泣き続けて本人もお母さんもきっと辛かった思います。

カタール航空A359ビジネスクラス

7列目でないので、蓋とかカバーのある収納はこれだけ。それにして相変わらず撮影も下手くそな自分です。これは体調不良は関係なく単純にカメラが下手なだけ。

カタール航空A359ビジネスクラス

タキシング中、何やらターミナルらしきものを見掛けました。もしかしたら中東というお国柄、プライベートジェット専用とかなのかもしれませんね。

ドーハ/ハマド国際空港

体調不良もここに極まれり、というところでしょうか。機内食の画像はこれしかなく、しかも何を血迷ったのかベジタリアンメニューを選択している模様・・・。もはや自分でもよく覚えておりません・・・。

カタール航空 ビジネスクラス機内食

前述の通り体調不良に睡眠不足を抱えた状態で、早朝のマドリード/バラなんちゃらかんちゃら国際空港に到着。別切りしたバルセロナ行き【プエンテ・アエレオ】のフライトに備えるのでした。

 

-QR:カタール航空
-, ,

エミレーツB777-300ER 新ファースト(新『プライベートスイート』)