最新ジャンボ【ルフトハンザ『B747-8』ファーストクラス】LH716:フランクフルト(FRA)-東京/羽田(HND)

ルフトハンザ【B747-8ファーストクラス】

2019年3月、ルフトハンザB747-8のファーストクラスに搭乗するための旅、いよいよ本命のフライトになります。通常であれば搭乗2週間前にならないとANA特典にはファーストクラスを開放しないルフトハンザではありますが、2018年の4月頃に2週間前でなくとも、もっと先の旅程であってもファーストクラスが予約できるという事態が発生していました。、ですのでこの好機を逃さず、2018年11月にA380ファーストクラスに搭乗、そして今回はルフトハンザが誇る二大フラッグシップのもう片方、B748ファーストクラスに搭乗すべくフランクフルトにやって来ていました。

A380とB747-8同様、ルフトハンザが世界に誇るファーストクラスラウンジならぬファーストクラスターミナルも満喫できました。

 

ボーディング

ラウンジで過ごしているところでラウンジスタッフの方に声を掛けられ、いよいよ搭乗という事で胸が高鳴ります。ラウンジからエレベーターで階下へ。こちら搭乗機までの専用リムジンへ乗車するロビー、兼、出国審査。背を向けている側に出国審査のカウンターがありますが、さすがにカメラを向けられないのは万国共通。

ルフトハンザ ファーストクラスリムジンサービス

スタッフさんがアテンドして下さっているので間違えようもありません。

ルフトハンザ ファーストクラスリムジンサービス

ご夫婦1組とご一緒でしたので、カイエンでのサービスとなりました。

ルフトハンザ ファーストクラスリムジンサービス

1人あぶれている私は喜んで助手席に滑り込みます。私にとっては特等席ですので。。。

ルフトハンザ ファーストクラスリムジンサービス

「もし自分だけだった、あのパナメーラだったか?」と思いながら、駐車してある別のリムジン車に目が行きますが、ともかく至福の時間の始まりです・・・!

ルフトハンザ ファーストクラスリムジンサービス

ファーストクラスターミナルを出て先ず目についたのが『ジャンボ』! これから搭乗するのも最新『ジャンボ』のB747-8、幸先いいです。

ルフトハンザ ファーストクラスリムジンサービス

と思っていたところ、どうやらもう搭乗機に到着したようです・・・! ギザギザのカウルでGEnx=B747-8である事が分かります。

ルフトハンザ ファーストクラスリムジンサービス

どうやら搭乗ゲートがZだったせいで直ぐに到着してしまった模様・・・。それにしても第2エンジンってこんなに地上スレスレなのですね! これでよく離着陸の際に擦らないものだと感心・・・。だからでしょうか?一応テールスキッドみたいなのが付いてますね。

ルフトハンザ ファーストクラスリムジンサービス

やがてリムジン車は停車、エプロンに降り立ちます。こんなサービスでもないと、B747-8のような大型機が駐機するエプロンに立つ機会はないですからね、マニア的には大興奮です。そして第1エンジン、第2エンジンの間から除くシップナンバーを捕獲。

ルフトハンザ ファーストクラスリムジンサービス

一通り撮影を終え、いそいそとドライバーさんの元へ駆けつけます。

ルフトハンザ ファーストクラスリムジンサービス

エレベーター待ちの間に見上げるB747-8。目指す自席は、先端の窓!

ルフトハンザ ファーストクラスリムジンサービス

PBBの支柱内のエレベーター。同乗のご夫婦に続きます。マイルで搭乗している身なので、こういう場合には控えめなポジションに身を置きます。。。

ルフトハンザ ファーストクラスリムジンサービス

上階でエレベーターを降りたところで搭乗ゲートからの動線に合流。

ルフトハンザ ファーストクラスリムジンサービス

ここでドライバーさんとはお別れ。いよいよ搭乗します・・・!

ルフトハンザ ファーストクラスリムジンサービス

L1ドア上のMSNのプレートも目ざとく撮影しておきます。。。

B747-830 / D-ABYH

ドアを入るとファーストクラスのサインがお出迎え。ここを左に行く事ができるのはこの上ない喜びです。そして最高に緊張する瞬間です。

ルフトハンザ B747-8ファーストクラス

そして目の前に広がるファーストクラスキャビン! 正にジャンボの先端という特徴的な光景です!! この光景をできるだけ多く撮影しておきたかったのですが、私を除く他のファーストクラス乗客は着席済みだったので、以降キャビンの撮影は自粛し、最先端に着席する事に・・・。

ルフトハンザ B747-8ファーストクラス

自席は正に最先端:1Aになります!

ルフトハンザ B747-8ファーストクラス

ファーストクラスの個室化が進む中で、A380同様オープンタイプの座席。とは言え『1A』は最先端の座席ですので、個室感が非常に強いです。やっぱりジャンボに乗るならこの席です!

ルフトハンザ B747-8ファーストクラス

右手のワゴンにアメニティキットやリラクシングウェアーが収納されており、それをクルーさんが慌ただしく乗客一人ひとりに配布していましたので、邪魔にならないようにと一先ず着席する事にします。

ルフトハンザ B747-8ファーストクラス

着席してシート周りをチェックしていきます。

 

シート

モニターはさほど大きいものではありません。

ルフトハンザ B747-8ファーストクラス

視線を窓側へ。テーブルのカバーには特に機能を持たせず、サイドテーブルはより手前に設置されており、テーブルカバーの開閉には関与しません実に機能的で良いと思います。と言いますのも、テーブルカバーにサイドテーブルやトレイの機能を持たせますと、テーブルを展開する際にテーブル上の物を一度どかさないといけないからです。

ルフトハンザ ファーストクラス ウェルカムサービス

サイドテーブル下にトレイ。ボールペンやめがね、またスマホなどを置いておくのに良いと思います。これも手が届く位置で実に機能的。

ルフトハンザ ファーストクラス ウェルカムサービス

ここで目の前のクルーさんが一段落ついたようでワゴンが下がっていきました。撮影しやすいタイミングの内に1枚だけ全景を。

ルフトハンザ B747-8ファーストクラス

A380でも秀逸と感じたのがこちらのオットマン! コントローラーで手前に寄って来たりするのですよね!

ルフトハンザ B747-8ファーストクラス

更に内部が収納。実に機能的です!

ルフトハンザ B747-8ファーストクラス

向かってシート左のパーテンションは電動で上下に可動。ベッドの時に上げると、個室感が出るようになっています。

ルフトハンザ B747-8ファーストクラス

窓側の収納にはヘッドフォン。コードで内蔵されているという事は、ファーストクラスでも大陸人とかが持ち帰ったりする、いわゆる乞食がいるのかもですね。

ルフトハンザ B747-8ファーストクラス

その下のシートポケット。

ルフトハンザ B747-8ファーストクラス

安全のしおりの『B747-8』という文字にテンションが更に上がるマニアです。

ルフトハンザ B747-8ファーストクラス

座席脇には身の回りの品用の収納。

ルフトハンザ B747-8ファーストクラス

ルフトハンザ B747-8ファーストクラス

アームレスト左はAC電源等。実に良い位置にあります。

ルフトハンザ B747-8ファーストクラス

左は救命胴衣。

ルフトハンザ B747-8ファーストクラス

そして左アームレストにはIFEのコントローラーがありまして・・・、

ルフトハンザ B747-8ファーストクラス

右がシートのもの。この上から2番目でオットマンを前後に調整します。実に秀逸!

ルフトハンザ B747-8ファーストクラス

慌ただしくシート周りのチェックを終え、一段落つきました。こうして見回してみますと、A380とほぼ共通のシートのように見受けられました。これはLHのファーストクラス常連客にとっては使いやすいと思います。

シート周りチェック後は手持ち無沙汰となってしまい、今度はキョロキョロとファーストクラスキャビンを見回します。

ルフトハンザ B747-8ファーストクラス

このような曲線が含まれる構造には、ついつい目がいきます。敢えて折り上げ天井のようにする必要性も感じられませんが、この無駄さが反って素晴らしいです。。。

ルフトハンザ B747-8ファーストクラス

ブラインドは787のものでもなく、A380でよく見かける電動のもの。2段階仕様です。

ルフトハンザ B747-8ファーストクラス

目の前のクローゼットにはマットレス、ブラケット、枕などの寝具が収納されています。

ルフトハンザ B747-8ファーストクラス

やがてプッシュバックが開始。メニューは日本語のものがありますので、普段のようにこの時間帯に英語と格闘する必要はありません。ですので上がってからに備え、機内Wi-Fiについてチェック。

ルフトハンザ B747-8ファーストクラス

後ほど使ってみましたが、重くて全然ダメでした・・・。残念。

 

機内食1回目

上がってからのドリンクサービスはいつも通りのシャンパン。

ルフトハンザ ファーストクラス ドリンクサービス

艦長席前に設置されたカウンターまでボトルを撮りに行ったところ・・・、

ルフトハンザ ファーストクラス ドリンクサービス

担当のクルーさんが改めて席まで持って来てくれました。感謝。『パイパー・エドシック レア 2002』

ルフトハンザ ファーストクラス ドリンクサービス

程なくして機内食がスタート。夕食扱いです。洋食をお願いする事に。

ルフトハンザ ファーストクラス機内食

オードブル『キャビアと伝統的な付け合わせ』を・・・、

ルフトハンザ ファーストクラス機内食

引き続きシャンパンで。

ルフトハンザ ファーストクラス ドリンクサービス

引き続きオードブルが3皿。

ルフトハンザ ファーストクラス機内食

『仔牛のルーラード、山椒クリームソース』

ルフトハンザ ファーストクラス機内食

『ミックス野菜「ライプツィガー・アラーライ」』

ルフトハンザ ファーストクラス機内食

『海老、グリーンパパイヤ、チリ』

ルフトハンザ ファーストクラス機内食

メインデッシュ『仔牛のエスカロップ、クランベリー』

ルフトハンザ ファーストクラス機内食

赤ワイン『シャトー・ラローズ 2008、サンテミリオン、グラン・クリュ』

ルフトハンザ ファーストクラス機内食

『チョコレートスフレ、バニラクリーム、マカダミアアイスクリーム』

ルフトハンザ ファーストクラス機内食

チーズは得意ではないので、コーヒーで〆となります。

ルフトハンザ ファーストクラス ドリンクサービス

既にスカンジナビア半島を越えておりました。

ルフトハンザ B747-8ファーストクラス

残り飛行時間は7時間14分。速やかに就寝するとします。

ルフトハンザ B747-8ファーストクラス

 

ベッドポジション

座席脇のパーションを上げると個室感が強まります。

ルフトハンザ B747-8ファーストクラス

足元は開いているとは言え、ここは『ジャンボ』の先端:1A、元々が個室感がある特等席ですので、文句のつけようもありません。

ルフトハンザ B747-8ファーストクラス

4時間半ほどではありましたが、よく休むことができました。

 

機内散策

起床しトイレを済ませた際に外が明るくなっている事に気付きました! 一度席に戻るとデジジチを小脇に抱え、楽しみにしていた機内散策に出掛ける事とします。やっぱり大型機材の散策はワクワクするものです。。。

ルフトハンザ B747-8ファーストクラス

ファーストクラス専用のWCは、L1ドア入って右手、ファーストクラスキャビンは左手ですから、キャビン内ではありません。それでも見えているカーテンの効果によって、Bコンのビジネスクラスの乗客の人たちが紛れ込む事は無いように見受けられました。

ルフトハンザ B747-8ファーストクラス専用WC

ルフトハンザ B747-8ファーストクラス専用WC

窓有りの方が好きです。

ルフトハンザ B747-8ファーストクラス専用WC

残念ながら、A380のアッパーデッキ前方ほどの広さはありませんが、そのメインデッキや77Wの方のものと比較すると同じくらいになります。

ルフトハンザ B747-8ファーストクラス専用WC

窓からはマニア的絶景を目にする事ができます・・・!

ルフトハンザB747-8

Bコンを一気に通過、L2ドアの辺りにとってもクールなジャンプシートが!!

ルフトハンザB747-8

ちょうど左手のC用ギャレーにクルーさんがいたので、許可を得て撮影。

ルフトハンザB747-8

シップナンバーが掲示してあると、ついつい目がいってしまいます。。。

ルフトハンザB747-8

そしてその背後にそびえるジャンボの代名詞ともいうべき存在!

ルフトハンザB747-8

まるで後光が差すかのような照明・・・。これまた上がるのにワクワクします。。。ジャンボのアッパーデッキはヒコーキマニアにとって特別な空間ですから、そこに足を踏み込むという高揚感というものでしょう!

ルフトハンザB747-8

この2つの窓の存在意義を疑問に思いながら、遂にアッパーデッキへ。

ルフトハンザB747-8

ぱっと見でとっても長く感じます。-400対比で実際に長いのは知っていましたが、ここまでとは・・・。アッパーデッキに一番最初に搭乗したのは、ANAの多分、-SR・・・。スーパーシートと言われる国内線上級座席が初めてで、アッパーデッキはこんなに長くはなく、座席も4、5列程度だったような気がします・・・。この長さを体感して、40年間での進化というものを強く感じられました。

ルフトハンザB747-8

残念なのは同社の-400、このアッパーデッキに設置されたファーストクラスに搭乗できなかった事。シートとベッドが並んで配置されていたと言いますから、それまたきっと特別な空間であっただろうと思います・・・。マニア的にそんな事まで考えていたらキリがないので、わずか1分ほどの滞在を終え、後にする事に。階段上のジャンプシートでクロスワードをしていたクルーさんに撮影許可のお礼を言って降りていきます。

ルフトハンザB747-8

その後はCコン、Dコンで主翼を撮影しながら・・・、

ルフトハンザB747-8

ルフトハンザB747-8

最後尾のギャレーに到達。

ルフトハンザB747-8

ルフトハンザB747-8

Bコンのビジネスクラスキャビンを後方から撮影して、Aコンへと戻っていきます。

ルフトハンザB747-8

途中、L1ドアのジャンプシートが展開されている事に気付きました。従来のただ直角なだけではなく、アームレストもあるし、シートが壁と一体になっている訳ではなく、クルーさん方も座り心地が良さそうです。

ルフトハンザB747-8

 

機内食2回目

機内散策を終え自席戻るとおしぼりが。きっと長いトイレだと思われているでしょう。。。

ルフトハンザ B747-8ファーストクラス

それから更に40分ほど経ったこの位置で・・・、

ルフトハンザ B747-8ファーストクラス

到着前の機内食となりました。海外発なのに和食を選んでしまったようです・・・。

ルフトハンザ ファーストクラス機内食

『前菜~焼き蒲鉾、出し巻き玉子、明太子、蒟蒻旨煮、鰊旨煮、ひじき炒め煮』

ルフトハンザ ファーストクラス機内食

『香の物~しば漬おろし』『小鉢~青梗菜と揚げのおひたし』

ルフトハンザ ファーストクラス機内食

『台の物~鮭の西京焼き、里芋、南瓜、大根、人参』 この雑な盛り付け。。。

ルフトハンザ ファーストクラス機内食

『御飯』

ルフトハンザ ファーストクラス機内食

『味噌汁』

ルフトハンザ ファーストクラス機内食

『伊藤園の緑茶』

ルフトハンザ ファーストクラス ドリンクサービス

 

羽田到着

食後は特にする事もないので、ファーストクラスキャビン内を少しだけ撮影。

ルフトハンザ B747-8ファーストクラス

相変わらず目を見張るものがある折り上げ天井の曲線群。

ルフトハンザ B747-8ファーストクラス

ファーストクラスキャビンを見渡せる位置で、堂々と鎮座しているとの印象を受けるルフトハンザのコーポレートロゴ。

ルフトハンザ B747-8ファーストクラス

そんな事している間に着席となり、やがて羽田のD滑走が見えて来ました。

ルフトハンザ B747-8ファーストクラス

定刻よりも30分ほどの早着で羽田に到着。後ろ髪ひかれる思いで降機、名残惜しく搭乗機を撮影して入国するのでした。

B747-830 / D-ABYH

 

搭乗を終えて・・・

今思い返しても、搭乗2週間前でなくともANA特典にルフトハンザのファーストクラスが開放されたのはまさに僥倖でありました。そのお陰でルフトハンザの2大フラッグシップ:A380&B748のファーストクラスを制覇できた訳ですし、これまたルフトハンザが世界に誇るファーストクラスラウンジとファーストクラスターミナルの両方をも制覇する事ができました。ただただヒコーキの神様に感謝するばかりです。

そして今回搭乗したB747-8~IC:インターコンチネンタル(旅客型)は、世界中のキャリアでもたった3社しか保有してなく今回2社目のB747-8への搭乗を果たす事ができた訳です。(1社目は中国国際航空) 残るは大韓民国のB747-8となる訳ですが、大韓航空のA380:ファーストクラスも未搭乗になりますので(ビジネスクラスは搭乗済み)、何とか今年10月までに発券して、できるだけ延ばしたところの来年9月、10月あたりで「大韓航空のA380とB748のファースト、一度に制覇できれば・・・!」との野望を抱いております・・・。

 

-LH:ルフトハンザドイツ航空
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

エミレーツB777-300ER 新ファースト(新『プライベートスイート』)