束の間の『レジデンス』体験!~エティハド航空【A380ファーストクラス『アパートメント』】EY876:アブダビ(AUH)-ソウル/インチョン(ICN)

エティハド航空 A380『ザ・レジデンス』への招待

※この記事に『ザ・レジデンス』の撮影画像は含まれておりません。

2019年11月、エールフランス【A380と77Wのファーストクラス”LA PREMIÈRE”乗り比べ】、エティハド【アパートメントでレジデンスの撮影を目論む】旅。エールフランスはフライング・ブルーエティハドはAAアドバンテージでの特典航空券です。

エールフランスA380と77Wのファーストクラスの乗り比べというミッションは無事に終えました。

そして遂にエティハド『ザ・レジデンス』の撮影を目論むミッションの番がやってきました。『レジデンス』の撮影と言いましても、そこに乗客が居ては到底叶わぬミッションとなります。そこで常日頃”expert flyer”を眺めては、『レジデンス』の乗客が入らないかどうか?気にしておりました。もし【P0】となってしまった際には、1日後、もしくは2日後ぐらいであれば後ろに延ばすつもりでおりました。

expert flyerより

そして搭乗当日を【P2】のままで迎えました。ずっと目論んでいた通り『レジデンス』を撮影する条件は整った事になります・・・!

 

チェックイン

ファーストクラス『アパートメント』の搭乗とは言え、アメリカン航空のFFP:アドバンテージでの発券でしたのでオンラインチェックインは利用できず。

アブダビ国際空港ターミナル1 エティハド航空ファーストクラス・チェックイン

ですのでファーストクラス専用チェックインカウンターに足を運びます。

アブダビ国際空港ターミナル1 エティハド航空ファーストクラス・チェックイン

ファーストクラス専用チェックイン内のロビー、「こんなところ、誰が座るのよ?」と思っていたところ、後から来た2組の乗客の方々は先ずはこちらに腰掛けていました。どうやらそれが一般的なようで、そこにスタッフが近付いていくものらしいです・・・。私のようにカウンター前の椅子に腰掛ける方が稀???

アブダビ国際空港ターミナル1 エティハド航空ファーストクラス・チェックイン

この後は前回のエントリーでアップした『ファーストクラスラウンジ&スパ』に立ち寄りまして、ゲートに向かう事となります。

 

ボーディング

いつもの通り早めに搭乗ゲートに来ております。ルーティン:『他のF客がいないファーストクラスキャビンを撮影する』為に。。。

アブダビ国際空港ターミナル1

厳密な行列整理のおかげで真っ先にPBBに飛び込む事ができました。

アブダビ国際空港ターミナル1

搭乗が待ち遠しいのと、ファーストクラスのレーンで私の後ろにもう一人いらっしゃったのとで、PBBを進むのがかなり早足になっています。

アブダビ国際空港ターミナル1

そして遂に対面できたエティハドA380ファーストクラスアパートメント』! 『他のF客がいないファーストクラスキャビンを撮影する』といってもこの場合、この画像だけ撮れればもう充分です

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

自席は搭乗記の評判通り、4列目を指定してあります。Aなのは例によって太陽位置の関係。

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

A380のアッパーデッキの半分の幅を占有する訳ですから、奥行きから言っても、1-1というアブレストから言ってもとても贅沢なコンフィグです・・・。

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

そして漸くシートとの感動の対面。『アパートメント』は初搭乗です。エティハド航空がインチョン線にA380投入を決めた事を心からヒコーキの神様に感謝しております。。。

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

着席を見計らったように搭乗時のサービスが開始されます。

エティハド航空 A380ファーストクラス ウェルカムサービス

ボトルの様子からよーく冷えている事が分かります。

エティハド航空 A380ファーストクラス ウェルカムサービス

これらトレイは予め席に置かれていて、シャンパンだけを注ぎに来るスタイル。この旅で立て続けに搭乗したエールフランスのファーストクラスもそのような設えでした。

エティハド航空 A380ファーストクラス ウェルカムサービス

搭乗の興奮を冷え冷えのシャンパンでひとまずカームダウン。

エティハド航空 A380ファーストクラス ウェルカムサービス

マニア故にこういったものが目につくと、本当にワクワクしてしまいます。。。

エティハド航空 A380ファーストクラス ウェルカムサービス

好みが分かれるデーツですが、嫌いではないです。

エティハド航空 A380ファーストクラス ウェルカムサービス

インチョンまでの飛行時間は約8時間。この『部屋』で過ごせる事の幸せ、この上なしです!

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

撮影をしていると、シャンパンをサービスしてくれた方とは別のクルーの方が挨拶に見えられました。真っ白でビシっとしたジャケットの男性です。その瞬間「切り出すのはこの人をおいて他にない!」と感じました。私を合わせて4名の乗客はみな搭乗を済ませ、3列目と4列目の席にそれぞれ着座されています。目指す『レジデンス』とは一定の距離があります・・・!

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

「あの~、今日はレジデンスの乗客はいないみたいなのですが・・・?」と尋ねる私。するとその男性は「その通りです」と。【P2】と分かっていた事とは言え、正に狙い通りで心の中で”グッ”と拳を握ります。そして遂に切り出します・・・!「あのっ、レジデンス、撮影だけ、撮影だけできませんか!?」と・・・。(撮影だけならいいだろ~、レジ客誰もいなんだし、今だったら他のF客の気もそらせるタイミングだし・・・)と返事までの刹那は期待を持っていました。しかしながら出てきた答えは「申し訳ございません。」というもの。期待に反する第一声でこれにはショックを受けました・・・。

男性クルーさんが言うには「レジデンスはマーケティング戦略上、レジデンスの乗客以外の写真・動画を許可していない」というもの。なるほどの回答です・・・。なるほどではありますが、私としてはショックに追い打ちを掛けられた格好です。「あい・しぃー」と答えるのが精いっぱいで、【アパートメントでレジデンスの撮影を目論む】というものは残念ながらミッション達成ならずで終わってしまったのでした・・・。

 

コックピットへの招待

そんな意気消沈する私を不憫に思ったのか、後にサンティアゴさんというお名前を知る事になる男性クルーさんは、しばらくしてから部屋に戻って来て「レジデンスはダメだけど、カメラを持ってついて来て!」と。もちろん「???」と思う訳ではありますが、とりあえずついて行くことにします。すると行先はまさかのコックピット! いえ、コックピットは今まで何回も招待してもらっていますが、必ず到着後のタイミングでした。出発前のコックピットは初めての事です!

エティハド航空 A380コックピット

サンティアゴさんがパイロットさん方に話を通していてくれていたようで、先ずはキャプテンさんが私の名前を呼んで自己紹介をしてくれます。続いてコーパイさんも。そしてパイロットシートの後方にある席に腰掛けるように促してくれます。

エティハド航空 A380コックピット

撮影、アップロード共にOKをもらいましたが、さすがにお二人は出発前で忙しそう・・・。自己紹介後、直ぐに業務を再開されました。するとサンティアゴさんが構ってくれる事になり、「カメラ貸して」「映すよー」とコックピットの扉前から声を掛けて、コックピット内の私を撮影してくれます。

エティハド航空 A380コックピット

しかしながらさすがに長居はできないと感じ、自分からキャプテンさん・コーパイさんにお礼を言い、サンティアゴさんに声を掛けて自席に戻る事に。突然の事でしたが、出発前にコックピットに入れてもらえるとは・・・、これには本当に驚きました。

 

シート

自席、と言いますか自室に戻ると、ヘッドフォンがセットされています。

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

シート周りの撮影を開始します。着座して右手側。

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

右上に読書灯。

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

その左側の局面部分には収納が隠れていました。

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

局面部分を部屋の入り口の方向に伝っていくと・・・、

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

三面鏡! ヒコーキでこれはすごいけど私が使用することはなかったですね。。。

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

その下は収納や、ドリンクホルダー・ストックなど工夫が凝らしてあります。

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

そして三面鏡側のドア内部に専用クローゼット。ハンガーも木製でちゃんとしています

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

開口部で縁が切れたので、席に戻って撮影を続けます。画像中央の仕切り壁から一段オフセットしているのはスクリーンでダブルベッドにしたときに開く部分かと思われます・・・。

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

エティハドのファーストクラスキャビンもご多分に漏れずオーバーヘッドビン無し。

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

ドア内部のホルダーにはヘッドフォンケース。

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

シート前に設置された、ベッドとなるベンチ。あまりにも広々していますので、エコノミークラスからお二人ほど招待して、寛いで頂きたいと感じるほど。

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

取っ手を引くことで立ち上がりがフラットになるので、それからキャリー等を収納できます。

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

座って正面。一番遠いところにシートポケット。

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

シートポケット内の安全のしおり。(明るくなってから撮影)

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

モニター下までベンチが続いています。

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

その下に靴を仕舞うことが可能。

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

そしてベンチには同行者用にシートベルトが備わっています。

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

視線を左手に移します。ライト。

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

更に手前にはアームレスト。(明るくなってから撮影)

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

真ん中で縁が切れていまして・・・、

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

前の方を開けてみるとテーブルが収納されています。

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

この展開方法がなかなか分からなかった・・・。先ずアームレストごと前に押し出し・・・、

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

ロックしたところで持ち上げ・・・、

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

右に倒し・・・、

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

重なっている上部分を更に右に展開、終了。 複雑でした・・・。

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

アメニティ

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

リラクシングウェア

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

ブランケット

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

無料Wi-Fi

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

こちらがサンティアゴさん。後ほど『レジデンス』で名刺を頂き、『レジデンス』に招待してもらった事やそこで話した事、更にはご自身の名刺までブログにアップする事快諾頂きました。でもでもこの時はそのような結末になるとは思っていないので、お顔は移さないというかねての流儀での撮影・・・。

エティハド航空 A380ファーストクラス ウェルカムサービス

デーツ同様、嫌いじゃないですアラビックコーヒー。

エティハド航空 A380ファーストクラス ウェルカムサービス

インチョンまでは約8時間。深夜23時にアブダビ国際空港を発ち、翌日昼の12時前に到着するレッド・アイ=フライトになります。

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

 

機内食メニュー・ワインリスト

離陸までのひと時、機内食メニューを眺めます。すると如何にも中東キャリアの深夜便といった感じで、中東の時間帯でメニューが構成され、到着地の時間帯とかの都合は全く考慮されていないパターンです・・・。

その証拠?に真っ先に朝食がきて、何故かそこにキャビアがある、みたいな。

エティハド航空EY876便 ファーストクラス機内食メニュー

理解できずに眺め続けているとフライングシェフが登場! エティハド・ファーストクラスフライングシェフが機内食を担当するので、他キャリアのファーストクラスとは機内食が一味違うとか!? そのような方に説明を受けるものですから「今日のスペシャルは『テンダーロイン・ステーキ』です。お勧めですよ!」という言葉に期待が持てます・・・! 当然これはオーダーさせてもらうとして、後は「メニューのページを飛び越えてオーダーしても問題ありません。」との事なので、「じゃあ・・・!」とキャビアもお願いする事に。

エティハド航空EY876便 ファーストクラス機内食メニュー

ワインについては「後ほどチーフに丸投げします」と返答。

エティハド航空EY876便 ファーストクラス・ワインリスト

エティハド航空EY876便 ファーストクラス・ワインリスト

離陸です。

 

機内食

シートベルトサインが消灯し、サービスが開始されます。

エティハド航空 A380ファーストクラス ドリンクサービス

引き続き”CHARLES HEIDSIECK BRUT 2006″

エティハド航空 A380ファーストクラス ドリンクサービス

メニューに記載のないアミューズですが、オリーブ・スモークサーモン・ナッツ、というところでしょうね。

エティハド航空 A380ファーストクラス ドリンクサービス

この時の複雑な構造のテーブルはサンティアゴさんにセットしてもらっています。そして機内食/ディナーの開始です。

エティハド航空 A380ファーストクラス機内食

エティハド航空 A380ファーストクラス機内食

エティハド航空 A380ファーストクラス機内食

先ずはディナーに追加した形になるキャビア。

エティハド航空 A380ファーストクラス機内食

“SIGNATURE CAVIAR SERVISE” RUSSIAN OSCIETRA Traditional garnishes

エティハド航空 A380ファーストクラス機内食

エティハド航空 A380ファーストクラス機内食

キャビア終了後、テンダーロイン・ステーキになるという事で、サンティアゴさんに選んでもらった赤ワイン。

エティハド航空 A380ファーストクラス ドリンクサービス

エティハド航空 A380ファーストクラス ドリンクサービス

そして本日の”CHEF’S SPECIAL”!

エティハド航空 A380ファーストクラス機内食

“BEEF TENDERLOIN” Truffle oil, Pommes frites, Chef’s seasonal vegetables 

エティハド航空 A380ファーストクラス機内食

しかしながら全然スペシャルではありませんでした・・・。ブログとかツイートでは絶賛されていたエティハド・ファーストクラスのフライングシェフですが、私の場合には実に残念な結末を迎えました・・・。

エティハド航空 A380ファーストクラス機内食

当たりはずれのないアイスクリームで締めます。

エティハド航空 A380ファーストクラス機内食

 

ベッドポジション

内容には納得いっていませんが、機内食で空腹も満たされたので就寝します。ベッドがシートと別なのは『アパートメント』の真骨頂なのではないでしょうか。

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

モニターも寝ながら眺められるようになっています。これは秀逸!

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

でも寝相が良い方ではないので、念の為にオリジナルポジションに戻しておきます。。。

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

そしてこの『部屋』はこのようにしてドアを閉じる事により個室化されます。

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

もちろんシートはそのままの状態。

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

ベッド専用シートベルト。

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

ベッド用のIFEコントローラーが別なのも、モニターとセットで秀逸です!

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

更に照明の調整も寝ころんだままの手元で可能です。よく考えられていると思います。

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

これまたモニター・IFEコントローラーとセットのヘッドフォン用。

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

現在位置を確認した上で消灯、就寝します。

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

 

エティハド:A380ファーストクラス・シャワー

到着の3時間前に起こしてもらい、シャワーを予約していました。眠れたのは4時間ほど。例によってサンティアゴさんに誘われシャワーへ。右がシャワーブース併設のWCです。左のドアとの間のスペースが、そのままシャワーブースの幅となっています。

エティハド航空 A380ファーストクラス専用WC

その右のWCのドアを開けて先ず驚くその狭さ!左手がシャワーブースのドアです。

エティハド航空 A380ファーストクラス専用WC兼シャワーブース

反対側から写してみても、その狭さがお分かりいただけると思います。エミレーツ:A380ファーストクラスの【天空のシャワー『シャワー・スパ』】とは全然違ってかなりガッカリします。

エティハド航空 A380ファーストクラス専用WC兼シャワーブース

シャワーに関してはエティハドの完敗です・・・。

エティハド航空 A380ファーストクラス専用シャワーブース

天井も低いですね・・・。

エティハド航空 A380ファーストクラス専用シャワーブース

このパンの面積で狭さがいかほどか現していると思います・・・。

エティハド航空 A380ファーストクラス専用シャワーブース

狭い狭い文句を言っても、浴びると決めていた訳ですので浴びます。サンティアゴさんが丁寧に説明してくれるのですが、大丈夫!、エミレーツので使い勝手はよく理解できているつもりです!

エティハド航空 A380ファーストクラス専用シャワーブース

狭い腹いせではないのですが、全部使い切りましたよ・・・。

エティハド航空 A380ファーストクラス専用シャワーブース

今度もし機会があっても、もうシャワーはいいかな・・・・。

 

『レジデンス』への招待

シャワーを終え自室に戻るとサンティアゴさんがやって来ました。「写真はダメだけど、『レジデンス』行ってみる?」と突然の、そして驚愕のオファー!!! 「ホントにっ!?」と驚きながらも席を即立つ私。お隣さんも、そして前列のお二人さんもドアがまだ閉じています。「あ、なるほど」との感。サンティアゴさんの心遣いが伝わります・・・!

そして今までずっと閉ざされていて、ドアの上からちょこっとしか覗き見できなかった『レジデンス』。そのドアを開けてもらい、招き入れてもらいます。

『ザ・レジデンス』リビングルーム~エティハド航空のウェブサイトより

海外の凄腕ブロガーさんの記事で拝見していた光景が、今自分の目の前に・・・! サンティアゴさんは奥の椅子に腰掛けるように促してくれて、『レジデンス』の他のクラスとの違いを説明してくれます。予約後の専用メール、機内食の事前指定、ショーファードライブに専用ラウンジについて。「うんうん、分かる。マニアだから全部知ってる!」とは発しはしませんが、感激する私。

そして入ってきたのとはまた別のドアを開けてくれるサンティアゴさん。このリビングルームとシャワールーム・ベッドルームを隔てるドアです。ドアを入って直ぐ左がエンスイート・シャワールーム。しかしながらこれは前述しました『アパートメント』用のと全く同じWCで、大した感動は起こらず。。。

『ザ・レジデンス』エンスイート・シャワールーム~エティハド航空のウェブサイトより

そして奥のベッドルームへ。ここは思っていたよりずっと奥行きがある事を感じます。そして壁面の大きなミラーの効果でベッドルームは広い錯覚に陥ります。さすがにここまでしてもらっていて「寝てみていいですか?」の本心は言い出せなかったのですが(サンティアゴさんのお心遣いに反するようで・・・)、「ベッドを押してみてもいいですか?」には快諾してもらえました。パリっと張られてシーツに両手をあて、軽く2、3回押し込んでベッドの硬さを確かめてみます・・・。これまた思っていたより硬い!「自分好みのハードな感じです。」と答えると、サンティアゴさんから「またリビングルームにどうぞ」の仕草。

『ザ・レジデンス』ベッドルーム~エティハド航空のウェブサイトより

そこでせめて感謝を示すためにも行儀良くしないと思い、隔てるドアをちゃんと閉めてリビングルームに戻ろうとしましたところ・・・、”Cafe doors”のようにドアがスカスカしてちゃんと閉まりません・・・。サンティアゴさん「これはね、ラッチをちゃんと持ってロックしないと閉まらないのですよ。」と。その仕組みは初見では分かりません・・・。

そして再び奥に腰掛けるように促すと・・・、

サンティアゴさん
アパートメントの違いが分かりますか?
カーペットに模様がある?
サンティアゴさん
よく分かりましたね!
サンティアゴさん
でももう一つありますよ。
見ただけで分かりますか?
サンティアゴさん
カーペットとの共通点なのですよ。
???
サンティアゴさん
色々と触ってみてください。
え?いいんですか!?
サンティアゴさん
はい。そうしないと見つかりません。

という事で『レジデンス』のシートをあちゃこちゃ触れる事に・・・! アームレストを開けてみたりIFEコントローラーを引っ張り出してみたりシートを色々動かしてみたりと。もはやクイズを正解したいとかではなく、シートの性能を確かめているだけに過ぎません。。。そんな邪念が混ざっている訳ですから<もう一つの違い>なんて見るかるハズがありません・・・。するとサンティアゴさん、あの複雑なテーブルを、しかも両席共に展開し始めます。(おぉっと、テーブルはぶっちゃけ出せない自信があったからスルーしてたのよね)という私の心を見透かすように・・・。

そのテーブルを見ると一目瞭然。カーペットと同じ模様がテーブルに描かれているのです・・・!「これが答えですよ」と。(そ、それはいつもクロスが掛かった画像しか見ていないので、分かろうはずもない・・・)と驚く私。でも一方で(この人、クイズにかこつけて色々とシートを堪能させてくれたのではないかな・・・?)とも感じます。そこで今度は私から問いかけます・・・、

今日みたいにレジデンス客がいない時、バトラーはどうなるのですか?
黒いジャケットを白いのに代えて、ファーストに勤務するのですか?
サンティアゴさん
(名刺を差し出して・・・)

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

サンティアゴさん
その通りです。
やっぱりバトラーのライセンス持ってるのですね!?

それもそのはずです。本日のファーストクラスのクルーはサンティアゴさんに、ウェルカムサービスの若い女性クルーさんに、フライングシェフさんの3名。誰がチーフかは一目瞭然ですし、それだけでなく、出発前のコックピットや『レジデンス』までも招待してくれる権限、「そりゃバトラーの有資格者だと思われても仕方ないですよ、サンティアゴさん・・・」的な・・・。

その後は日本語のみの航空ブロガーである事をカミングアウトして、ヒコーキ談議に花が咲きました。そして会話が終わりそうなタイミング・・・、

フライトの事、サンティアゴの名前や名刺をアップして、ブログにしてもいいですか?
サンティアゴさん
もちろんいいですよ。
サンティアゴさん
私もブログを教えてください。
日本語だけなのですが・・・。
私にとって英語は第2言語で、得意じゃないのです・・・。
サンティアゴさん
なるほど、分かります。私にとっても英語は第3言語ですから。

という会話で束の間の『レジデンス』体験を終える事になりました。英語が堪能ではない私にとって皮肉かな?という、ギリギリのところで繰り出したジョークに最早信頼関係すら感じます。(俺だけだったりして・・・)

 

機内散策

自室に戻っても『レジデンス』に招待してもらった事で茫然自失状態でしたが、周りが明るくなっている事に気付き、恒例の機内散策に出るとします。先ずはシャワーが併設されていない方のファーストクラス専用WC。

エティハド航空 A380ファーストクラス専用WC

そのお隣の前方ストレート階段。メインデッキに降りることはせず。

エティハド航空 A380前方階段

こちら『レジデンス』の通路向かいになる【1H】。後ろ向きで通過側という、一番選びたくないシートだと思います。(個人の感想です)

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

『レジデンス』の後ろにあたる2列目L側の【2C】

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

2列目R側の【2H】。この時「【1H】と【2H】のダブルベッド、見てみたい・・・。」とは思ったのですが、さすがにサンティアゴさんにこれ以上は申し訳ないと感じ断念。

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

またこうした撮影の合間に、ひょいと『レジデンス』のドアの上から覗き込み、リビングルームだけは撮影可能である事を察していましたが、それもまたサンティアゴさんとの紳士同盟に反すると感じ、自分を律する事に。(向こうは更々そんな気なかったりして・・・)

そして最後列の5列目L側の【5C】。最後列はダブルベッドにならないのは、シンガポール航空のA380新スイートと同じです。

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

同じく最後列5列目でR側の【5H】

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

ファーストクラスキャビン後方にあるギャレーを抜け、『ザ・ロビー』へ。

エティハド航空 A380ラウンジ『ザ・ロビー』

エティハド航空 A380ラウンジ『ザ・ロビー』

エティハド航空 A380ラウンジ『ザ・ロビー』

エティハド航空 A380ラウンジ『ザ・ロビー』

エティハド航空 A380ラウンジ『ザ・ロビー』

エティハド航空 A380ラウンジ『ザ・ロビー』

エティハド航空 A380ラウンジ『ザ・ロビー』

モニター2台にミニバー、AC電源などありましたが、エミレーツやカタールの機内ラウンジの方が映えるし楽しいとの感。(個人の感想です)しかしながら撮影時に誰もいなかった事には大感謝です。

『ザ・ロビー』を更に後方へ。ビジネスクラス・キャビンとなりますが、思いの外搭乗率が高く、空席があっても隣の人に憚られるのでシートの撮影は断念。A380の巨大なウィングチップだけを両方確認して自室に戻ることとします。

エティハド航空 A380-861/A6-APA

エティハド航空 A380-861/A6-APA

 

ソウル到着

程なくして朝食(←中東時間に合わされるのが中東系キャリアの常・・・)。

エティハド航空 A380ファーストクラス機内食

フルーツはオーダーした覚えはなかったのですが・・・、

エティハド航空 A380ファーストクラス機内食

“SIGNATURE BREAKFAST” コチラは寝る前にフライングシェフにオーダーしていました。 テンダーロイン・ステーキよりはるかに美味いのが悔しいのです・・・。

エティハド航空 A380ファーストクラス機内食

食事を終え寛いでいると、到着間近となっています・・・。

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

やがて機窓から、大小の島々、そして浅瀬が眺められるように。ソウル/インチョン国際空港到着前の特徴的な光景です。

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

そして無事に着陸してしまいました・・・。『レジデンス』の余韻も相まって、本当にこのような素晴らしい搭乗体験をしてしまうと、この部屋を去りがたくもあります。一方でサンティアゴさんはニコニコ笑顔で挨拶に来てくれます。。。コックピットや『レジデンス』のお礼を述べ、最後に「もし『レジデンス』に乗る事ができたなら、バトラーはあなたを指名します!」と最後の挨拶を終えた私に、映画でしか見たことのないような、正に執事のような仕草で頭を下げてくれました・・・!(「君は無理だよ~」的な態度でなくて良かった・・・。)

エティハド航空 A380ファーストクラス『アパートメント』

ファーストクラスの4名では最終降機者となった私、UL1ドアでサンティアゴさんともう一人のクルーさんに見送られ、後ろ髪引かれまくりの想いでトボトボ降機します・・・。スペマで無い事に気付いたのは、この降機の時点です。

エティハド航空 A380-861/A6-APA

既にサンティアゴさんに搭乗中に教えてもらってはいましたが、Ship No.を撮影して、PBBをターミナルビルに向け進むのでした。

エティハド航空 A380-861/A6-APA

 

搭乗を終えて・・・

レジデンス』を撮影できなかったのは残念ですが、それがエティハド航空の決まり事であるのであれば致し方ありません。前述の通り、WCに行く時に『レジデンス』のリビングルームだけはこそっと盗撮ができない事はありません。しかしながらサンティアゴさんの言いつけを守ったからこそ、ヒコーキの神様が『レジデンス』体験をプレゼントしてくれたのだと思っています・・・。

シート、と言いますか部屋に関して。シンガポール航空A380の新スイートと同じアッパーデッキで1-1というアブレストのファーストクラス。確かにシンガポール航空の方が新しくて、広くて、良いかとも思ったのですが、これが中々どうして、エティハド航空の『アパートメント』も悪くはありません。新スイートのように無駄にスペースがあるというか、空間が膨大という訳ではなく、シートやベッドが部屋にぴったり気味ではまっているのが、そう、秘密基地のようで心地良く感じられました。大いにリピートも有りに思えるのですが、もはやAA・アドバンテージの特典で発券する他なく、そのAAのマイルは次は中国南方航空のA380ファーストクラスに振りたいと目論んでいますので、『アパートメント』は大分先になりそうです・・・。

最後になりますが、もし『レジデンス』が空室の際には先ずは撮影だけでもから切り出すことを是非おススメしたいです。もしかすると担当されるクルーさんに依って見解は違ったりするかもしれませんので・・・。

 

-EY:エティハド航空
-, , , ,

エミレーツB777-300ER 新ファースト(新『プライベートスイート』)